平成19年度突風等短時間予測情報利活用検討会

開催趣旨

平成18 年9月の宮崎県延岡市、11 月の北海道佐呂間町など、竜巻等の 突風による大きな災害が相次ぎました。

気象庁では、雨と風の動きを3次元で連続的に監視できる気象ドップラ ーレーダーの整備や、数値予報モデルの精緻化を進め、竜巻等の突風や短 時間強雨、雷等(以下、これらを「突風等」と言う。)の、非常に激しい 現象に対する監視・予測技術の向上を図るとともに、これらをもとに、突 風等に警戒を呼びかける「突風等短時間予測情報(仮称)」の発表を平成 22 年度から開始すべく準備を進めているところです。

この「突風等短時間予測情報(仮称)」は、これまでの気象情報とは異 なり、現象の発現時間が短く、空間的にも極めて小規模な突風等、非常に 激しい現象を対象としていることから、現在の科学技術を最大限に活かし ても、すべてを捕らえられるわけではありません。従って、このような情 報を有効に利用して、防災・減災の効果を挙げるためには、情報の内容、 発表形式、伝達・利用方法等について、事前に十分な検討を行う必要があ ります。

これに対処するため、気象庁では、学識経験者、地方公共団体、報道機 関等、関係の機関から参加を求めて『突風等短時間予測情報利活用検討会』 を開催し、ご意見等をいただくこととしました。

検討内容及びスケジュール

検討会は、平成19 年度と平成20 年度に分けて設置します。

○平成19年度は、平成22年度からの予測情報に先駆けて発表を開始(平成20年3月)する新たな府県気象情報(竜巻注意情報)の内容、発表形式等について検討を行います。

○平成20年度は、平成22年度からの予測情報について、提供開始当初から防災効果を踏まえた天気解説や防災端末の構築がなされるよう、利用上の留意点や利用例等について検討を行う予定です。検討結果は、ガイドラインとしてまとめ、年度末に公表する予定です。

第3回

平成20年2月22日 13時30分~ 於:気象庁大会議室 

議事概要

当日配付資料

第2回

平成19年11月29日 10時~ 於:気象庁大会議室 

議事概要

当日配付資料

第1回

平成19年7月12日 10時~ 於:気象庁大会議室 

議事概要

当日配付資料

Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

このページのトップへ