キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

本庁観測現業

観測現業室

気象庁本庁ビル内に、さまざまな気象観測システムの運用監視を行っている観測現業室があります。職員(1名は予報現業室に常駐)が昼夜交代で、地域気象観測システム(アメダス)気象レーダー観測、高層気象観測(ラジオゾンデウィンドプロファイラ)の各観測システム、及び航空機の安全運航のため全国の空港に整備されている航空気象観測システム(空港気象ドップラーレーダー、ドップラーライダー、雷検知システム、航空地上実況観測システム)の運用監視や観測データの品質管理などを行っています。

監視対象の観測データや観測機器、通信回線などに異常が見られた場合は、庁内外の関係部署・機関と連携して直ちに復旧のための措置を取るなどにより、ユーザへの確実な観測データの提供を確保できるよう努めています。


アメダス、ウィンドプロファイラ、ラジオゾンデ監視ブース

気象庁本庁観測現業室の様子(左からアメダス、ウィンドプロファイラ、ラジオゾンデの各監視ブース)

気象レーダー監視ブース 航空気象観測ブース

気象庁本庁観測現業室の様子(左:気象レーダー監視ブース、右:航空気象観測ブース)

予報統合現業ブース

予報統合現業ブース(本庁予報現業室内)


様々な観測機器

このページのトップへ