キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

ホーム
防災情報
各種データ・資料
知識・解説
気象庁について
案内・申請
ホーム > 防災情報 > 降灰予報

降灰予報(定時)


一覧に戻る

※上空の風が弱い場合、あるいは高度によって風向きが大きく変化している場合、降灰予報と実際の降灰範囲及び降灰量が異なることがあります。

火山選択
火山名 吾妻山 降灰予報(定時)
平成30年11月19日05時00分 気象庁地震火山部発表
19日06時から09時
19日09時から12時
19日12時から15時
19日15時から18時
19日18時から21時
19日21時から24時

**(主文)**
 現在、吾妻山は噴火警戒レベル2(火口周辺規制)です。吾妻山で噴火が発生した場合には、19日09時から12時までは火口から東方向、19日21時から24時までは火口から南東方向に降灰が予想されます。

**(詳細)**
 19日6時から19日24時までに噴火が発生した場合には、以下の方向・距離に降灰及び小さな噴石の落下が予想されます。
 
 時刻            火口からの方向 降灰の距離 小さな噴石の距離
 19日06時から09時まで 北東      50km  3km     
 19日09時から12時まで 東       60km  3km     
 19日12時から15時まで 東       60km  3km     
 19日15時から18時まで 南東      50km  3km     
 19日18時から21時まで 南東      50km  5km     
 19日21時から24時まで 南東      60km  3km     

 
 期間中に噴火が発生した場合には、以下の市町村に降灰が予想されます。
 宮城県 :白石市、角田市、丸森町
 山形県 :米沢市
 福島県 :福島市、伊達市、桑折町、国見町、猪苗代町、二本松市、南相馬市、川俣町、浪江町、
     飯舘村、田村市、本宮市、三春町、葛尾村、郡山市、大玉村
 

**(留意事項)**
 噴煙が火口縁上1000mまで上がった場合の火山灰及び小さな噴石の落下範囲を示しています。
 噴火発生時、小さな噴石の落下が予想される範囲内では、屋内や頑丈な屋根の下などに移動してください。