世界気象デーについて

WMOは、昭和25年(1950年)3月23日に世界気象機関条約が発効したことを記念し、 毎年3月23日を「世界気象デー」として、気象業務への国際的な理解促進を目的にキャンペーンを行っています。 詳細は、WMOのウェブサイトをご覧ください。

世界気象デーのテーマ ~ 早めの警戒、早めの行動(2022年)~

早めの警戒、早めの行動(2022年)

今年の世界気象デーは、「早めの警戒、早めの行動」をテーマとし、「防災のための気象・水・気候情報」の重要性にスポットライトを当てています。近年、気候変動は極端な気象現象の頻度と強度の増加をもたらし、自然と人間に広範囲にわたる悪影響を及ぼしていることから、気象・水・気候に関する極端な現象がもたらすリスクを特定し、軽減するための情報の必要性が高まっています。WMOは、各国の気象機関や防災機関等が連携し、こうした情報の提供を通じて人々に早めの行動を促すことができるよう、各国を支援しています。

ソーシャルメディアで話題にされる場合は、ハッシュタグ「#WorldMetDay」をご利用ください。

WMOでは、世界気象デーのテーマを毎年設定しています。近年のテーマについては以下をご覧ください。(画像はWMOウェブサイトより転載)

このページのトップへ