現場見学(予約制)


◇◇◇お知らせ◇◇◇

平素より、当庁の現場見学をご利用いただき、ありがとうございます。
令和4年1月4日より受付を再開しておりましたが、
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、当面の間、現場見学の受付を中止させていただきます。
ご理解のほどよろしくお願いします。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


気象庁では、平日(土曜・日曜・祝祭日・年末年始を除く)の以下の時間帯に、団体の皆様を対象に、オペレーションルームの見学案内を行っています。
当庁の職員が24時間体制で働いているオペレーションルームを、窓越しに見学いただきながら、広報室の職員が業務の説明を行います。
説明は日本語のみとなりますのでご了承ください。

見学時間

見学は、1日2回、以下の時間帯(各回30分程度)に実施しています。(平日の気象科学館開館日のみ)
※感染症対策のため縮小して実施しております

  ①午前 10時50分~11時20分
  ②午後 13時50分~14時20分

※なお、業務の都合でお受けできない場合もあります。

見学場所

以下の二つの部屋を廊下から窓越しにご見学いただきます。

  • 気象防災オペレーションルーム(天気予報を作成する部屋)
  • 地震火山オペレーションルーム(地震や火山を監視する部屋)

見学可能人数

各回とも、2名から6名程度の団体
※少人数の場合は、他の団体と一緒に見学いただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。

申込み方法

予約は2か月前の月初めの午前10時から開始します。
ご希望日の1週間前までに気象庁広報室へ電話にてご予約ください。
電話は平日のみ受け付けております。
(例えば、4月15日の予約を取りたい場合は、2月1日の午前10時以降にお電話ください。)
その際、見学希望日と時間帯、団体名、人数、代表者氏名、連絡先をお伺いします。
※旅行会社等からの間接的な予約は受け付けておりません。
※見学は完全予約制で先着順となっておりますので、日程が決まりましたらお早めにご予約ください。特に4~6月と10~11月は修学旅行シーズンで混み合います。

見学当日の流れ

1階正面入り口から入っていたき、検温の実施をお願いいたします。
  解説員が迎えに上がりますので、1階ロビーにある待合所にてお待ちください。

  1. 気象庁に到着、検温の実施
  2. 見学開始5分前にはお手洗いを済ませて、待合所にて待機
  3. 解説員がお迎えに上がり、点呼
  4. 気象防災オペレーションルームを見学(解説員が案内します)
  5. 地震火山オペレーションルームを見学(解説員が案内します)
  6. 見学終了

見学の様子

予報現業室 地震火山現業室
予報現業室(大手町庁舎・感染症以前の様子) 地震火山現業室(大手町庁舎・感染症以前の様子)

注意事項

  • 台風、地震、火山の噴火などの災害が発生した場合は、見学当日においても予約をキャンセルさせていただく場合があります。
    また、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置等の発令等、社会情勢によっては中止となる場合がありますのでご承知おきください。
    キャンセルさせていただく場合には広報室から連絡します。
  • 見学はおよそ30分間立ち見での見学となります。
  • 見学中、写真は自由に撮影いただいて構いません。ただし、フラッシュ撮影はご遠慮ください。
  • 動画の撮影はご遠慮ください。
  • 時間厳守でお願いします。

感染症対策のための注意事項

  • 来庁時には、マスクをご着用ください
  • 次の方は来庁をお控え願います。
  • ・ 37.5度以上の発熱のある方
    ・ 息苦しさ・強いだるさがある方
    ・ せきやのどの痛みなどの症状がある方
    ・ 過去2週間以内に渡航歴がある方
  • ツアー中は飲食禁止となります。

所在地・アクセス

〒105-8431
東京都港区虎ノ門3-6-9 気象庁
(気象庁へのアクセス)
※お越しの際は、公共交通機関をご利用ください(自家用車・観光バス等での来館はできません)。



本件に関するお問い合わせ先

気象庁総務部総務課広報室
TEL:03-6758-3900(代表)

このページのトップへ