eラーニングで楽しく学ぶ
「自らの命は自らが守る」

「大雨のときに
どう逃げる?」

諏訪 清二 先生 監修
兵庫県立大学 特任教授
(大学院減災復興政策研究科)
防災学習アドバイザー・コラボレーター
本eラーニング教材は
「 避難の理解力向上キャンペーン
(内閣府)」

を基に作成しています。
(水害編)警戒レベルに関する映像資料(通常版)(子供版)
(土砂災害編)警戒レベルに関する映像資料(通常版)(子供版)
eラーニング教材
「大雨のときにどう逃げる?」について

「避難」を理解するための
5つのステップ

「避難」に詳しい自分

自宅の災害リスクがわかる!

いつ、どこへ避難するべきか
わかる!

「避難」に詳しい自分

教材01〜05までを順番に受講することで「避難」を理解するための5つのステップを効果的に学ぶことができます。

01

避難を行うためのポイントを理解しよう

【身につく知識】

避難とは[難]を[避]けることであると理解し、「災害リスク」と「とるべき避難行動」を理解することがポイントとなることを学びます。

【関連リンク】
02

あなたの家の災害リスクを知ろう

【身につく知識】

「ハザードマップ」や地形などから得られる情報を理解し、「災害リスク」を確認する基本的な方法を学びます。

【関連リンク】
03

大雨の時の避難先

【身につく知識】

「災害リスク」に応じて「とるべき避難行動」が異なることを理解し、避難先は「指定緊急避難場所」だけではないことを学びます。

【関連リンク】
04

避難にかかる時間を考えよう

【身につく知識】

「立ち退き避難」には、「避難の準備」と「避難先への移動」の時間が必要であることを理解し、あらかじめ準備しておくことの有効性を学びます。

【関連リンク】
05

あなたの避難のタイミングを考えよう

【身につく知識】

「警戒レベル」と「とるべき行動」の関係を理解し、「避難情報(警戒レベル)」で確実に避難、防災気象情報を参考に自主的に早めの避難を学びます。

【関連リンク】
気象庁のeラーニング教材は今後も順次追加予定です。
あなたの命、あなたの大切な人の命を災害から守るため
ここで学んだことを、ぜひ、周囲の方々へ広めてください。

アンケートにご協力ください。

※今後もより良い教材をお届けできるよう、
参考として情報提供頂くものです。
個人を特定するものではありません。

1. 複数人で受講の場合の受講人数を教えてください。※複数人の場合、2.以降は代表者がお答えください。
人数(半角数字で入力してください)
どのようなグループ
2. 居住地
郵便番号(半角数字で入力してください)
住所(自動入力されます。変更は不要です。)
3. 年齢
4. 職業等
仕事をしている方
学校等に通っている方
5. 資格等
6. 受講の経緯
7. 教材に対する感想
教材の内容は、今後の避難行動に役に立ちそうですか
教材の長さは適切でしたか
教材の画面は見やすかったですか?
教材の音声は聞き取りやすかったですか?
他の人にも受講を勧めようと思いましたか?
教材に関する感想、改善の提案等、自由にコメントをお書きください。

問合せ先

総務部企画課防災企画室
メールアドレス:jma_wxad@met.kishou.go.jp
電話 : 03-3212-8341(内線2361, 2362, 2363)
FAX : 03-3211-2032