ホーム
防災情報
各種データ・資料
知識・解説
気象庁について
案内・申請
ホーム > 防災情報 > 台風情報

台風に関する気象情報(全般台風情報)

情報選択
発達する熱帯低気圧に関する情報 第01の01号
令和2年 8月 1日10時30分 気象庁予報部発表

(見出し)
熱帯低気圧が今後24時間以内に台風に発達し、沖縄地方に接近する見込み
です。

(本文)
 1日9時の観測によると、熱帯低気圧が
フィリピンの東の
北緯19度50分、東経129度05分にあって、
1時間におよそ20キロの速さで北北西へ進んでいます。
中心の気圧は1006ヘクトパスカル、
中心付近の最大風速は15メートル、
最大瞬間風速は23メートルとなっています。
 熱帯低気圧の中心は、12時間後の1日21時には
沖縄の南の
北緯20度40分、東経126度50分を中心とする
半径110キロの円内に達する見込みです。
中心の気圧は1004ヘクトパスカル、
中心付近の最大風速は15メートル、
最大瞬間風速は23メートルが予想されます。
 熱帯低気圧はその後台風となる見込みで、
その中心は、24時間後の2日9時には
石垣島の南南東約290キロの
北緯22度00分、東経125度25分を中心とする
半径150キロの円内に達する見込みです。
中心の気圧は1002ヘクトパスカル、
中心付近の最大風速は18メートル、
最大瞬間風速は25メートルが予想されます。
 なお、熱帯低気圧や台風の中心が予報円に入る確率は70%です。

今後の情報にご注意下さい。
台風が発生した時や、台風が日本に影響を及ぼすおそれがある時、既に影響を及ぼしている時に発表します。
台風の実況と予想(注1)などを示した「位置情報」と防災上の注意事項などを示した「総合情報」があります。「総合情報」は必要に応じて図形式の情報(注2)で示すことがあります。

(注1)日本接近時の防災対応の利用を目的とし3日先までの予想を示します。5日先までの予想は、台風経路図をご覧ください。
(注2)図形式の全般台風情報は全般気象情報のページからご覧いただけます。

台風に関する気象情報(全般台風情報)の一覧へ戻る

台風が熱帯低気圧や温帯低気圧に変わっても、引き続き大雨や強風、高波などの激しい現象が発生するおそれがあります。大雨・洪水警報の危険度分布や各地の気象台の発表する最新の警報や注意報気象情報等に留意してください。