キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。



利用者に活用されるまで

航空気象情報の流れ

 航空気象情報は、各空港の航空気象官署で見ることができるほか、航空気象情報提供システムなどを通じて空港内の航空局の管制塔や各航空会社の運航管理者・パイロットなどに提供しています。
 飛行中の航空機に対しては、無線通信を使った東京ボルメット放送や航空局の対空通信により必要な航空気象情報が提供されています。一方、パイロットからは遭遇した乱気流や火山現象などに関する情報が管制官などとの交信を通じて報告され、これらの情報は気象庁から航空関係者へ還元し、安全な運航に役立てられています。
 国内外の航空気象情報は、外国の航空局や気象機関を結ぶ専用通信網により迅速に国際交換されています。

航空気象情報の流れ
航空気象情報の流れ
(図をクリックすると拡大表示します。)

ATIS: 飛行場情報放送業務
FSC: 飛行援助センター
WAFC: 世界空域予報センター
WAFS: 世界空域予報システム

このページのトップへ