ホーム
防災情報
各種データ・資料
知識・解説
気象庁について
案内・申請
ホーム > 防災情報 > 気象情報

全般気象情報

その他の情報
地方
府県


東日本日本海側と西日本の日照不足と長雨に関する全般気象情報 第1号

令和元年8月30日11時00分 気象庁発表

(見出し)
 東日本日本海側と西日本では、8月18日頃から曇りや雨の日が多く、日
照時間が少なく、降水量の多い状態が続いています。この状態は、今後10
日間程度は続く見込みです。農作物の管理等に十分注意してください。

(本文)
 東日本日本海側と西日本では8月18日頃から、前線や湿った空気の影響
で曇りや雨の日が多く、日照時間が少なく、降水量の多い状態が続いていま
す。18日以降の日照時間は、平年の30%を下回っている所があり、降水
量は平年比で500%を超えている所があります。
 今後10日間程度は、前線や湿った空気の影響で曇りや雨の日が多く、日
照時間の少ない状態が続く見込みです。
 農作物の管理等に十分注意してください。

 日照時間と降水量(8月18日から8月29日まで)(速報値)
           日照時間(h)  平年比(%)
新潟           54.9      68
大阪           56.4      69
広島           15.9      20
高松           39.2      47
福岡           17.3      23
           降水量(ミリ)  平年比(%)
新潟          140.5     252
大阪           75.0     209
広島          256.5     598
高松           48.0     140
福岡          386.0     546

 今後の気象情報等に留意してください。
警報や注意報に先立って注意を呼びかけたり、警報や注意報の内容を補足するために発表します。
また、少雨や長雨などに関する情報も、気象情報として発表しています。