キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

ホーム
防災情報
各種データ・資料
知識・解説
気象庁について
案内・申請
ホーム > 防災情報 > 波浪観測情報

波浪観測情報:経ヶ岬

 
過去1週間の波浪データグラフ    地図データに戻る
過去1週間の有義波高グラフ

気象庁では、レーダー式沿岸波浪計を用いて波浪を観測しています。
レーダー式沿岸波浪計の特性として、風が弱い時には海面からの電波の反射が弱く、波浪を正確に測ることができないことがあり、この場合は欠測扱いとします。
詳しくは沿岸波浪計の観測方法をご覧ください。

過去1か月の波浪データ(1か月以内の任意のデータを1週間単位で表示できます)
データ読み出し期間 
経ヶ岬
波高(m) 周期(s) 波高(m) 周期(s) 波高(m) 周期(s) 波高(m) 周期(s) 波高(m) 周期(s) 波高(m) 周期(s) 波高(m) 周期(s)
1時
2時
3時
4時
5時
6時
7時
8時
9時
10時
11時
12時
13時
14時
15時
16時
17時
18時
19時
20時
21時
22時
23時
24時
気象庁では沿岸波浪計 漂流型海洋気象ブイロボット により波浪観測を行っています。

「波浪観測情報」で示している波の高さは有義波高です。
実際の波には、有義波高よりも高い波が含まれています。
有義波についてをクリックすると解説が表示されます。

観測機器やデータ伝送システムの障害・保守作業に伴い、データが異常な値となったり欠測したりすることがあります。長期にわたる障害や保守作業については
にまとめていますのでご覧ください。

最新の沿岸の波浪状況と予想( 沿岸の波浪沿岸の予想 解説
最新の外洋の波浪状況と予想( 外洋の波浪外洋の予想