キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

気圧配置 台風に関する用語

台風に関する用語
分類 用語 区分 説明

熱帯低気圧
1)熱帯または亜熱帯地方に発生する低気圧の総称で、風の弱いものから台風やハリケーンのように強いものまである。
2)気象情報等で「熱帯低気圧」を用いる場合は、台風に満たない、低気圧域内の最大風速がおよそ17m/s(34ノット、風力8)未満のものを指す。
備考 熱帯じょう乱のうち、低気圧性循環の中心が不明瞭で、閉じた等圧線の半径が緯度で2度以上のものは原則として「低圧部」と解析される。

台風
北西太平洋に存在する熱帯低気圧のうち、低気圧域内の最大風速がおよそ17m/s(34ノット、風力8)以上のもの。
× 台風崩れの低気圧 台風から変わった低気圧。

台風の眼
台風の中心付近で風が弱く雲が少ない部分。
× 中心示度 中心気圧。
台風番号
気象庁が台風と認めたとき、その年の発生順に付ける番号。
用例 a)平成22年台風第9号(情報文などでは、元号を用いる)。
b)台風1110。T1110(天気図などでは、台風番号の前に、西暦年下2桁の数字付した4桁で表示してもよい。)
台風の呼名
国際的に用いられる台風の名称。命名は、気象庁が台風と認めた時、台風委員会が管理する呼名を用い気象庁が行う。呼名は台風に関係するアジアの国など(台風委員会メンバー)から提案された140個からなる名簿を循環的に使用する。 ただし、西経域など気象庁の責任領域外から移動してきた名称がある熱帯低気圧の場合、その熱帯低気圧の名称を引き継いで台風の名称とする。

予報円
台風や暴風域を伴う低気圧の中心が12、24、48、72、96および120時間後に到達すると予想される範囲を円で表したもの。
備考 台風や低気圧の中心が予報円に入る確率はおよそ70%である。

強風域
台風や発達した低気圧の周辺で、平均風速が15m/s以上の風が吹いているか、地形の影響などがない場合に、吹く可能性のある領域。通常、その範囲を円で示す。

暴風域
台風の周辺で、平均風速が25m/s以上の風が吹いているか、地形の影響などがない場合に、吹く可能性のある領域。通常、その範囲を円で示す。

暴風警戒域
台風の中心が予報円内に進んだときに、暴風域に入るおそれのある領域。

暴風域に入る確率
ある地域またはその一部が一定の時間内に台風の暴風域内にある確率。原則として2個まで(ただし、台風の中心が日本列島から概ね300km以内にある場合はそれらを含めて3個まで)の台風について1日4回、03時、09時、15時、21時の解析・予報に基づいて確率を計算し、市町村等をまとめた地域等の確率の時間変化を示す情報と、北緯20度、北緯50度、東経120度、東経150度で囲まれる領域を対象とした確率の分布を示す情報を発表する。いずれの情報も、72時間先まで3時間刻みの各時間帯と、24時間、48時間、72時間以内の確率を提供する。
× 暴風圏 暴風域。
× 豆台風
風の強い領域が小さい台風の俗称。(中心付近では急に風が強まることがあり、かえって危険である)。
風台風
雨による被害は比較的小さく、風による被害が大きい台風。
例 洞爺丸台風
雨台風
風による被害は比較的小さく、雨による被害が大きい台風。
例 狩野川台風
夏台風
夏に発生する台風。秋台風に比べて動きが遅く、複雑な動きをするものが多い。
秋台風
秋に発生する台風。日本の南海上で進路を北東に変え、速度 を早めながら日本付近に近づくことが多い。
日本付近にある秋雨前線の活動を強め、大雨を降らせることがある。
× 迷走台風
複雑な運動をし、その進路の予想が困難なことがある台風。
複雑な動きをする台風。
備考 台風が迷走しているわけではないので用いない。
× 藤原の効果
2つ以上の台風が接近して存在する場合に、それらが互いの進路に影響を及ぼすこと。その結果、相対的に低気圧性の回転運動をするなど、特徴的な動きをする。
備考 台風は他の台風以外にも気圧の谷や高気圧、偏西風などの影響も受けること、個々の事例については相互作用の程度を明確に示せないことなどから、解説には用いない。

台風の接近
a)ある地点への台風の接近:台風の中心が、その地点を中心とする半径300km以内の域内に入ること。
b)ある広がりをもった地域(地方予報区など)への台風の接近:台風が、その地域の地理的な境界線(海岸線、県境など)から半径300km以内の域内に入ること。
ただし、その地域に含まれるいずれかの気象官署等に接近したことをもって替えることがある。
備考 日本本土への接近と言う場合は、北海道・本州・四国・九州のいずれかへの接近を指す。

台風の上陸
台風の中心が北海道・本州・四国・九州の海岸に達した場合を言う。

台風の通過
台風の中心が、小さい島や小さい半島を横切って、短時間で再び海上に出る場合を言う。

台風の階級
台風を英文で報ずるとき、その最大風速によって次の3階級に分ける。

階級 最大風速 備考
TS(Tropical Storm) およそ17m/s(34ノット)以上 25m/s(48ノット)未満 海上強風警報に相当
STS(Severe Tropical Storm) 25m/s(48ノット)以上 33m/s(64ノット)未満 海上暴風警報に相当
TまたはTY(Typhoon) 33m/s(64ノット)以上 海上台風警報に相当

台風の大きさ
台風に伴う風速15m/s以上の領域の半径を基準にして次のように決める。風速15m/s以上の半径が非対称の場合は、その平均値をとる。

大きさ 風速15m/s以上の半径
(表現しない) 500km未満
大型:(大きい) 500km以上 800km未満
超大型:(非常に大きい) 800km以上

台風の強さ
台風の最大風速を基準にして次のように決める。

強さ 最大風速
(表現しない) 33m/s(64ノット)未満
強い 33m/s(64ノット)以上 44m/s(85ノット)未満
非常に強い 44m/s(85ノット)以上 54m/s(105ノット)未満
猛烈な 54m/s(105ノット)以上

1時間後の推定値
台風の中心位置(緯度、経度)、強度(中心気圧、最大風速)、大きさ(暴風域の半径、強風域の半径)の1時間後の推定値。台風解析・予報情報及び位置情報の作成・通報を毎時行っている台風を対象として発表する。
台風解析・予報情報
気象庁本庁が行った台風の解析及び予報の成果を通報する情報。気象庁部内では台風指示報として取り扱う。

台風の進路予報表示
12、24、48及び72時間後の台風の中心位置と72時間以内に暴風域に入るおそれがある領域の予想を予報円(点線)と暴風警戒域(実線)で示したもの(実況の中心位置は×印)。5日先までの台風の進路を示す際には、24、48、72、96及び120時間後の台風の中心位置の予想を予報円(点線)で示す(実況の中心位置は×印)。
備考 12、24時間予報:3時間毎に発表。                        
48、72、96、120時間予報:6時間毎に発表。                        
a)台風が日本に接近し、重大な災害が発生するおそれがある場合には、12、24、48及び72時間後の予想に加えて、3、6、9、15、18及び21時間後の予想を発表することがある。
b)移動速度が小さい場合(20km/h(10ノット)未満)には、12時間後の予想は省略することができる。
c)温帯低気圧に変わっても暴風域を持つと予想される場合には、暴風警戒域を付ける。                        
d)72時間以内に台風が北西太平洋以外の領域に達する予想がある場合、あるいは予想進路及び過去の統計から4日先または5日先に台風ではなくなっている可能性が高い場合は、4日先または5日先の予報を省略することができる。
用例 第3図及び第4図に代表例を示す。
台風の中心位置の確度
台風の中心位置を決定する際に、使用する資料の精度から推定される中心位置の確度を次のように3階級で表したもの。

階級 確度
正確(GOOD) 概ね60km(30海里)以下
ほぼ正確(FAIR) 概ね60km(30海里)超 概ね110km(60海里)以下
不確実(POOR) 概ね110km(60海里)超

                        第3図                        
台風の進路予報表示の例

台風の進路予報表示

                        第4図                        
台風の5日先までの進路予報表示の例

台風の5日先までの進路予報表示

このページのトップへ