キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

予報業務の許可等に関する審査基準、標準処理期間及び処分基準

1.審査基準

(1)気象、地象(火山現象を除く。)、高潮、波浪及び洪水(以下「気象等」という。)の予報業務の許可並びに予報業務の目的及び範囲の変更の認可(以下「予報業務の許可等」という。)については、別紙1による。
(2)津波の予報業務の許可等については、別紙2による。
(3)火山現象の予報業務の許可等については、予報の対象となる火山や現象ごとに審査内容が大きく異なることから、当面は審査基準を定めずに個別に審査を行う。

2.標準処理期間

(1)気象等(地震動を除く。)の予報業務の許可等 15日
(2)地震動の予報業務の許可等 1か月
(3)津波の予報業務の許可等 6か月
(4)火山現象の予報業務の許可等については、予報の対象とする火山や現象ごとに審査内容が大きく異なることから、標準処理期間は審査基準を定めるまで設定しない。

3.不利益処分の基準

 別紙3による。

別紙一覧



adobe Reader

このサイトには、adobe社adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

このページのトップへ