キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

ホーム
防災情報
各種データ・資料
知識・解説
気象庁について
案内・申請
ホーム > 防災情報 > 気象情報

全般気象情報

その他の情報
地方
府県
大雨と雷及び突風に関する全般気象情報 第6号

平成30年9月9日04時38分 気象庁予報部発表

(見出し)
西日本から東日本では、10日にかけて雷を伴った激しい雨となり、局地的
には非常に激しい雨が降り、大雨となるでしょう。土砂災害に厳重に警戒し
、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。落雷や竜巻など
の激しい突風、降ひょうにも注意してください。

(本文)
[気圧配置など]  前線は、9日は西日本から東北南部にほとんど停滞し、10日になると東 へ進み、10日夜には奄美大島近海から房総半島の南海上を通って日本の東 へのびる見込みです。前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んでいるた め、西日本から東日本では、大気の状態が非常に不安定となっています。 [防災事項]  現在、九州南部で非常に激しい雨が降っています。四国地方では降り始め の6日14時から9日4時までの総雨量が500ミリを超えている所があり ます。  9日は西日本や東海地方、北陸地方で、10日は四国地方や近畿地方、東 日本を中心に雷を伴った激しい雨となり、局地的には非常に激しい雨が降り 、総雨量がさらに増え、大雨となる見込みです。  10日6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で、     四国地方             200ミリ     九州南部             180ミリ     中国地方、近畿地方        150ミリ     北陸地方             130ミリ     東海地方             120ミリ     九州北部地方           100ミリ     甲信地方              60ミリ  です。       その後、11日6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所 で、     東海地方        100から150ミリ      北陸地方、甲信地方    50から100ミリ   です。  土砂災害に厳重に警戒し、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒して ください。  また、西日本から東日本では、落雷や竜巻などの激しい突風、降ひょうに も注意が必要です。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に 移動するなど、安全確保に努めてください。降ひょうのおそれもありますの で、農作物や農業施設の管理にも注意してください。 [補足事項等]  地元気象台の発表する警報や注意報、気象情報等に留意してください。  次の「大雨と雷及び突風に関する全般気象情報」は9日17時頃に発表す る予定です。
警報や注意報に先立って注意を呼びかけたり、警報や注意報の内容を補足するために発表します。
また、少雨や長雨などに関する情報も、気象情報として発表しています。