ホーム
防災情報
各種データ・資料
知識・解説
気象庁について
案内・申請
ホーム > 防災情報 > 週間天気予報

週間天気予報: 東京都

その他の情報
各府県の週間天気予報

10月22日17時 東京都の週間天気予報
日付 23
24
25
26
27
28
29
東京地方

晴時々曇
晴れ時々曇り

曇り
曇時々雨
曇り時々雨

曇り

曇り

曇り

曇り
降水確率(%) 10/0/10/20 40 70 40 40 40 40
信頼度
東京 最高(℃) 23
22
(19~23)
18
(15~20)
24
(22~28)
22
(20~25)
22
(18~24)
22
(19~26)
最低(℃) 14
15
(14~17)
15
(14~17)
16
(14~17)
17
(16~19)
16
(14~17)
16
(13~17)
伊豆諸島

曇時々晴
曇り時々晴れ

曇り
曇時々雨
曇り時々雨

曇り

曇り

曇り

曇り
降水確率(%) 20/10/10/20 40 70 40 40 40 40
信頼度
八丈島 最高(℃) 23
23
(21~24)
22
(21~23)
25
(23~26)
25
(24~27)
25
(23~26)
24
(23~26)
最低(℃) 19
19
(18~21)
20
(19~21)
20
(19~21)
21
(19~22)
20
(19~22)
20
(19~21)
小笠原諸島

曇のち時々雨
曇り後時々雨
雨で暴風を伴う
雨で暴風を伴う

曇り
曇時々晴
曇り時々晴れ
晴時々曇
晴れ時々曇り
晴時々曇
晴れ時々曇り
晴時々曇
晴れ時々曇り
降水確率(%) 10/30/50/60 80 40 30 10 10 10
信頼度
父島 最高(℃) 30
28
(26~29)
29
(27~30)
29
(28~30)
30
(28~31)
30
(29~31)
29
(28~31)
最低(℃) 25
25
(22~26)
25
(24~26)
25
(23~26)
24
(23~26)
25
(24~27)
25
(23~26)
平年値 降水量の合計 最高最低気温
最低気温 最高気温
東京 平年並 8 - 37mm 12.2 19.9
八丈島 平年並 34 - 93mm 16.7 22.3
父島 平年並 8 - 32mm 23.3 27.5

関東甲信地方週間天気予報

令和元年10月22日16時35分 気象庁予報部発表 予報期間 10月23日から10月29日まで
 向こう一週間は、明日(23日)は高気圧に覆われて晴れる所が多いですが、その後は低気圧や湿った空気の影響で雲が広がりやすく、期間の中頃は雨の降る日があるでしょう。  なお、台風第21号の影響で、24日は、小笠原諸島では、大荒れや猛烈なしけ、大雨となるおそれがあり、台風の進路等によっては、25日から26日にかけて、関東甲信地方でも大しけとなるおそれがあります。また、25日は、関東甲信地方では、低気圧の発達の程度等によっては大雨となるおそれがあります。  最高気温は、平年並か平年より高いですが、期間の中頃は平年より低い所もあるでしょう。最低気温は、平年よりかなり高い見込みです。  降水量は、平年より多いでしょう。

最低気温・最高気温の欄の括弧内は気温の予測範囲を示しています。
実況の気温がこの範囲に入る確率はおよそ80%です。

信頼度は、3日目以降の降水の有無の予報について「予報が適中しやすい」ことと「予報が変わりにくい」ことを表す情報で、A、B、Cの3段階で表します。

信頼度 内容
確度が高い予報
  • 適中率が明日予報並みに高い

  • 降水の有無の予報が翌日に変わる可能性がほとんどない
  • 確度がやや高い予報
  • 適中率が4日先の予報と同程度

  • 降水の有無の予報が翌日に変わる可能性が低い
  • 確度がやや低い予報
  • 適中率が信頼度Bよりも低い

  • もしくは
  • 降水の有無の予報が翌日に変わる可能性が信頼度Bよりも高い
  • 平年値は次の値を掲載しています。
     予報期間7日間で合計した降水量の平年並の範囲
     予報4日目の最高気温・最低気温の平年値

    各府県ごとの週間天気予報は、毎日11時と17時の2回発表しています。
    期間の1日目と2日目については随時最新の天気予報を表示しています。
    明日の予報までの降水確率は、6時間毎に「00時から06時/06時から12時/12時から18時/18時から24時」の順に表示しています。

    地方週間天気予報
    その府県を含む地方予報区単位で見た向こう1週間の天気や気温などの概要です。
    なお、「平年並」など平年との違いの程度を表す場合は、階級表現を用いています。
    階級表現の詳細は、「表現に関する用語」をご覧ください。