キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。



航空気象サービスへの貢献

 気象庁は火山灰や熱帯低気圧による航空機の運航への影響を防止・軽減するために、火山灰の拡散に関する情報や熱帯低気圧の観測・予測情報などを関係機関に提供しています。 これは、国連の専門機関の一つである国際民間航空機関(ICAO)の下で太平洋北西部とアジアの一部を担当する「航空路火山灰情報センター」及び「熱帯低気圧アドバイザリーセンター」として行っている業務です。

航空路火山灰情報センター(VAAC)

 航空機の火山灰による被害を防止・軽減するため、世界にはICAOから指名を受けた9つの航空路火山灰情報センター(VAAC:Volcanic Ash Advisory Center)があります(下図)。 気象庁は1993年に、東アジア及び北西太平洋地域を担当する東京VAACとしての指名を受け、1997年から同地域についての航空路火山灰情報(VAA)を民間航空会社、航空関係機関、気象監視局などに提供する業務を開始しました。その後、責任領域が拡張され、現在は東アジア・北西太平洋域及び北極圏の一部を担当しています。

VAAC

このページのトップへ