ホーム
防災情報
各種データ・資料
知識・解説
気象庁について
案内・申請
ホーム > 防災情報 > 火山の状況に関する解説情報

火山の状況に関する解説情報: 焼岳


過去の火山の状況に関する解説情報
火山の状況に関する解説情報一覧
火山名  焼岳  火山の状況に関する解説情報 第8号
令和元年 8月21日09時00分 気象庁地震火山部

**(見出し)**
<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 焼岳では、本日(21日)空振を伴う火山性地震が発生しました。7月27日以降、同様の火山性地震がしばしば発生していますので、活火山であることに留意し、今後も火山活動の推移に注意してください。

**(本 文)**
1.火山活動の状況
 本日(21日)08時11分に、空振を伴う火山性地震が1回発生しました。噴気等の状況は視界不良のため不明でした。地殻変動には特段の変化は認められていません。
 焼岳では、7月27日、28日、8月1日、10日には空振を伴う低周波地震が発生しています。山頂付近の噴気活動や地殻変動に現時点では活発化を示す変化は認められていませんが、今回も含めこれらの活動は、山頂付近の微小な地震活動が継続するなか発生しています。今後も火山活動の推移に注意してください。

2.防災上の警戒事項等
 今後、火山活動が急変する可能性もありますので、登山する際は、火山活動の異変に注意するとともに、山頂付近では突発的に火山ガス等が噴出する可能性がありますので、噴気地帯にはとどまらないでください。また、活火山であることに留意し、ヘルメットを持参するなどの安全対策をしてください。

 火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。 

 <噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>