キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。



航空気象情報の提供

 空港の気象台などでは、パイロットや運航管理者に対して、出発空港や目的空港、飛行経路上の気象状況について、口頭による気象解説を行っており、これを「ブリーフィング」と呼んでいます。また、空港にいる管制官などに対しては、使用滑走路を決定する際の風の予報など様々な要求に応じて、幅広くブリーフィングを行っています。
 ブリーフィング以外の航空気象情報の提供としては、国際定期便に対する航空予報図の交付や天気図類の展示などがあります。



専用システムを利用するパイロット
気象庁の気象情報を提供するシステムを利用するパイロット
この写真は第三者が著作権を有しています。
利用についてのお問い合わせは、総務部航空気象管理官(電話:03-3212-8341(内線2284))までお願いいたします。

このページのトップへ

>