ホーム
防災情報
各種データ・資料
知識・解説
気象庁について
案内・申請
ホーム > 防災情報 > 気象情報

地方気象情報:関東甲信地方

その他の情報
地方
府県
令和元年 台風第19号に関する関東甲信地方気象情報 第19号

令和元年10月13日11時30分 気象庁予報部発表

(見出し)
関東甲信地方では、これまでの記録的な大雨により多くの河川で水位が高く
、氾濫や決壊が発生しており、警戒レベル5に相当する状況が続いています
。また、土砂災害の危険度が非常に高い地域があります。引き続き河川の増
水や氾濫に最大級の警戒をし、土砂災害に厳重に警戒してください。

(本文)
[台風の現況と予想]  大型の台風第19号は、13日9時には三陸沖にあって、1時間におよそ60キロの速さで北東へ進んでいます。中心の気圧は975ヘクトパスカル、最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートルで、中心の北西側220キロ以内と南東側190キロ以内では、風速25メートル以上の暴風となっています。  台風は、13日夕方までには、北海道の南東海上で温帯低気圧に変わる見込みです。 [防災事項] <大雨・雷・突風>  関東甲信地方では、これまでの記録的な大雨により多くの河川で水位が高く、氾濫や決壊が発生しており、警戒レベル5に相当する状況が続いています。13日10時現在、指定河川洪水予報の氾濫発生情報が発表されている河川及び流域は、   久慈川、荒川、蛇尾川、田川、永野川、   秋山川、入間川流域、多摩川、千曲川 となっています。  また、土砂災害の危険度が非常に高い地域があります。  引き続き、大きな河川を含む河川の増水や氾濫に最大級の警戒をし、土砂災害に厳重に警戒してください。 <強風・高波>  関東甲信地方では、暴風のおそれはなくなりましたが、14日朝にかけて強風となる所があるでしょう。  伊豆諸島と関東地方の海上は、13日はしけとなる見込みです。    引き続き、うねりを伴った高波や強風に注意すると共に、沿岸部ではこれまでの暴風による塩害に注意してください。 [量的予想] <波の予想>  13日に予想される波の高さは、うねりを伴い   関東地方、伊豆諸島  5メートル <風の予想>  13日に予想される最大風速(最大瞬間風速)   関東地方の海上・陸上、伊豆諸島 13メートル(25メートル) [補足事項]  今後発表する台風情報、警報、注意報、気象情報に留意してください。  次の「令和元年 台風第19号に関する関東甲信地方気象情報」は、13日17時頃に発表する予定です。
警報や注意報に先立って注意を呼びかけたり、警報や注意報の内容を補足するために発表します。
また、少雨や長雨などに関する情報も、気象情報として発表しています。