キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

アメダス

アメダスの概要

アメダス(AMeDAS)とは「Automated Meteorological Data Acquisition System」の略で、「地域気象観測システム」といいます。 雨、風、雪などの気象状況を時間的、地域的に細かく監視するために、降水量、風向・風速、気温、日照時間の観測を自動的におこない、気象災害の防止・軽減に重要な役割を果たしています。

アメダスは1974年11月1日から運用を開始し、現在、降水量を観測する観測所は全国に約1,300か所(約17km間隔)あります。このうち、約840か所(約21km間隔)では降水量に加えて、風向・風速、気温、日照時間を観測しているほか、雪の多い地方の約320か所では積雪の深さも観測しています。


(PDF形式)

(CSV形式)

アメダス観測所の写真

ホームページでのデータ表示方法   (最新データ表示 → 地点形式, 表形式
種類 内容 単位
降水量 降ってくる雨や雪の量 0.5mm単位で表します。
雪やあられなどは、溶かして水にしてから観測します。
風向 風の吹いてくる方向 北、北北東、北東、東北東、東、東南東、南東、南南東、南、南南西、南西、西南西、西、西北西、北西、北北西の16方向で表します。観測前10分間の平均値です。
北東の風とは、北東から吹いてくる風を言います。
風速 風の速さ 0.1m/s単位で表します(アメダス地図形式は1m/s単位)。
観測前10分間の平均値です。
気温 空気の温度 0.1℃(摂氏)単位で表します。
日照時間 太陽が照らした時間 0.1時間(6分)刻みで表します。
例えば、11時から12時の1時間にすべて太陽が照っていたら1時間と表します。
積雪の深さ 積っている雪の地面からの高さ 1cm単位で表します。

ホームページでのデータ表示例
種類 地図形式表形式
降水量
風向・風速
気温
日照時間
積雪の深さ


地域気象観測システム(アメダス)観測網

地域気象システム(アメダス)観測網 アメダス4要素観測所の模式図

地域気象観測システム(アメダス)観測網(平成26年4月1日現在)

Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

このページのトップへ