ホーム
防災情報
各種データ・資料
知識・解説
気象庁について
案内・申請
ホーム > 防災情報 > 気象情報

地方気象情報:関東甲信地方

その他の情報
地方
府県
令和元年 台風第19号に関する関東甲信地方気象情報 第16号

令和元年10月12日22時45分 気象庁予報部発表

(見出し)
関東甲信地方の8都県に大雨特別警報を発表しています。これまでに経験し
たことのないような記録的な大雨で災害がすでに発生しており、警戒レベル
5に相当する状況です。土砂災害、低い土地や地下施設の浸水、大きな河川
を含む河川の増水や氾濫に最大級の警戒をし、暴風やうねりを伴った高波に
厳重に警戒してください。

(本文)
[台風の現況と予想]  大型で強い台風第19号は、12日21時には川崎市付近にあって、1時間におよそ40キロの速さで北北東へ進んでいます。中心の気圧は960ヘクトパスカル、最大風速は40メートル、最大瞬間風速は55メートルで、中心の南東側330キロ以内と北西側260キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっています。  台風は、神奈川県を通過中で、今後、強い勢力を保ったまま関東地方を通過し、13日午前中には三陸沖に達する見込みです。 [防災事項] <大雨・雷・突風>  群馬県、埼玉県、東京都、神奈川県、山梨県、長野県、茨城県、栃木県に大雨特別警報を発表しています。警戒レベル5に相当する状況となっており、これらの地域では、これまでに経験したことのないような記録的な大雨となっています。  土砂災害や浸水、洪水の危険度が極めて高くなっている地域があり、既に土砂災害が発生している所や、千曲川や入間川が氾濫しているなどの災害が発生しており、土砂災害、低い土地や地下施設の浸水、大きな河川を含む河川の増水や氾濫に最大級の警戒をしてください。  関東甲信地方では、降り始めからの総降水量が広い範囲で400ミリを超えており、神奈川県箱根では降り始めからの総降水量が1000ミリを超える、記録的な大雨となっています。  引き続き、関東甲信地方では13日未明にかけて、1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨や局地的に1時間に80ミリ以上の猛烈な雨の降るおそれがあります。  竜巻などの激しい突風や落雷にも注意が必要です。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど安全確保に努めてください。 <暴風・高波・高潮>  関東甲信地方は、非常に強い風や猛烈な風が吹き、記録的な暴風となっている所があります。この状態は、13日明け方にかけて続くでしょう。  伊豆諸島と関東地方の海上は、うねりを伴って猛烈なしけとなっており、伊豆諸島では13日朝にかけて、関東地方の海上は13日昼前にかけてうねりを伴い、猛烈なしけや大しけとなる見込みです。  台風の影響で伊豆諸島では12日夜遅くに、関東地方では13日明け方にかけて、満潮時を中心に潮位が高くなる見込みです。  暴風やうねりを伴った高波に厳重に警戒し、高潮に警戒してください。また、交通障害や停電、塩害などに注意してください。 [雨の実況]  10月9日07時から12日22時までの総降水量(アメダス速報値)は、 神奈川県  箱根  1001.5ミリ 埼玉県 秩父市浦山  687.0ミリ 東京都 檜原村小沢  649.0ミリ [風の実況]  10月10日00時から12日22時までの最大瞬間風速と最大風速 (アメダスによる速報値 単位:メートル)は、 東京都  神津島空港    最大瞬間風速 44.8  南東 12日15時15分      最大風速 30.7 南南東 12日17時13分  江戸川区臨海町    最大瞬間風速 43.8   南 12日21時17分      最大風速 32.6   南 12日21時18分  大田区羽田    最大瞬間風速 42.7   南 12日21時04分      最大風速 34.8 南南東 12日20時59分  大田区羽田では、最大風速が観測史上最大となりました。 [量的予想] <風の予想>  13日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)   関東地方の陸上 40メートル(55メートル)   関東地方の海上 40メートル(55メートル)   伊豆諸島    30メートル(45メートル)   甲信地方    20メートル(35メートル) <波の予想>  13日にかけて予想される波の高さは、うねりを伴い   関東地方  13メートル   伊豆諸島  12メートル <雨の予想>  14日0時までに予想される24時間雨量は、いずれも多い所で   関東地方  80ミリ   甲信地方  60ミリ [補足事項]  今後発表する台風情報、特別警報や警報、注意報、気象情報、竜巻注意情報に留意してください。  次の「令和元年 台風第19号に関する関東甲信地方気象情報」は、13日6時頃に発表する予定です。
警報や注意報に先立って注意を呼びかけたり、警報や注意報の内容を補足するために発表します。
また、少雨や長雨などに関する情報も、気象情報として発表しています。