キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

ホーム
防災情報
各種データ・資料
知識・解説
気象庁について
案内・申請
ホーム > 防災情報 > 異常天候早期警戒情報

異常天候早期警戒情報:九州南部・奄美地方

その他の情報
地方
九州南部・奄美地方
気温に関する異常天候早期警戒情報(九州南部・奄美地方)
平成28年9月29日14時30分
鹿児島地方気象台 発表

早期警戒事項なし(気温)
対象地域 九州南部・奄美地方
警戒事項 なし(7日平均地域平年差+1.7℃以上、-1.6℃以下)
確率   30%未満


 今回の検討対象期間(10月4日から10月13日まで)において、九州
南部・奄美地方では、7日間平均気温がかなり高くなるまたはかなり低くな
る確率は30%未満と見込まれ、早期に警戒を要する状況ではありません。
 引き続き、最新の気象情報等をご利用ください。
 なお、九州南部・奄美地方では、昨日までの1週間、気温の高い状態が続
いています。今後1週間程度も気温の高い状態が続く見込みです。
 異常天候早期警戒情報は、原則として毎週月曜日と木曜日に、情報発表日の5日後から14日後までを対象として、7日間平均気温が「かなり高い」もしくは「かなり低い」となる確率が30%以上、または7日間降雪量が「かなり多い」となる確率が30%以上と見込まれる場合に発表されます(降雪量については11月~3月のみ)。前回の情報提供日に要早期警戒の情報を発表した場合には、今回の検討対象期間に早期の警戒事項がない見込みの場合でも、前回発表した検討対象期間・要素の見通し等を記述した情報が発表されます。発表時刻は、14時30分です。
 このページの情報は、発表日の14時30分から地方毎に順次更新されます。情報が発表された地方でも更新されるまでは「なし」の表示となりますので、情報発表の有無の確認は、全国の情報が完全に更新される14時40分頃以降にお願いいたします。

※ 異常天候早期警戒情報に関する解説等についてはこちらをご覧ください。

※ 週間天気予報と季節予報についてはこちらをご覧ください。