キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。



雷監視システムによる観測

システムの概要

 雷監視システムは、雷により発生する電波を受信し、その位置、発生時刻等の情報を作成するシステムです。この情報を航空会社などに直ちに提供することにより、空港における地上作業の安全確保や航空機の安全運航に有効に利用されています。気象庁では、この雷監視システムをライデン(LIDEN:LIghtning DEtection Network system)と呼んでいます。

 雷が付近で発生しているときに、ラジオを聴いているとバリバリという雑音が入ることがありますが、これは、雷に伴って電磁波が発生することによるものです。雷には、大きく分けて雲放電(雷雲の中や雲と雲の間で起きる放電)と対地放電(雷雲と大地の間の放電で、落雷ともいう。)の二種類があり、それぞれの雷が発する電磁波は、特徴が異なることが知られています。


システムの構成

 雷監視システムは、雷からの電磁波を受信する検知局(全国30ヵ所の空港に設置)と、検知局からのデータを集めて雷の発生位置などを決定する中央処理局(東京都清瀬市)で構成されています。

検知局と中央処理局の配置図


 「検知局」にて雷から放射された電磁波をアンテナで受信して、この信号から得られる雷の到達時間や波形情報などに、高精度の受信時刻を付加して瞬時に「中央処理局」にその情報を伝送します。中央処理局では、それらの情報を元に雷の種類及び発生位置を自動的に算出(標定)します。


雷監視システムの構成図

雷監視システムの標定結果について(利用上の注意事項)

 雷監視システムの標定結果は高解像度降水ナウキャストにて閲覧できます。

  • ・雷観測位置の緯度経度や発生時刻などの標定には、電磁波の受信結果を用いていることにより、雷放電以外の電磁波を使用することもあり得ます。このことから、誤標定や位置誤差が生じることがあり、また標定がされない場合もあることに留意下さい。
  • ・LIDENで受信する電磁波(LF 帯)は到達距離が長いため、日本列島沿岸から遠く離れた領域にも標定する場合がありますが、一般的に検知局からの距離が遠くなるほど標定精度は低下します。
  • このページのトップへ