キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

ホーム
防災情報
各種データ・資料
知識・解説
気象庁について
案内・申請
ホーム > 防災情報 > 噴火警報・予報

噴火警報・予報: 白山


過去の火山の状況に関する解説情報
火山の状況に関する解説情報一覧
火山名 白山 火山の状況に関する解説情報(臨時) 第3号
平成29年11月30日16時00分 気象庁地震火山部

**(見出し)**
<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 白山では、29日に火山性地震が増加しました。今後の火山活動の推移に
注意してください。

**(本 文)**
1.火山活動の状況
 白山では、29日03時頃から火山性地震が大幅に増加しましたが、29
日夜以降は減少しています。29日05時06分の地震の後、震度1以上を
観測する地震は発生していません。
 低周波地震や火山性微動は発生していません。

 監視カメラによる観測では、山頂付近は雲のため不明の期間が多いですが
、噴気は観測されていません。その他山頂付近の状況に変化はみられません
。

 30日15時現在の火山性地震の回数は以下の通りです。

           火山性地震
 26日          2回
 27日         22回
 28日         12回
 29日        370回
 30日(15時まで)   6回

 地震回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。

2.防災上の警戒事項等
 白山では、地震活動が昨日(29日)活発化し、その後は減少しています
が、当面は火山活動の状況に注意が必要です。

 次の火山の状況に関する解説情報は、12月1日(金)16時頃に発表の
予定です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>