キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。



気象庁ワークショップ「経験したことのない大雨 その時どうする?」


 気象災害には様々なものがあります。中でも大雨による災害は、地形や建物をはじめとする周辺環境、あるいは家族にお年寄りや身体の不自由な方がいるなどの状況により、身を守るために必要な安全行動に違いがあります。
 気象庁は、気象災害を防止・軽減するために警報や気象情報などの防災気象情報を発表し、注意や警戒を呼びかけています。災害から身をまもるためには、これらの防災気象情報を有効に活用することが重要です。

 大雨や強風などによって災害がおこるおそれのあるときは「注意報」を、重大な災害がおこるおそれのあるときは「警報」を、さらに、重大な災害が起こるおそれが著しく大きいときには「特別警報」を発表して注意や警戒を呼びかけています。
 特別警報が発表されていない」ことは、「災害が発生しない」ことでは決してありません。
 各種の防災情報を体系的に理解して入手し、早めの準備、安全行動をとることが大切です。

 気象庁は、これまで気象庁ホームページ、リーフレットやDVD等の普及啓発資料、講演会等において気象に係わる防災・安全知識の普及啓発を図ってきました。
 この度、更に防災意識を高め、実際の行動につなげていただくため、自らの問題として日頃からの備えや適時適切な防災気象情報の入手とその情報を活用した安全行動を事前にシミュレートする能動的な学習方法である気象庁ワークショップ「経験したことのない大雨 その時どうする?」を実施し、運営マニュアルを作成しました。

 平成25年度に東京や大阪など6箇所で実施したワークショップの参加者アンケートの結果からは、ワークショップに参加する前後で安全知識や防災対応力が大きく上昇することが認められています。
 この運営マニュアルは、小学校高学年から一般の方までを対象としたワークショップの準備、実施を効率的に行うことができることを目的に作成しています。学校における防災教育や地域での安全知識の普及啓発、防災意識の向上のために、是非お役立て下さい。
 なお、運営マニュアルを利活用いただき、気象庁ワークショップ「経験したことのない大雨 その時どうする?」を実施いただきましたら、今後のマニュアルの改善のため、是非こちらより、概要・ご意見・ご感想をお聞かせ下さい。

気象庁ワークショップ「経験したことのない大雨 その時どうする?」概要図
レクチャーの様子 グループワークの様子 アンケート例
解説者と参加者が近い距離で、質問を交えながら進めるわかり易い解説 少人数のグループに分かれ、様々な意見をまとめて対応を考えるグループワーク アンケート結果例
問:大雨被害から身を守るための知識を持っていると思いますか?

お問い合わせ先:気象庁総務部情報利用推進課(電話03-3212-8341(内線4230))

このページのトップへ