ホーム
防災情報
各種データ・資料
知識・解説
気象庁について
案内・申請
ホーム > 防災情報 > 降灰予報

降灰予報(定時)


一覧に戻る

※上空の風が弱い場合、あるいは高度によって風向きが大きく変化している場合、降灰予報と実際の降灰範囲及び降灰量が異なることがあります。

火山選択
火山名 浅間山 降灰予報(定時)
令和02年07月14日08時00分 気象庁地震火山部発表
14日09時から12時
14日12時から15時
14日15時から18時
14日18時から21時
14日21時から24時
15日00時から03時

**(主文)**
 現在、浅間山は噴火警戒レベル2(火口周辺規制)です。浅間山で噴火が発生した場合には、14日09時から12時までは火口から北東方向、14日21時から24時までは火口から北東方向に降灰が予想されます。

**(詳細)**
 14日9時から15日3時までに噴火が発生した場合には、以下の方向・距離に降灰及び小さな噴石の落下が予想されます。
 
 時刻            火口からの方向 降灰の距離 小さな噴石の距離
 14日09時から12時まで 北東      60km  6km     
 14日12時から15時まで 北東      80km  5km     
 14日15時から18時まで 北東      80km  5km     
 14日18時から21時まで 北東      50km  4km     
 14日21時から24時まで 北東      50km  4km     
 15日00時から03時まで 東       70km  4km     

 
 期間中に噴火が発生した場合には、以下の市町村に降灰が予想されます。
 群馬県 :高崎市、沼田市、渋川市、中之条町、長野原町、嬬恋村、高山村、東吾妻町、みなかみ町、
     川場村、昭和村、前橋市、桐生市、榛東村、吉岡町
 長野県 :軽井沢町、御代田町
 栃木県 :日光市
 

**(留意事項)**
 噴煙が火口縁上1000mまで上がった場合の火山灰及び小さな噴石の落下範囲を示しています。
 噴火発生時、小さな噴石の落下が予想される範囲内では、屋内や頑丈な屋根の下などに移動してください。
 強風のため、遠方まで小さな噴石が流されるおそれがあります。