キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。



雷可能性領域の解析

雷監視システムによる雷放電の検知や気象レーダーによる落雷間近の雷雲の検出のみでは、時間的な余裕をもって落雷に対応できない場合があります。このため、レーダー観測による雨雲の特徴などから、今後雷雲に発達し1時間以内に発雷する可能性のある領域を、活動度1として解析します。

具体的には、レーダー観測などから、電荷の蓄積に関係する-10度の高度、雨雲の強度や頂高度、対流性の雲かどうかといった情報から雷雲に発達する可能性を解析しています。

実際に落雷がある場合、その90%以上は30分前の段階で活動度1(またはそれ以上)として予測される見込みです。


雷可能性領域の解析

このページのトップへ