キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

予報用語について

予報用語のあり方

 天気予報や注意報・警報など気象庁が発表する各種情報は、電話、ラジオによる音声を主体にしたもの、テレビ、FAX、インターネットによる画像・文字を主体にしたものと多様化しています。
 このように様々な形で提供される天気予報などが誰にでも正確に伝わるよう、気象庁では報道機関などのご意見を伺いながら、天気予報などに使う予報用語を定めています。
 気象庁が定めている予報用語については次の4つの観点から決めています。

1 「明確さ」

 情報の受け手に正確に伝わるように意味の明確な用語を用いることにしています。
 ただし、予報用語の「明確さ」のなかには、技術的な限界を超えてまで時間や場所を特定するのではなく、予報の持つ「不確かさ」を一定のルールに基づいて表現するという意味も含めています(所により、一時、時々など)。

2 「平易さ」

 天気予報などは広く一般の人を対象として発表していますので、専門的な用語は最小限とし、誰にでも理解できるような用語を選択するようにしています。

3 「聞き取りやすさ」

 気象に関する情報は活字として伝達されるばかりではなく、ラジオ・テレビなど音声でも提供されます。文字では一目瞭然な用語でも、音声にすると意味を取り違えたり、わかりにくくなったりするものがあるため、音声で伝えることも意識した用語を用いるようにしています。

4 「時代への適応」

 本来、用語は時代とともに変化し、時代の求めに応じて新しい用語が生まれます。時代に適応しなくなったものは予報用語としては不適当です。予報用語の選択にあたっては、固定的にとらえずに、社会一般の言語感覚と遊離しないようにしています。
このような観点から定めた予報用語のうち、特に日々の天気予報、注意報・警報などによく使われているものを示します。

 これらを参考にして、天気予報などをより有効に利用していただきますようお願いします。



各ページにおいて用いられている記号の意味
分類 無印 予報用語:気象庁が発表する各種の予報、注意報、警報、気象情報などに用いる用語
解説用語:気象庁が発表する報道発表資料、予報解説資料などに用いる用語
× 使用を控える用語
区分 用例 用語の使い方の例。
備考 使用する際の注意事項。用語の運用の取り決め。音声伝達の用語。その他のただし書き。
使用を控える用語(使用しない用語)に対して言い換える用語があることを示す。

このページのトップへ