キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。



雷ナウキャストの見方

雷ナウキャストで示す活動度に対応して、被害を防ぐために利用者が取るべき行動を下表にまとめました。

雷の激しさを表すために活動度1~4に分けていますが、活動度2以上では落雷の危険が迫っている状況ですので、活動度2~4では直ちに身の安全確保の行動をとる必要があります。
特に、活動度2は雷が発生していてもまだ活発に感じない状況か、落雷が発生する直前という段階なので気を許しがちとなりますが、この段階で行動をとることが被害を軽減させるのに大切です。

なお、安全確保に時間を要する場合は、活動度1の段階から行動することが被害の防止につながります。

活動度と行動の対応


最新の「雷ナウキャスト」はこちらです。

このページのトップへ