気象庁ワークショップ「経験したことのない大雨 その時どうする?」

 自然災害には様々なものがあります。中でも大雨による災害は、地形や住環境、家族構成などの状況により、あなたの命、あなたの大切な人の命を守る行動は異なります。このため、日頃から、住居や普段良く立ち寄る場所にどのような危険が潜んでいるか、避難する場所、避難ルートなどを確認しておくことが大切です。

 大雨による災害が予想される時には、市区町村から発令される「避難情報」で確実に避難することが重要になってきます。しかし、外の状況は刻々と変わってゆきますので、市町村から「避難情報」が発令されていなくても、地元気象台等が発表する防災気象情報などを参考に、自らの判断で、早めに命を守る行動をとることも重要になってきます。

 本ワークショップは、災害対策基本法改正(令和3年5月公布・施行)に対応した内閣府の「避難情報に関するガイドライン」を基本とし、地元気象台等から発表される防災気象情報に基づく避難行動(警戒レベル)を疑似体験するものです。

 学校における防災教育や地域での安全知識の普及啓発、防災意識の向上のために、是非お役立て下さい。

※教材の制作にあたり、帝京大学 森 玲奈先生にご協力いただきました。

気象庁ワークショップ「経験したことのない大雨 その時どうする?」

《マイタイムラインや地区防災計画の事前学習資料にも最適です》 ワークショップ(グループワーク)は無理せずやりやすい方法で!

ワークショップ(グループワーク)を実施するための資料




アンケート

このページのトップへ

問合せ先

総務部企画課 地域防災企画室
メールアドレス:jma_wxad@met.kishou.go.jp
電話 : 03-6758-3900(内線2210~2214)