キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。



竜巻発生確度ナウキャストとは

竜巻などの突風は、規模が小さく、レーダーなどの観測機器で直接実体を捉えることができません。そこで、竜巻発生確度ナウキャストでは、気象ドップラーレーダーなどから「竜巻が今にも発生する(または発生している)可能性の程度」を推定し、これを発生確度という用語で表します。

竜巻発生確度ナウキャストは、竜巻の発生確度を10km格子単位で解析し、その1時間後(10~60分先)までの予測を行うもので、10分ごとに更新して提供します。竜巻発生確度ナウキャストは、分布図形式の情報として防災機関等に提供するほか、気象庁ホームページでも提供します。また、民間事業者による携帯コンテンツサービスも準備されており、屋外活動での利用も可能になります。

竜巻発生確度ナウキャストの解説図


発生確度2となった地域で竜巻などの激しい突風が発生する可能性(予測の適中率)は5~10%です。発生確度2は竜巻注意情報の発表に繋がることから、できるだけ絞り込んだ予測としていますので、 発生確度1に比べて予測の適中率が高い反面、見逃し(予測できない突風事例)が多くなります。発生確度2の捕捉率が20~30%というのは、実際に発生する突風事例のうち、20~30%の事例を予測できるということであり、言い換えると見逃す事例が70~80%あるということです。

発生確度1は、発生確度2で見逃す事例を補うように設定しており、広がりや出現する回数が多くなります。このため、発生確度1以上の地域では、見逃しが少ない反面、予測の適中率は1~5%と低くなります。発生確度1以上の捕捉率は60~70%で、言い換えると見逃す突風事例は30~40%となり、発生確度2よりも少なくなります。

それぞれの特徴を踏まえた竜巻発生確度ナウキャストの利用については、「竜巻発生確度ナウキャストの見方」をご覧下さい。



最新の「竜巻発生確度ナウキャスト」はこちらです。

このページのトップへ