キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

ホーム
防災情報
各種データ・資料
知識・解説
気象庁について
案内・申請
ホーム > 防災情報 > 噴火警報・予報

噴火警報・予報: 霧島山(新燃岳)


過去の火山の状況に関する解説情報
火山の状況に関する解説情報一覧
火山名 霧島山(新燃岳) 火山の状況に関する解説情報 第40号
平成29年11月10日16時00分 福岡管区気象台・鹿児島地方気象台

**(見出し)**
<火口周辺警報(噴火警戒レベル3、入山規制)が継続>
 11月6日から11月10日15時までの霧島山(新燃岳)の活動状況を
お知らせします。新燃岳火口から概ね2kmの範囲では警戒してください。

**(本 文)**
1.火山活動の状況
 新燃岳では、火山活動がやや高まった状態が続いています。

 7日に実施した現地調査では、火山ガス(二酸化硫黄)の放出量は、1日
あたり100トン(前回10月31日、1日あたり100トン)でした。
 本日(10日)、実施した現地調査では、新燃岳の西側斜面の割れ目付近
と割れ目下方の噴気や熱異常域の状態に、特段の変化は認められませんでし
た。

 監視カメラによる観測では、白色の噴煙が火口縁上概ね100mで経過し
、最高は500mまで上がりました。
 火山性地震は少ない状態で経過しましたが、時々低周波地震が発生してい
ます。火山性微動は観測されていません。

 11月6日からの火山性地震、火山性微動の回数は以下のとおりです。な
お、回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。
               火山性地震    火山性微動
  11月 6日          1回       0回
      7日          8回       0回
      8日          0回       0回
      9日          2回       0回
     10日15時まで     3回       0回

 えびの岳付近(新燃岳の北西6km付近)では、火山性地震が6日に6回
発生しました。この付近は、2011年の新燃岳の噴火でマグマを供給した
と推定される領域です。

 地殻変動観測では、新燃岳の明瞭な山体膨張を示す傾斜変動は認められま
せんが、GNSS連続観測では、7月頃から10月頃まで霧島山を挟む基線
で伸びの傾向がみられました。このことから、霧島山の深い場所でマグマが
蓄積されていると考えられますので、火山活動に注意が必要です。

2.防災上の警戒事項等
 弾道を描いて飛散する大きな噴石が火口から概ね2kmまで、火砕流が概
ね1kmまで達する可能性があります。そのため、火口から概ね2kmの範
囲では警戒してください。
 風下側では火山灰だけでなく小さな噴石(火山れき)が遠方まで風に流さ
れて降るおそれがあるため注意してください。
 また、爆発的噴火に伴う大きな空振による窓ガラスの破損や降雨時の土石
流にも注意してください。
 地元自治体等が発表する火山ガスの情報にも留意してください。
 

 次の火山の状況に関する解説情報は、13日(月)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。

<火口周辺警報(噴火警戒レベル3、入山規制)が継続>