キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。



気象証明・鑑定について

1.はじめに

 気象庁では、全国の気象官署において、気象業務法に基づき気象等に関する証明書・鑑定書の発行を行っています。

「証明」とは事実を観測記録から確認すること。
 例:平成○○年△△月□□日○○時の東京都千代田区大手町における気温は△△度である。

「鑑定」とは各種観測資料をもとに科学的に事実を判断すること。
 例:平成○○年△△月□□日○○時の○○町における天気は××だったと推定する。

「奥書証明」とは依頼書自体に記載された気象現象等の内容について、その事実を観測記録等で確認すること。

証明書・鑑定書には、発行官署の公印が押されますので、公文書としてご利用いただけます。
気象証明・鑑定発行の流れ

2.証明書・鑑定書のサンプル


証明・鑑定に関するお問合せ先

 証明・鑑定を受けようとする場合は → 最寄りの気象台へ

  気象庁総務部総務課広報室
 〒100-8122 東京都千代田区大手町1-3-4(気象庁1階)
   03-3212-8341(代表)



Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

このページのトップへ