キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

数値予報モデルの種類

 気象庁では、予報する目的に応じて幾つかの数値予報モデルを運用しています。
 下表に記載してあるのは、現在、天気・天候の予報に使用している数値予報モデルを示します。目先数時間程度の大雨等の予想には2km格子の局地モデルを、数時間~1日先の大雨や暴風などの災害をもたらす現象の予報には5km格子のメソモデルを、1週間先までの天気予報には約20km格子全球モデルと約40km格子の週間アンサンブル予報モデルを使用しています。また、1か月先までの予報には約55km格子の1か月アンサンブル予報モデルを使用しています。さらに、1か月を越える予報には、大気海洋結合モデルである季節アンサンブル予報モデルを使用しています。

主な数値予報モデルの概要
予報モデルの種類 モデルを用いて発表する予報 予報領域と格子間隔 予報期間 実行回数
局地モデル 航空気象情報、防災気象情報 日本周辺 2km 9時間 毎時
メソモデル 防災気象情報、航空気象情報 日本周辺 5km 39時間 1日8回
全球モデル 分布予報、時系列予報、府県天気予報、台風予報、週間天気予報、航空気象情報 地球全体 20km 3.5日間 1日3回
11日間 1日1回
台風アンサンブル
予報モデル
台風予報 地球全体 40km 5.5日間 1日4回
週間アンサンブル
予報モデル
週間天気予報 地球全体 40km 11日間 1日2回
1か月アンサンブル
予報モデル
異常天候早期警戒情報、1か月予報 地球全体 55km 18日間 週1回
34日間 週1回
季節アンサンブル
予報モデル
3か月予報、暖候期予報、寒候期予報、エルニーニョ監視速報 地球全体
大気 110km
海洋 50~100km
7か月 月1回

 数値予報モデルで予測できる気象現象の規模は格子間隔の大きさに依存しています。格子間隔が20kmの全球モデルでは、高・低気圧や台風、梅雨前線などの水平規模が100km以上の現象を予測することができます。格子間隔が5kmのメソモデルになると、局地的な低気圧や集中豪雨をもたらす組織化された積乱雲など水平規模が数10km以上の現象を予測できるようになります。格子間隔が2kmの局地モデルでは、水平規模が10数km程度の現象までが予測可能となりますが、まだ個々の積乱雲が表現できる程ではありません。

気象庁の数値予報モデルが対象とする気象現象の水平及び時間スケールの図

気象庁の数値予報モデルが対象とする気象現象の水平及び時間スケール

このページのトップへ