大雨と雷及び突風に関する新潟県気象情報 第2号

令和2年 7月10日16時35分 新潟地方気象台発表

(見出し)
新潟県では、これまでに降った大雨により地盤の緩んでいる所があるため、少しの雨でも土砂災害の発生するおそれがあります。11日にかけて雨が続くため、土砂災害に注意・警戒してください。また、落雷や竜巻などの激しい突風に注意してください。

(本文)
[要因]
 梅雨前線が、華中から日本海を通って東北地方にのびています。前線上の朝鮮半島付近には低気圧があって、北東に進んでいます。低気圧は、11日にかけて日本海を北東に進む見込みです。前線や低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、新潟県では、11日にかけて大気の状態が非常に不安定となるでしょう。

[雨の予想]
 新潟県では、11日にかけて断続的に雨や雷雨となり、11日午後は、局地的に1時間に30ミリ以上の激しい雨が降る見込みです。
 10日18時から11日18時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で、
  下越 100ミリ
  中越  70ミリ
  上越  60ミリ
  佐渡  80ミリ
 その後、11日18時から12日18時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で、
  下越 50から100ミリ
  中越 50から100ミリ
  上越 50から100ミリ
  佐渡 およそ50ミリ
の見込みです。
 前線の活動が現在の予想よりも活発となった場合には、降水量がさらに多くなるおそれがあります。

[防災事項]
 新潟県では、これまでに降った大雨により地盤の緩んでいる所があります。土砂災害に注意・警戒し、低い土地の浸水、河川の増水、落雷や竜巻などの激しい突風に注意してください。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。

[特記事項]
 今後発表する警報、注意報、竜巻注意情報、気象情報等に留意してください。

[お知らせ]
 令和元年6月18日の地震で揺れの大きかった村上市では、大雨警報・注意報の土壌雨量指数基準を通常より引き下げた暫定基準で運用しています。

[情報の発表予定]
 この情報は「大雨に関する新潟県気象情報」を引き継ぐものです。
 次の「大雨と雷及び突風に関する新潟県気象情報」は、11日6時頃に発表する予定です。
画面先頭へ
府県情報一覧へ戻る
[#]都道府県選択へ戻る
[*]地方選択へ戻る
[0]Topメニューへ