キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。



降水確率予報との比較

下の図で、今日・明日予報における「降水確率60%」と、季節予報における「「低い」となる確率60%、「平年並」となる確率30%、「高い」となる確率10%」という確率を例に説明します。

確率という意味では、季節予報における確率表現も今日・明日予報における降水確率予報も同じです。降水確率予報で確率60%といった場合、そのような予報を100回発表すると約60回で対象時間内に1mm以上の降水があり、約40回で1mm以上の降水がないことを意味しています。季節予報における確率表現でも事情は同じです。「気温が「低い」となる確率60%」という予報を100回発表すると、そのうちの約60回で気温が「低い」となり、約40回で「低い」とならない(「平年並」か「高い」となる)ことを意味しています。

しかし、季節予報と降水確率予報には次のような違いもあります。降水確率予報では1mm以上の雨が「降る」「降らない」の2つの階級であり、「降る」に対する確率のみが発表されます。「降らない」確率は自明ですからあえて表示しないわけです。これに対して、季節予報における確率表現は「低い(少ない)」「平年並」「高い(多い)」の3つの階級に対するものなので、それぞれに対して確率を示す必要があります。

降水確率予報との比較

このページのトップへ