キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

数値予報とは

 数値予報は、物理学の方程式により、風や気温などの時間変化をコンピュータで計算して将来の大気の状態を予測する方法です。気象庁は昭和34年(1959年)にわが国の官公庁として初めて科学計算用の大型コンピュータを導入し、数値予報業務を開始しました。その後、数値予報モデルの進歩とコンピュータの技術革新によって、今日では数値予報は予報業務の根幹となっています。
 数値予報を行う手順としては、まずコンピュータで取り扱いやすいように、規則正しく並んだ格子で大気を細かく覆い、そのひとつひとつの格子点の気圧、気温、風などの値を世界中から送られてくる観測データを使って求めます。これをもとに未来の気象状況の推移をコンピュータで計算します。この計算に用いるプログラムを「数値予報モデル」と呼んでいます。下の図は、全球の大気を格子で区切ったイメージ図です。

数値予報に使われる全球格子の図


 数値予報モデルでは、大気の流れ(風)をはじめ、水蒸気が凝結して雨が降ること、地面が太陽に暖められたり冷やされたりすることなど、さまざまな現象が考慮されています。

数値予報モデルの概念図

 観測データの収集から数値予報の実行、天気予報の作成・発表までの処理は以下のようになっています。数値予報モデルの計算結果は、民間気象会社や報道機関に提供されているほか、外国の気象機関でも利用されています。

数値予報の実施手順

このページのトップへ