キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

天気図について

 気象庁では、テレビの解説や新聞の天気欄、船舶や航空機の安全運航等に利用していただくことを目的として、実況天気図をはじめ、予想天気図や高層天気図等、さまざまな天気図を提供しています。現在、気象庁ホームページに掲載している天気図は以下のとおりです。用途に応じた天気図をご利用ください。天気図の有効な活用については「天気図の有効な活用について」をご参照ください。

実況天気図

日本周辺域 実況天気図

 一日7回(3、6、9、12、15、18、21時)の観測データをもとに解析を行い、観測時刻の約2時間10分後に日本周辺域の実況天気図を発表します。
 気象庁ホームページには背景や天気図記号等を着色して識別しやすくしたカラー画像の他、FAX送信で利用することを考慮した白黒の天気図も掲載しています。カラーと白黒は「情報選択」で切り替えることができます。
 また、動画の再生期間は最近1日分と最近3日分から選択できます。用途に応じて「動画方法」を変更してご利用ください。
 日本周辺域の実況天気図の記号などの説明は、「日本周辺域 実況天気図の説明」ページをご参照ください。

アジア太平洋域 実況天気図

 一日4回(3、9、15、21時)の観測データをもとに、日本周辺域の実況天気図よりも広い範囲の解析を行い、気象庁が船舶向けの予報警報を担当している海域(赤道~北緯60度 東経100度~東経180度)における警報事項(海上台風、海上暴風、海上強風、海上風、海上濃霧)や、陸上や海上の観測データ(気温、露点温度、風向風速、雲形雲量)を英語や記号で付加し、アジア太平洋域の実況天気図を観測時刻の約2時間30分後に発表します。
 気象庁ホームページには背景や天気図記号、警報種別等を着色して識別しやすくしたカラー画像の他、FAX送信で利用することを考慮した白黒の天気図も掲載しています。カラーと白黒は「情報選択」で切り替えることができます。
 また、動画の再生期間は最近1日分と最近3日分から選択できます。用途に応じて「動画方法」を変更してご利用ください。
 アジア太平洋域の実況天気図の記号などの説明は、「アジア太平洋域 実況天気図の説明」ページをご参照ください。

アジア太平洋域の実況天気図で使用する海上警報の記号の説明
記号 英文 和文 発表基準
FOGW.png - 626BYTES FOG WARNING 海上濃霧警報 視程(水平方向に見通せる距離)0.3海里(約500m)以下
WARNING.png - 625BYTES WARNING 海上風警報 熱帯低気圧による風が最大風速28ノット以上34ノット未満
GW.png - 508BYTES GALE WARNING 海上強風警報 最大風速34ノット以上48ノット未満
SW.png - 501BYTES STORM WARNING 海上暴風警報 最大風速48ノット以上
TW.png - 446BYTES TYPHOON WARNING 海上台風警報 台風による風が最大風速64ノット以上



気象庁ホームページに掲載している実況天気図の例(左:日本周辺域 と 右:アジア太平洋域)(共にカラー版)
速報天気図の例とアジア天気図の例



予想天気図

 日本周辺域およびアジア太平洋域について、9時と21時の観測をもとに観測時刻から24時間後と48時間後の高気圧、低気圧、前線、等圧線等の予想を表示しています。日本域の天気図は日本語表記、アジア太平洋域は英字表記となっています。アジア太平洋域については気象庁が船舶向けの予報警報を担当している海域(赤道~北緯60度 東経100度~東経180度)において予想される霧域(24時間後の予想天気図のみ)、船体着氷域、海氷域、強風域(30ノット以上)もあわせて表示しています。9時の24時間後予想は15時頃、48時間後予想は17時頃、21時の予想は、それぞれ翌朝の4時頃と6時頃に発表します。
 気象庁ホームページには背景や天気図記号等を着色して識別しやすくしたカラー画像の他、FAX送信で利用することを考慮した白黒の天気図も掲載しています。カラーと白黒は「情報選択」で切り替えることができます。
 予想天気図を表示するには、最新の実況天気図を表示している状態から「表示時間」を先送り(“>”ボタン押下)するか、または「表示時間」のリストより直接選択してください。
 予想天気図の記号などの説明は、「予想天気図の説明」ページをご参照ください。

気象庁ホームページに掲載している予想天気図の例
日本周辺域の24時間後の予想(上段左)とアジア太平洋域の24時間後の予想(上段右)
日本周辺域の48時間後の予想(下段左)とアジア太平洋域の48時間後の予想(下段右)

実況天気図の時刻の24時間後の予想と48時間後の予想


高層天気図

 気象庁では、300、500、700、850hPaなどの等圧面天気図(高層天気図)を1日2回(一部資料は1日1回)作成しています。
 高層天気図の記号などの説明は、「高層天気図の説明」ページをご参照ください。


数値予報天気図

 気象庁では、数値予報(物理学の方程式により、風や気温などの時間変化をコンピュータで計算して将来の大気の状態を予測する方法) の計算結果を図示化した数値予報天気図を1日2回(一部資料は1日1回)作成しています。

 ※数値予報天気図は、天気予報等の基礎資料である数値予報の計算結果から自動作成(画像化)したものですので、 気象庁が実際に発表する天気予報や台風予報等と異なる内容が含まれる場合があります。


気象庁天気図

 気象庁は速報として実況天気図(日本周辺域やアジア太平洋域)を発表した後にも船舶や極軌道気象衛星などから観測データを収集しています。これらの発表後のデータも含めて、気象庁では解析をやり直して、最終的な気象庁天気図を作成します。
 日本域の最終的な天気図は、「日々の天気図」のページに掲載しています。
 気象庁天気図の入手方法については、「気象資料の閲覧・入手方法」のページをご覧ください。

各地の観測値と低気圧や前線の位置

過去1週間分のデータのページ
(このデータは、NHKラジオ第2の「気象通報」の放送に利用されたものです。)

観測値を利用するときの注意点

  • 18時10分頃にデータを更新しています。
  • 観測値(特に船舶のデータ)には大きな誤差がある場合があります。
  • メンテナンス等のため更新されないことがあります。
  • 観測値の内容の一部変更についてのお知らせ 平成22年9月)[PDF]
  • NHKラジオ第2の「気象通報」の放送回数が変更になりました(平成26年3月)

天気図の利用に関するお知らせ

  • 全雲量表記の一部変更についてのお知らせ (平成25年12月)[PDF]
Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

このページのトップへ