キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

第1部 気象業務の現状と今後

1章 国民の安全・安心を支える気象情報

1 気象の監視・予測

1 気象の警報、予報などの発表

ア.特別警報・警報・注意報などの防災気象情報

気象庁は、大雨や暴風などによって発生する災害の防止・軽減のため、特別警報・警報・注意報などの防災気象情報を発表しています。さらに、情報の内容や発表タイミングの改善に向け、常に防災関係機関や報道機関との間で調整を行い、効果的な防災活動の支援を行っています。

○防災気象情報の種類と発表の流れ

都道府県や市町村等の自治体や国の防災関係機関が適切な防災対応をとることができるよう、また、住民の自主避難の判断に資するよう、発生のおそれがある気象災害の重大さや可能性に応じて特別警報・警報・注意報を発表します。また、災害に結びつくような激しい現象の発生する1日~数日前から気象情報を発表し、警報等の対象となる現象の経過、予想、防災上の留意点などを解説します。特別警報・警報・注意報及び気象情報には、以下のようなものがあります。

防災気象情報の種類

図。防災気象情報の種類

※ここでいう「気象情報」とは、警報等とは別に、文章または図・表を用いて気象状況を解説した情報のことです。

気象警報・注意報は、災害に結びつくような激しい現象が発生する概ね3~6時間前に発表を、そのうち短時間の強い雨に伴う大雨警報・注意報及び洪水警報・注意報については概ね2~3時間前に発表をすることとしています。また、夜間・早朝に警報発表の可能性がある場合には、夕方に注意報を発表し、警報を発表する可能性のある時間帯をその注意報の発表文中に、例えば「明け方までに警報に切り替える可能性がある」などと明示しています。なお、こうした猶予時間(リードタイム)は、警報・注意報が防災機関や住民に伝わり安全確保行動がとられるまでにかかる時間を考慮して設けていますが、現象の予想が難しい場合には、結果としてこうしたリードタイムが確保できない場合もあります。

段階的に発表される防災気象情報(土砂災害関係)

図。段階的に発表される防災気象情報(土砂災害関係)

・大雨警報を発表している状況で、土砂災害発生の危険度がさらに高まったときは、都道府県と共同で「土砂災害警戒情報」を発表します。
・土砂災害発生の危険度が高まっている詳細な領域(5キロメートル四方)を確認できる「土砂災害警戒判定メッシュ情報」を発表しています。
・数年に一度しか発生しないような短時間の大雨を観測した場合には「記録的短時間大雨情報」を発表します。

○気象等の特別警報・警報・注意報
気象等の特別警報・警報・注意報の種類
現在、気象等に関する特別警報は6種類、警報は7種類、注意報は16種類あります。

特別警報・警報・注意報の種類

図。特別警報・警報・注意報の種類

警報や注意報では、予想される気象状況や警戒すべき事項などを簡潔に記述しており、注意・警戒が必要な現象の開始・終了の時間帯、ピークの時間帯、雨量や潮位などの予想最大値を箇条書きで記述しています。また、注意報から警報に切り替える可能性が高いときには、前もって注意報の中で「○○(いつ)までに××警報に切り替える可能性がある」と明示することとしています。

気象警報等の発表例

図。気象警報等の発表例
警報等の発表区域と発表基準
特別警報・警報・注意報は、市町村長が行う避難勧告や住民が行う自主避難の判断を支援するため、市町村ごとに発表しています。過去に発生した災害とそのときの雨量や潮位等の関係を調べた上で、あらかじめ基準を定めて発表しています。そのうち、特別警報の基準は、数十年に一度という極めて希で異常な現象を対象としています。
また、大規模な地震の発生により地盤が脆弱となっている可能性の高い地域や、火山噴火により火山灰が堆積した地域、大雨等により大規模な土砂災害が発生した地域の周辺では、降雨に伴う災害が通常よりも起きやすくなりますので、都道府県などと協議の上で、大雨警報などの発表基準を暫定的に引き下げて運用することがあります。近年の例では、平成26年11月22日の長野県北部の地震、平成25年台風第26号等により、一部の市町村では大雨警報・注意報の基準を引き下げて運用しました。

警報・注意報発表状況と発表基準の例(千葉県)

図。警報・注意報発表状況と発表基準の例(千葉県)

左図は、気象庁ホームページで表示している、千葉県での警報・注意報発表状況の例。県の境界線を太線、市町村の境界線を細線で示し、赤で着色した区域は警報発表中、黄で着色した区域は注意報発表中であることを示しています。
右表は、千葉県千葉市の警報・注意報発表基準の例。警報・注意報の基準は市町村ごとに定めており、それぞれの基準に基づいて警報・注意報を発表しています。

○大雨による土砂災害に関する防災気象情報
大雨に関する警報等の特徴
大雨に伴い警戒が必要な土砂災害や浸水害に対しては大雨の警報等を、洪水害に対しては洪水の警報等を発表します。さらに、大雨特別警報や大雨警報では、主に警戒を要する災害が標題からわかるよう「大雨特別警報(土砂災害)」、「大雨警報(浸水害)」のように発表しています。
土砂災害警戒情報
土砂災害警戒情報は、大雨警報(土砂災害)が発表されている状況で、土砂災害発生の危険度がさらに高まったときに、市町村長による避難勧告等の災害応急対応に活用いただけるよう、また、住民の自主避難の参考となるよう、対象となる市町村を特定して警戒を呼びかける防災情報で、都道府県と気象庁が共同で発表しています。大雨に伴って発生する土砂災害には、現在降っている雨だけでなく、これまでに降った雨による土壌中の水分量が深く関係しており、土砂災害警戒情報、大雨警報(土砂災害)及び大雨注意報を発表する判断基準には、降った雨による土壌中の水分量を示す「土壌雨量指数」を用いています。大雨によって土壌雨量指数等が土砂災害警戒情報の基準を超えると、過去に土砂災害が発生した状況に匹敵する非常に危険な状況になったことを意味します。そこで、土砂災害警戒情報は、情報が発表され防災機関や住民に伝わり避難行動がとられるまでにかかる時間を確保するよう、2時間先までの降雨による土壌雨量指数等の予想を用いて発表の判断をしています。
土砂災害警戒判定メッシュ情報
土砂災害警戒判定メッシュ情報は、土砂災害警戒情報を補足する情報です。5キロメートル四方の領域(メッシュ)ごとに、土砂災害発生の危険度を5段階に判定した結果を表示しています。避難にかかる時間を考慮して、危険度の判定には2時間先までの土壌雨量指数等の予想を用いています。土砂災害警戒情報や大雨警報(土砂災害)が発表されたときには、土砂災害警戒判定メッシュ情報を確認することにより、対象市町村内で土砂災害発生の危険度が高まっている詳細な領域を把握することができます。周囲の状況や雨の降り方にも注意し、自治体からの避難に関する情報がなくても、危険を感じたら躊躇することなく自主避難することが大切です。

土砂災害警戒情報(左)・土砂災害警戒判定メッシュ情報(右)(平成26年10月6日)

図。土砂災害警戒情報(左)・土砂災害警戒判定メッシュ情報(右)(平成26年10月6日)

土砂災害警戒情報の基準に到達している紫色のメッシュ内の土砂災害危険箇所・土砂災害警戒区域等(状況に応じて周辺区域を含みます)では、人命や身体に危害を及ぼす土砂災害がいつ発生してもおかしくない非常に危険な状況となっていることを示しています。

土砂災害は、建物に壊滅的な被害をもたらし一瞬のうちに尊い人命を奪ってしまう恐ろしい災害です。急傾斜地や渓流の付近など、土砂災害によって生命や身体に危害を及ぼすおそれがあると認められる場所は、都道府県によって土砂災害危険箇所や土砂災害警戒区域等に指定されています。これらの区域等にお住まいの方は、自治体からの避難に関する情報に留意するとともに、土砂災害警戒情報や大雨警報(土砂災害)の発表状況に注意することが必要です。また、土砂災害警戒判定メッシュ情報において大雨警報や土砂災害警戒情報の基準に到達しているなど土砂災害発生の危険度が高まっている領域にお住まいの方は、土砂災害危険箇所・土砂災害警戒区域等の外の少しでも安全な場所への早めの避難が重要です。

土砂災害警戒判定メッシュ情報に示される危険度について(平成26年8月20日)

図。土砂災害警戒判定メッシュ情報に示される危険度について(平成26年8月20日)

土砂災害警戒判定メッシュ情報と土砂災害警戒区域等を活用した避難

図。土砂災害警戒判定メッシュ情報と土砂災害警戒区域等を活用した避難

土砂災害は、建物に壊滅的な被害をもたらし一瞬のうちに尊い人命を奪ってしまう恐ろしい災害です。土砂災害警戒判定メッシュ情報で危険度の高まっている領域(メッシュ)にお住まいの方は、土砂災害危険箇所・土砂災害警戒区域等の外の少しでも安全な場所へ避難してください。

○指定河川洪水予報

防災上重要な河川について、河川の増水や氾濫に対する水防活動の判断や住民の避難行動の参考となるように、国が管理する河川は国土交通省水管理・国土保全局と気象庁が、都道府県が管理する河川は都道府県と気象庁が、共同で河川を指定した洪水予報を発表しています。

気象庁は気象(降雨、融雪など)の予測、国土交通省や都道府県は水文状況(河川の水位または流量)の予測を担当して、緊密な連携のもとで洪水予報を行っています。洪水予報の標題は、洪水の危険度の高い順からそれぞれ「はん濫発生情報」「はん濫危険情報」「はん濫警戒情報」「はん濫注意情報」を河川名の後につなげたものです。また、洪水の危険度と水位を対応させて数値化した水位危険度レベルを情報に記載するなど、わかりやすい情報を目指しています。

情報発表の流れ(指定河川洪水予報)

図。情報発表の流れ(指定河川洪水予報)

平成26年9月に内閣府から公表された「避難勧告等の判断・伝達マニュアル作成ガイドライン」においては、はん濫危険水位(はん濫危険情報に対応する水位)に達した段階を避難勧告の判断基準の基本とするとされています。

○高潮警報・暴風警報等

台風や低気圧等による異常な海面の上昇により高潮による災害の起こるおそれがあると予想したときには、対象となる市町村を特定して高潮警報等(特別警報・警報・注意報)を発表しています。高潮警報等では、市町村長による避難勧告の発令範囲の判断に資するよう、予想される最高潮位(高潮の高さ)の標高を明示しています。

高潮災害で生命に危険が及ぶ範囲は高潮の高さによって大きく異なります。自治体のハザードマップなどで潮位(標高)に応じた浸水範囲など危険な箇所をあらかじめご確認ください。高潮の浸水想定区域にお住まいの方は、台風や低気圧等の接近が予想されているときには、自治体からの避難に関する情報とともに高潮警報及び暴風警報等の発表に注意し、高潮警報等に記載された予想最高潮位(高潮の高さ)を自主避難の参考にしてください。また、夕方に発表中の高潮注意報に明け方までに警報発表の可能性があると記載されている場合には、高潮注意報に記載された予想最高潮位(高潮の高さ)を確認の上で早めの避難を検討することが重要です。

ただし、台風や低気圧等による暴風が吹き始めると、屋外は危険となり避難場所への避難ができなくなります。このため、避難にかかる時間を確保するよう、暴風の数時間前に暴風警報(又は暴風特別警報)を発表しています。暴風に警戒が必要な時間帯は暴風警報の中で明示しています。高潮災害に限らず、水害の浸水想定区域や土砂災害警戒区域等にお住まいの方も、暴風で外出が困難となる前に、暴風警報を活用して早めの避難が重要です。

気象警報等の発表例

図。気象警報等の発表例

段階的に発表される防災気象情報(高潮災害関係)

図。段階的に発表される防災気象情報(高潮災害関係)

・異常な海面の上昇により高潮災害が予想されるときには、予想最高潮位を明示して「高潮警報」等を発表しています。
・暴風が予想されるときには、避難にかかる時間を確保するため、暴風の数時間前に、暴風の吹き始める時間帯を明示して「暴風警報」等を発表しています。

○台風情報

台風がいつ頃どこに接近するかをお知らせするのが「台風情報」です。この情報は、様々な防災対策に利用できるよう、台風が我が国に近づくにつれてきめ細かく頻繁に発表します。

気象庁は台風を常時監視しており、通常は3時間ごとに台風の中心位置、進行方向と速度、大きさ、強さの実況と最大3日先までの予報を、観測時刻の約50分後に発表します。予報では、台風の中心が70%の確率で進む範囲(予報円)と、台風の中心が予報円内に進んだ場合に暴風域(平均風速が毎秒25メートル以上の領域)に入るおそれのある範囲(暴風警戒域)を示します。更に、3日先以降も台風であると予想される場合には5日先までの進路予報を6時間ごとに行い、観測時刻から約90分後に発表します。

台風の勢力を示す目安として、風速をもとにして台風の「大きさ」と「強さ」を表現します。「大きさ」は平均風速が毎秒15メートル以上の強風の範囲(強風域)、「強さ」は最大風速を基準にしてそれぞれ表現を使い分けています。

台風が我が国に近づき、被害のおそれが出てきた場合には、上記の情報に加えて、台風の実況と1時間後の推定値を1時間ごとに、24時間先までの3時間刻みの予報を3時間ごとに発表します。また、72時間先までの「暴風域に入る確率」を各地域の時間変化のグラフ(3時間刻み)と日本周辺の分布図で示して6時間ごとに発表します。

「台風予報」の発表例(左:3日先までの予報、右:5日先までの進路予報)

図。「台風予報」の発表例(左:3日先までの予報、右:5日先までの進路予報)

台風の大きさと強さの表現

図。台風の大きさと強さの表現

「暴風域に入る確率」の発表例(左:時間変化グラフ、右:分布図)

図。「暴風域に入る確率」の発表例(左:時間変化グラフ、右:分布図)

・確率の数値が増加する時間帯に暴風域に入る可能性が高く、数値が減少する時間帯に暴風域から抜ける可能性が高くなります。
・確率の数値の大小よりも、むしろ変化傾向やピークの時間帯に注目してご利用ください。

○(全般・地方・府県)気象情報

低気圧や前線などの災害に結びつくような激しい気象現象について、現象の経過、予想、防災上の留意点などを「気象情報」(「大雨に関する気象情報」など)として発表します。これらの情報では、図表を用いて最も注意すべき点を分かりやすく示す図形式での発表も行っています。また、少雨、高温、低温や日照不足など、長期間にわたり社会的に大きな影響を及ぼす天候の状況についても「気象情報」(「高温に関する気象情報」など)として発表します。

対象となる地域による気象情報の種類

図。対象となる地域による気象情報の種類

※「11地方」については本章「○季節予報」の項の図「地方季節予報で用いる予報区分」をご参照ください。

図形式府県気象情報の発表例

図。図形式府県気象情報の発表例

平成25年9月4日に実際に名古屋地方気象台が発表した図形式の「大雨と雷及び突風に関する愛知県気象情報 第5号」です。

○記録的短時間大雨情報

現在の降雨がその地域にとって希な激しい現象であることを周知するため、数年に一度しか発生しないような短時間の大雨を観測した場合に「記録的短時間大雨情報」を府県気象情報として発表します。

記録的短時間大雨情報の発表例

図。記録的短時間大雨情報の発表例

平成26年8月20日に実際に広島地方気象台が発表した「広島県記録的短時間大雨情報」です。

○雨の実況と予測情報(解析雨量、降水短時間予報、高解像度降水ナウキャスト)

「解析雨量」は、雨量分布を把握できるように、気象レーダー観測で得られた雨の分布を、アメダスなどの雨量計で観測された実際の雨量で補正し、1時間雨量の分布を1キロメートル四方の細かさで解析し、30分間隔で発表します。

「降水短時間予報」は、目先数時間に予想される雨量分布を把握できるように解析雨量をもとに、雨域の移動、地形による雨雲の発達・衰弱や数値予報の予測雨量などを考慮して、6時間先までの各1時間雨量を1キロメートル四方の細かさで予測し、30分間隔で発表します。

さらに、極めて短時間に変化する雨にも対応するため、より即時的にきめ細かな予測情報を提供するのが「高解像度降水ナウキャスト」です。5分ごとの降水量と降水の強さの分布を250m四方の細かさ(30分先まで。35分から60分先までは1km四方単位)で予測するもので、情報は5分間隔で更新されます。高解像度降水ナウキャストの解析・予測には全国20カ所の気象ドップラーレーダーのデータに加え、気象庁・国土交通省・地方自治体が保有する全国約10,000カ所の雨量計の観測データ、ウィンドプロファイラやラジオゾンデの高層観測データ、国土交通省XRAIN(XバンドMPレーダネットワーク)のデータも活用しています。また、最新の技術を用いて降水域の内部を立体的に解析することにより精度向上を図っています。

高解像度降水ナウキャストの解析値と予測値

図。高解像度降水ナウキャストの解析値と予測値

左上がレーダーやアメダス等の観測データから解析された解析値。この解析値から250メートル四方単位で30分先まで、1キロメートル四方単位で35分から60分までの予測値を作成・表示します。

○積乱雲に伴う激しい気象現象に関する情報
竜巻発生確度ナウキャストと竜巻注意情報
積乱雲に伴う竜巻などの激しい突風から身の安全を確保していただくための気象情報として、「竜巻発生確度ナウキャスト」及び「竜巻注意情報」を発表しています。「竜巻発生確度ナウキャスト」は、気象ドップラーレーダーの観測などを基に、竜巻などの激しい突風が発生する可能性の程度を10キロメートル格子単位で解析し、その1時間後(10~60分先)までの予測を行うもので、10分ごとに発表します。「竜巻発生確度ナウキャスト」を利用することにより、竜巻などが発生する可能性の高い地域や刻々と変わる状況を詳細に把握することができます。
「竜巻注意情報」は、竜巻発生確度ナウキャストで発生確度2が現れた地域(概ね県単位)に発表しているほか、目撃情報が得られて竜巻の継続や新たな竜巻の発生するおそれが高い状態が続くと判断した場合にも発表しています。竜巻注意情報が発表されたときには、情報の発表から1時間程度は竜巻などの激しい突風に対する注意が必要です。

竜巻発生確度ナウキャストの例

図。竜巻発生確度ナウキャストの例

平成25年9月2日14時20分の事例。発生確度2となっている範囲内で1時間以内に竜巻などの激しい突風が発生する可能性は、5~10%です。発生確度1では、1~5%です。

竜巻注意情報の例

図。竜巻注意情報の例

※目撃情報を含まない場合と異なる箇所に下線を付しています。また、目撃情報があった場合に記載する地域名称は、気象庁の天気予報で用いる一次細分区域名を用います。
※竜巻の目撃情報は、全国の気象庁職員によるもののほか、消防本部から提供されるものも活用することとしています。

雷ナウキャスト
落雷による被害を防ぐための気象情報として、「雷ナウキャスト」を発表しています。「雷ナウキャスト」は、雷監視システムによる雷放電の検知及びレーダー観測などを基に、雷の激しさや雷の可能性を1キロメートル格子単位で解析し、その1時間後(10分~60分先)までの予測を行うもので、10分ごとに発表します。雷の激しさや雷の発生可能性は、活動度1~4で表します。このうち活動度2~4となったときには、既に積乱雲が発達しており、いつ落雷があってもおかしくない状況です。屋外にいる人は建物の中に移動するなど安全の確保に努めてください。

雷ナウキャストの例

図。雷ナウキャストの例

平成25年9月2日14時20分の事例。活動度が大きいほど落雷の危険が高いことを示します。

イ.天気予報、週間天気予報、季節予報

天気は、日々の生活と密接にかかわっています。例えば、今日は傘を持って行った方がよいかとか、週末に予定している旅行はどんな服装をすればよいかといった時に、天気予報が役に立ちます。

○天気予報

天気予報には、「府県天気予報」、「地方天気分布予報」、「地域時系列予報」の三つの種類があります。「府県天気予報」は、今日から明後日までの一日ごとの天気をおおまかに把握するのに適しています。「地方天気分布予報」は、天気などの面的な分布が一目でわかるので、例えば府県天気予報で「曇り時々雨」となっていた場合、雨がどの地域でいつごろ降るのかといったことを把握するのに適しています。「地域時系列予報」は、ある地域の天気や気温、風の時間ごとの移り変わりを知るのに便利な予報です。

天気予報の種類と内容

図。天気予報の種類と内容

地域時系列予報(5時発表)の例

図。地域時系列予報(5時発表)の例

天気分布予報の例

図。天気分布予報の例
○週間天気予報

週間天気予報は、発表日の翌日から1週間先までの毎日の天気、最高・最低気温、降水確率を、1日2回、11時と17時に発表しています。週間天気予報では、今日や明日に比べてさらに先を予報するので予報を適中させることが難しくなります。このため、天気については信頼度を、気温については予測範囲をあわせて示しています。信頼度は、3日目以降の降水の有無について、「予報が適中しやすい」ことと「予報が変わりにくい」ことを表し、予報の確度が高いほうから順にA、B、Cの3段階で表現します。気温の予測範囲は、「24℃~27℃」のように予想される気温の範囲を示しており、実際の気温がこの気温の範囲に入る確率はおよそ80%です。これらの情報によって、例えば同じ晴れ時々曇りという予報でも、どれくらいの確度の予報かを知ることができます。

○季節予報

季節予報には、予報期間別に、2週間程度先までを予報する異常天候早期警戒情報、1か月先までを予報する1か月予報、3か月先までを予報する3か月予報、6か月先までを予報する暖・寒候期予報があり、予報区単位で予報しています。このうち「異常天候早期警戒情報」は、2週間程度先までの7日間平均気温や7日間降雪量が平年から大きく隔たる可能性が高いと予測した場合に発表されます。また、1か月、3か月、暖・寒候期予報は、それぞれの期間について、平均的な気温や降水量などを、3つの階級(「低い(少ない)」、「平年並」、「高い(多い)」)に分け、それぞれの階級が出現する可能性を確率で表現しています。なお、それぞれの予報の内容と発表日時は表のとおりです。また地方季節予報で用いる予報区分は図のとおりです。

季節予報で用いる予報区分

図。季節予報で用いる予報区分

季節予報の種類と内容

図。季節予報の種類と内容

*3か月予報と同時発表。

ウ.船舶の安全などのための情報

船舶の運航には、台風や発達中の低気圧などによる荒天時の安全性のほか、海上輸送における経済性や定時性などの確保が求められます。

このため、日本近海や外洋を航行する船舶向けに、海上における風向・風速、波の高さ、海面水温、海流などの予報や強風・濃霧・着氷などの警報を、通信衛星(インマルサット)による衛星放送、ナブテックス無線放送、NHKラジオ(漁業気象通報)などにより提供しています。さらに、これまで文字情報でお伝えしていた気象現象の空間的な分布や推移を分かりやすい分布図形式で示した「地方海上分布予報」を平成27年(2015年)3月から新たに提供開始しました。

船舶向け気象情報の種類と提供方法

図。船舶向け気象情報の種類と提供方法
○日本近海に関する情報

日本の沿岸から300海里(およそ560キロメートル)以内を12に分けた海域ごとに、低気圧などに関する情報とともに、天気や風向・風速、波の高さなどの予報、強風・濃霧・着氷などの警報を発表しています。これらの予報や警報などは、地方海上予報や地方海上警報として、ナブテックス無線放送(英文・和文放送)によって日本近海を航行する船舶に提供しています。ナブテックス無線放送では、これらの予報や警報に加えて、津波や火山現象に関する予報や警報も提供しています。

主に日本近海で操業する漁船向けには、台風、高・低気圧、前線などの実況と予想、陸上や海上における気象の実況情報を、漁業気象通報としてNHKラジオを通じて提供しています。また、天気概況や気象の実況情報、海上予報・警報などを、漁業無線気象通報として漁業用海岸局を通じて提供しています。

また、地方海上予報・警報の内容の詳細なイメージを補足する情報として24時間先までの風、波、視程(霧)、着氷の分布予想を図形式にした地方海上分布予報を気象庁ホームページに掲載しています。

さらに、海上の警報の内容も記述した実況天気図や、海上の悪天(強風・濃霧・海氷・着氷)の予想も記述した予想天気図(海上悪天24時間予想図、同48時間予想図)、台風(120時間先までの進路予報及び72時間先までの強度予報)、波浪、海面水温、海流、海氷などの実況や予想などの図情報を、短波放送による気象庁気象無線模写通報(JMH)により提供しています。

地方海上予報・警報の発表海域区分(日本近海の12海域図)

図。地方海上予報・警報の発表海域区分(日本近海の12海域図)

地方海上分布予報

図。地方海上分布予報

海上悪天24時間予想図

図。海上悪天24時間予想図
○外洋に関する情報

「1974年の海上における人命の安全のための国際条約」(SOLAS条約)に基づき、気象庁の責任分担海域である北西太平洋(概ね赤道から北緯60度、東経100度から180度に囲まれる海域)を対象に、緯度・経度で地域を明示して、低気圧や台風に関する情報とともに海上の強風・暴風や濃霧の警報を、通信衛星(インマルサット)を介して、セーフティネット気象予報警報(無線英文放送)として船舶関係者向けに提供しています。

エ.その他の情報

○光化学スモッグなどの被害軽減に寄与するための情報提供

気象庁は、晴れて日射が強く、風が弱いなど、光化学スモッグなどの大気汚染に関連する気象状況を都道府県に通報するとともに、光化学スモッグが発生しやすい気象状況が予想される場合には「スモッグ気象情報」や翌日を対象とした「全般スモッグ気象情報」を広く一般に発表しています。また、環境省と共同で光化学スモッグに関連する情報をホームページで提供しています。

○熱中症についての注意喚起

一般的な注意事項として熱中症も含めた高温時における健康管理への注意を呼びかけることを目的として、高温注意情報、異常天候早期警戒情報や日々の天気概況、気象情報の中でも、熱中症への注意の呼びかけを盛り込んで発表しています。

2 気象の観測・監視と情報の発表

ア.地上気象観測

気象台や測候所では気圧、気温、湿度、風向・風速、降水量、日照時間などの地上気象観測を行っています。また、集中豪雨等の局地的な気象の把握を目的として、これらの気象官署を含めた全国各地の約1,300か所で、自動観測を行うアメダス(地域気象観測システム)として、降水量を観測しています。このうち約840か所では、降水量に加えて、気温、風向・風速、日照時間の観測を、また、豪雪地帯などの約320か所では積雪の深さの観測を行っています。

地域気象観測システム(アメダス)観測網

図。地域気象観測システム(アメダス)観測網

イ.レーダー気象観測

全国20か所の気象レーダーによって降水の観測を行い、大雨警報などの気象情報の発表に利用しています。気象レーダーは、パラボラアンテナから電波を発射し、雨などによって反射された電波を受信することにより、どの位置にどの程度の強さの降水があるかを把握することができます。各地のレーダーの観測結果を組み合わせることにより、日本の陸域とその近海における降水の分布と強さを5分ごとに観測しています。また、降水の分布と強さに加え、反射された電波のドップラー効果を利用して風で流される雨粒や雪の動きを観測できる機能も備えており、集中豪雨や竜巻などの突風をもたらす積乱雲内部の高度15キロメートルまでの詳細な風の分布の把握を行っています。

気象レーダーの配置

図。気象レーダーの配置

平成27年4月1日現在

ウ.高層気象観測

低気圧などの大気の諸現象は、主に、地上から十数キロメートル上空までの対流圏において発生しています。また、その上にある成層圏において発生する現象も、対流圏の気象現象に大きく関連しています。気象庁では、これら上空の気象現象を捉えるため、全国16地点で毎日決まった時刻(日本標準時09時、21時)に「ラジオゾンデ」という観測機器を気球に吊るして飛揚させ、地上から約30キロメートル上空までの気圧(高度)、気温、湿度及び風について観測しています。

高層気象観測資料は、天気予報のほかに航空機の運航管理などにも利用されています。また、近年は、地球温暖化をはじめとした気候問題への関心が高まり、高層気象観測の観測資料は対流圏や成層圏の気温変化の監視など気候分野においても重要な役割を果たしています。

ラジオゾンデによる高層気象観測網

図。ラジオゾンデによる高層気象観測網

平成27年4月1日現在

人の手で行うラジオゾンデ飛揚

写真。人の手で行うラジオゾンデ飛揚

機械で自動的に行うラジオゾンデ飛揚

写真。機械で自動的に行うラジオゾンデ飛揚

エ.ウィンドプロファイラ観測

ウィンドプロファイラは地上から上空に向けて電波を発射し、気流の乱れや雨粒によって散乱してはね返ってきた電波を受信し、ドップラー効果を利用して上空の風向・風速を10分毎に300メートルの高度間隔で連続して観測します。気象条件によって観測データが得られる高度は変動しますが、最大12キロメートル程度までの上空の風向・風速が観測できます。ウィンドプロファイラで得られる観測データは、数値予報に利用されるほか、実況監視にも利用されており、局地的大雨や突風等の解析や予測に必要不可欠なものとなっています。

ウィンドプロファイラによる上空の風の観測の概要図

図。ウィンドプロファイラによる上空の風の観測の概要図

天頂と天頂から東西南北に傾けた上空の5方向に電波を発射します。各方向からはね返ってきた電波の周波数のずれ(ドップラー効果)から上空の風向・風速を観測します。

ウィンドプロファイラ観測例1

図。ウィンドプロファイラ観測例1

平成26年(2014年)台風第18号通過時の観測例
台風通過前後で風向きが南寄りから北寄りに変化している様子。

ウィンドプロファイラ観測例2

図。ウィンドプロファイラ観測例2

10分毎の観測データの、高度1,000フィート(約300m)毎の風向・風速の矢羽根表示と、1,000フィート(約300m)毎の鉛直シアーを色分け表示したものです。赤枠内では鉛直シアーが大きくなっており乱気流が発生する可能性があります。

ウィンドプロファイラ観測網

図。ウィンドプロファイラ観測網

気象庁では全国33か所にウィンドプロファイラを設置しています。(平成27年4月現在)

ウィンドプロファイラの外観

写真。ウィンドプロファイラの外観

観測局(清水)の全景。フェンス内に11個のアンテナが設置されています。

コラム 40歳を迎えたアメダス

アメダスで観測された降水量や気温などの観測データは、警報・注意報などの防災気象情報に欠かせない基礎情報であるとともに、テレビの天気予報コーナーなどでも広く親しまれています。

アメダスは、正式名称「地域気象観測システム」の英名Automated Meteorological Data Acquisition Systemの略称です。前身となる区内気象観測(委託による有人気象観測)業務を引き継いで、日本全国に設置された無人の自動気象観測所からリアルタイムに観測データを収集する画期的なシステムとして、昭和49年(1974年)11月1日に運用を開始しました。昨年(平成26年(2014年))の同日には満40歳を迎えたことになります。

運用開始当初は、全国923地点の降水量のデータのみでしたが、順次「気象計」と呼ばれる観測装置が整備され、現在と同じ約1,300地点の観測網が完成したのは、スタートから約4年後の昭和54年(1979年)3月のことでした。

初代のシステムではデータ収集に公衆電話回線を利用しており、そのため災害が発生して被災地に電話が集中し回線が輻輳すると、データ集信率が落ちるということもありました。また、観測データも現代のようなディスプレイ表示ではなく、紙に印刷出力されるという運用でした。

その後のシステム更新・高度化を通じて、データ集配信の信頼性・安定性は向上し、また、数値形式でデータを配信し、Webで様々なスタイルで表示・利用するなど、データの利便性向上が図られています。また、最大瞬間風速の観測開始(平成20年(2008年))など、観測強化も図られてきました。

気象庁では、今後も24時間365日、我が国の基盤的気象観測網である「アメダス」による信頼性の高い高品質なデータの収集・配信に努めてまいります。

発足当時の地域気象観測センターシステム

写真。発足当時の地域気象観測センターシステム

各観測所からのデータ収集状況やセンターシステムの稼働状況を監視するための端末装置。当時、センターシステム整備を担当した電電公社(現NTT)の建物内に設置され、気象庁職員が常駐して監視した。

アメダスデータの利用例

図。アメダスデータの利用例

アメダスデータの利用例。左:初代システムでの気象台での利用例。プリンターで出力可能な文字のみで帳票や分布図を紙に出力し、利用されていた。右:現在の気象庁HPでのアメダスデータ表示。色つきの数値などグラフィカルな表示が可能に。

コラム 「東京」の気象観測地点の変更について

平成26年(2014年)12月2日、気象庁は「東京」の気象観測地点を千代田区大手町から北の丸公園に変更しました。これに伴い、天気予報や気象情報などで発表する「東京」の気温、降水量等も、新しい地点での観測に基づいた値となっています。

「東京」の気象観測地点の変更は、明治初期からの140年にわたる気象観測の歴史において、今回で4回目です。「東京」での観測は明治8年(1875年)に当時の赤坂区溜池葵町(現在の港区虎ノ門)で開始された後、数回の変更を経て、昭和39年(1964年)から千代田区大手町(気象庁本庁構内)で行われてきました。

今回の変更は、気象庁本庁の移転計画に伴って50年ぶりに行われたもので、観測に適した環境を長期的に維持しつつ、過去100年以上にわたり近接地域で行ってきた観測の連続性を継続できる地点として、北の丸公園が選定されました。

なお、観測施設の周辺環境の違いにより、観測要素によっては地点変更の前後で観測値の傾向に差があります。このため、地点変更に合わせ、「東京」の気温等の平年値を新しい気象観測地点に適した値へと更新しました(右下図)。最高気温にはほとんど違いはありませんが、最低気温については、年平均で約1.4℃低くなる傾向があります。

「東京」の気象観測地点

図。「東京」の気象観測地点

(左)北の丸公園の新しい観測施設 (右)地点変更の歴史

地点変更前後の「東京」の日最低・最高気温(平年値)

図。地点変更前後の「東京」の日最低・最高気温(平年値)

CSVファイル[0.5KB]


オ.静止気象衛星観測

気象庁は、現在まで35年以上にわたって、静止気象衛星「ひまわり」による観測を続けてきました。平成27年(2015年)7月頃からは、「ひまわり7号」に替えて「ひまわり8号」による観測を開始する計画です(トピックス1「観測機能を大幅に強化した静止気象衛星「ひまわり8号」」参照)。

静止気象衛星の最大の利点は、同じ地域を常に観測できるという点です。東経140度付近の赤道上空約35,800キロメートルの静止軌道上にあることで、地球の自転周期に合わせて周回することとなり、日本を含む東アジア・西太平洋地域の広い範囲を、24時間常時観測することができます。特に、観測地点が少ない海上の台風を監視するために不可欠な観測手段となっています。

「ひまわり」の変遷

図。「ひまわり」の変遷

「ひまわり」の観測範囲と気象庁の台風監視領域

図。「ひまわり」の観測範囲と気象庁の台風監視領域

太平洋上から沖縄地方に接近する平成26年台風第8号の監視

図。太平洋上から沖縄地方に接近する平成26年台風第8号の監視

(左)7月6日9時 フィリピンの東海上、(中)7月7日9時 沖縄の南海上、(右)7月8日9時 沖縄本島と宮古島の間

台風は海面水温の高い海上で発達する傾向があるため、台風を監視する際には海面水温の状況を把握することが重要です。下の図のように、「ひまわり」画像を処理することにより海面水温を算出することができます。

海面水温の算出

図。海面水温の算出

平成27年1月26日12時の「ひまわり7号」画像から算出した海面水温(実況値)。白い部分は、雲があるため海面水温が算出できない所。

下の図の「ひまわり」画像では、オホーツク海に白い流氷(矢印部分や知床半島から国後島にかけての白い領域)が見られます。連続的に観測した画像を解析することで、流氷の動きを捉えることができます。図の例では、流氷がオホーツク海を南下して、北海道に向かっている様子が分かります。

流氷の監視

図。流氷の監視

平成24年2月19日14時の「ひまわり」画像。矢印は流氷の動きであり、矢印の色で動きの速さ(寒色から暖色になるにつれて速くなる)を表す。

このほかにも、衛星観測データは上空の風向・風速の算出、上空の黄砂や火山灰の監視などに幅広く利用されています。また、「ひまわり」の観測データは、アジア・太平洋を中心とした世界各国の気象機関でも利用されています。

「ひまわり」にはデータを中継する通信機能もあり、国内外の離島などに設置された観測装置の気象データや潮位(津波)データ、国内主要地点の震度データなどの収集に活用されています。

「ひまわり8号」では、「ひまわり7号」より短い時間間隔で高い分解能の画像を撮影でき、画像の種類も増えるため、台風の状況や大雨・突風をもたらす積乱雲の状況を、より詳細かつ早期に捉えることができると期待されています。気象庁では、この新しい衛星で得られる観測データの利用技術についても開発を進めているところです(第1部第2章第2節2「新しい静止気象衛星「ひまわり8号」の観測データ利用技術の開発(127ページ)」参照)

カ.潮位・波浪観測

気象庁では、高潮・副振動・異常潮位及び高波等による沿岸の施設等への被害の防止・軽減のため、全国各地で潮位(潮汐)と波浪の観測を行っています。潮位の観測は検潮所や津波観測点の観測装置、波浪の観測は沿岸波浪計、ブイ、観測船を使用して行っています。また、他機関の観測データも活用してきめ細かい実況の監視に努めています。

一方、スーパーコンピュータを用いた高潮モデルや波浪モデルにより、それぞれ潮位や波浪の予測値を計算しています。これらの資料と実況監視データを用いて、各地の気象台では、高潮特別警報・高潮警報・高潮注意報、波浪特別警報・波浪警報・波浪注意報、気象情報や潮位情報を発表し、沿岸域での浸水等の被害や船舶の海難事故に対する注意・警戒を呼びかけています。

潮位と波浪の情報(情報の流れ)

図。潮位と波浪の情報(情報の流れ)

気象庁では高潮モデルや波浪モデルの結果と最新の潮位や波浪の観測値を利用して潮位や波浪の状況を予測し、高潮や波浪の特別警報・警報・注意報をはじめとする防災情報を発表しています。

3 異常気象などの監視・予測

ア.異常気象の監視

気象庁では、原則として「ある場所(地域)・ある時期(週、月、季節等)において30年間に1回以下の頻度で発生する現象」を異常気象としています。

気象庁では、世界中から収集した観測データ等をもとに、我が国や世界各地で発生する異常気象を監視して、極端な高温・低温や大雨・少雨などが観測された地域や気象災害について、週ごとや月ごと、季節ごとにとりまとめて発表しています。また、社会的に大きな影響をもたらした異常気象が発生した場合は、特徴と要因、見通しをまとめた情報を随時発表し、気象庁ホームページでも公表しています。例えば、平成26年は、北米の顕著な寒波や米国南西部の少雨に関する情報等を発表しました。

平成26年(2014年)11月における異常気象や気象災害

図。平成26年(2014年)11月における異常気象や気象災害

異常気象が観測された地点がある程度まとまって現れた場合にその地域を曲線で囲み、番号を付しています。
また、被害や社会的な影響の大きな気象災害についても記号で示し、同じく番号を付しています。

我が国への影響が大きな異常気象が発生した場合は、異常気象分析検討会(写真)を開催し、大学・研究機関等の第一線の研究者の協力を得て最新の科学的知見に基づいた分析を行い、異常気象の発生要因等に関する見解を迅速に発表します。例えば、平成26年は、西日本を中心に記録的な多雨・寡照となった8月の不順な天候に関する臨時の異常気象分析検討会を9月3日に開催し、分析結果を発表しました(9ページの特集1(2)を参照)

異常気象分析検討会

写真。異常気象分析検討会

イ.エルニーニョ・ラニーニャ現象の監視と予測

エルニーニョ現象とは、太平洋赤道域の中央部から南米ペルー沿岸にかけての広い海域で、海面水温が平年より高い状態が、数年おきに半年から一年半程度続く現象です。一方、同じ海域で海面水温が平年より低い状態が続く現象をラニーニャ現象と呼びます。エルニーニョ現象やラニーニャ現象が発生すると、日本を含む世界の様々な地域で多雨・少雨・高温・低温など、通常とは異なる天候が現れやすくなります。また、西太平洋熱帯域やインド洋熱帯域の海面水温の状態が日本や世界の天候に影響を与えていることが、近年明らかになってきました。

気象庁では、エルニーニョ・ラニーニャ現象や、西太平洋熱帯域・インド洋熱帯域の海洋変動に関する最新の状況と6か月先までの見通しを、「エルニーニョ監視速報」として毎月10日頃に発表しています。

エルニーニョ現象等監視海域およびエルニーニョ現象時の海面水温平年差

図。エルニーニョ現象等監視海域およびエルニーニョ現象時の海面水温平年差

陰影:平成9年(1997年)11月の海面水温平年差

エルニーニョ現象発生時の世界の天候の特徴(3か月平均)

図。エルニーニョ現象発生時の世界の天候の特徴(3か月平均)

ラニーニャ現象発生時の世界の天候の特徴(3か月平均)

図。ラニーニャ現象発生時の世界の天候の特徴(3か月平均)

4 気象庁の基盤情報システムとインターネットを通じた情報提供

気象庁では、国内外の関係機関から気象などの観測データを収集し、これを解析、予測することで、特別警報・警報・注意報などの防災気象情報を作成し、防災関係機関や報道機関を通して広く国民に伝達しています。観測データの収集や情報伝達、解析や予測には気象資料総合処理システム(COSMETS)を使用しています。気象資料総合処理システムは解析や予測を担うスーパーコンピュータシステムと通信機能を担う気象情報伝送処理システムの2つのシステムで構成されています。スーパーコンピュータシステムは、世界各地の観測データ、気象衛星(ひまわり)の観測データなどを使って気圧や気温など大気の状態を詳しく解析し、さらに解析結果から物理法則に基づくモデル計算により大気の今後の変化を予測します。気象情報伝送処理システムは、最新の地上・高層気象観測や気象レーダー観測のデータ、沿岸波浪計や潮位計、船舶などによる海洋観測のデータ、震度観測データなどのほか、都道府県などが行う雨量観測や震度観測などのデータを収集しています。また、世界の気象機関が協力して運用する全球通信システム(GTS)の通信中枢として関係国と観測データの交換を行っています。これらの観測データ、解析・予測の情報、地震・津波や火山に関する情報を、国内の気象官署や防災関係機関、外国の気象機関などに提供するとともに、民間気象業務支援センターを通じて民間の気象事業者や報道機関などに提供しています。各気象台との情報伝達経路となる国内の基盤通信網の2重化に加え、東日本と西日本にそれぞれ中枢を持つ気象情報伝送処理システムの相互バックアップ機能により、大規模災害時にも安定して各種観測データの収集や予報、防災情報などの伝達を継続できるように信頼性の向上を図っています。

気象観測データ・予測資料等の流れ

図。気象観測データ・予測資料等の流れ
○世界気象機関(WMO)情報システム(WIS)

世界気象機関(WMO)情報システム(WIS:WMO Information System)は、気象に関するデータやプロダクトなどの情報を国際的に効率よく交換・提供するために、WMOが構築・展開を進める情報基盤です。WISでは、従来の基盤情報網である全球通信システム(GTS)により即時的に交換される観測データ等に加え、気象衛星や気候データ等の様々な気象情報のカタログを整備することでデータの検索やアクセスを容易としており、ビッグデータである気象情報の有効活用を行っています。

WMO情報システムの概念

図。WMO情報システムの概念

WISは、中核となる全球情報システムセンター(GISC:Global Information System Centre)、各種気象情報を提供するデータ収集作成センター(DCPC:Data Collection or Production Centre)、各国気象局など(NC:National Centre)から構成されます。

世界中のデータやカタログの管理・交換を行うGISCは、気象庁を含め世界に15か所配置され、責任域国を分担してWMO各地区をカバーしています。気象庁は、このGISCと8つのDCPCの運用を、世界に先駆けて平成23(2011)年8月から開始しました。

気象庁は、GISC東京として、GISC間でのデータやカタログの管理・交換を行うとともに、責任域国であるアジア地域(第Ⅱ地区)のカンボジア、タイ、ベトナム、ミャンマー、ラオス及び台風などで連携の強い南西太平洋地域(第Ⅴ地区)のフィリピンに対し、WISを通じた気象業務の支援を積極的に行い、気象災害の軽減等に貢献しています。

WMOの地区とWISの各センター配置状況(◎:GISC ▲:DCPC 平成27年1月現在)

図。WMOの地区とWISの各センター配置状況(◎:GISC ▲:DCPC 平成27年1月現在)
○気象庁ホームページ

気象庁ホームページ*では、気象庁の組織や制度の概要、広報誌などの行政情報をはじめ、気象の知識などの情報を提供するとともに、天気予報や気象警報・注意報、地震、津波などの防災情報を掲載しています。平成26年は、1日当たり約1,600万ページビュー、台風第19号が上陸した10月13日には過去最高の5,800万ページビューのアクセスがありました。

* http://www.jma.go.jp/jma/index.html

気象庁ホームページのトップページ

図。気象庁ホームページのトップページ
○防災情報提供センター

国土交通省は、省内の各部局等が保有する様々な防災情報を集約して、インターネットを通じて国民の皆様へ一つのホームページから提供するため、「防災情報提供センター」というウェブサイト(http://www.mlit.go.jp/saigai/bosaijoho/)を運用しており、その運営は気象庁が担当しています。

このウェブサイトからは、国土交通省の各部局等や都道府県などの雨量情報を一覧できる「リアルタイム雨量」や国土交通省内の各レーダーそれぞれの長所を生かして統合した「リアルタイムレーダー」をはじめ、河川、道路、気象、地震、火山、海洋などの各種の災害・防災情報を容易に入手することができます。

また、携帯端末向けのホームページ(http://www.mlit.go.jp/saigai/bosaijoho/i-index.html)では、屋外などパソコンが使えないような場所でも、気象警報、竜巻や降水のナウキャスト情報などの気象情報のほか、津波警報や潮位情報等の防災情報を入手できるようにしています。

リアルタイムレーダーの提供ページ

図。リアルタイムレーダーの提供ページ

平成26年8月9日17時00分のリアルタイムレーダー画像(国土交通省提供)。四国の南にある台風第11号に伴う強い雨雲が観測されています。同日17時20分に三重県に大雨特別警報が発表されました。

2 地震・津波と火山に関する情報

1 地震・津波に関する情報の発表と伝達

地震による災害には、主に地震の揺れ(地震動)によるものと、地震に伴って発生する津波によるものとがあります。これらの災害を軽減するため、気象庁は、地震と津波を24時間体制で監視し、その発生時には、予測や観測結果の情報を迅速に発表します。地震発生直後の地震及び津波の情報は、防災関係機関の初動対応などに活用されています。

地震津波情報作成・伝達の流れ

図。地震津波情報作成・伝達の流れ

ア.地震に関する情報

気象庁は、全国約300か所に設置した地震計や国立研究開発法人防災科学技術研究所等の関係機関の地震計のデータを集約して、地震の発生を24時間体制で監視しています。また、地面の揺れの強さを測る震度計を全国約670か所に設置し、地震発生時には、これらの震度計及び地方公共団体や国立研究開発法人防災科学技術研究所が設置した震度計のデータを集約(全国で合計約4,400か所)しています。気象庁は、これらのデータを基に地震発生時には次の情報を発表しています。

地震観測網

図。地震観測網

地震情報に活用している震度観測網

図。地震情報に活用している震度観測網
① 緊急地震速報(地震動特別警報・地震動警報・地震動予報)

緊急地震速報は、地震の発生直後に震源に近い地震計でとらえた観測データを解析して、震源や地震の規模(マグニチュード)を直ちに推定し、これに基づいて各地での主要動の到達時刻や震度を予測し、可能な限り素早く知らせる情報です。強い揺れの前に、自らの身を守ったり、列車のスピードを落としたり、工場等で機械制御を行ったりして、被害の軽減が図られています。最大震度5弱以上の揺れを予想した際には、震度4以上の揺れが予想される地域に対し、地震動特別警報(震度6弱以上の揺れが予想される場合)・地震動警報に相当する緊急地震速報(警報)を発表し、強い揺れに警戒する必要があることをテレビ・ラジオ・携帯電話等を通じてお知らせします。また、マグニチュードが3.5以上又は最大予測震度が3以上である場合等には、緊急地震速報(予報)を発表します。民間の予報業務許可事業者は、緊急地震速報(予報)の震源やマグニチュードを用いて、特定の地点の主要動の到達時刻や震度を予報し、ユーザーに対して専用端末等を通じ、音声や文字等で知らせたり、機械を制御する信号を発したりする個別のサービスを行っています。

緊急地震速報の年別発表回数

図。緊急地震速報の年別発表回数

CSVファイル[0.2KB]

② 観測した結果を整理した情報

気象庁は、観測した地震波形などのデータから推定した震源の位置、マグニチュードや観測した震度(揺れの強さ)などの情報を迅速に発表しています。地震発生の約1分半後には、震度3以上が観測されている地域を示す「震度速報」を、その後、震源の位置や震度3以上を観測した市町村名など、観測データの収集にあわせて詳細な情報を発表します。震度の情報はテレビやラジオなどで報道される他、防災関係機関の初動対応の基準や災害応急対策の基準として活用されています。

地震情報

図。地震情報

イ.津波に関する情報

気象庁は、地震により日本沿岸に津波が到達するおそれがある場合には津波警報等を発表するとともに、津波の到達予想時刻や予想される津波の高さを津波情報で発表します。また、気象庁や関係機関が沿岸及び沖合に設置した約230か所の津波観測施設のデータを活用して津波を監視し、津波が観測されると津波情報等で観測結果を発表します。沖合の津波観測施設については、ケーブル式海底津波計やGPS波浪計に加え、平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震の後に気象庁が整備したブイ式海底津波計を活用しています。

津波観測網

図。津波観測網

平成27年3月26日現在

① 大津波警報・津波警報・注意報、津波予報、津波情報

海域で規模の大きな地震が発生し、地震と同時に発生する地殻変動によって海底面が大きく持ち上がったり下がったりすると、津波が発生します。気象庁は、陸域へ浸水するなど重大な災害が起こるおそれのある津波が予想される場合には「津波警報」(高さ1~3メートル)を、より甚大な災害となるおそれがある場合は特別警報に位置づけられている「大津波警報」(高さ3メートル超)を、海の中や海岸、河口付近で災害の起こるおそれのある津波が予想される場合には「津波注意報」(高さ0.2~1メートル)をそれぞれの津波予報区に発表します。なお、地震発生後、津波が予想されても災害が起こるおそれがない0.2メートル未満の高さの場合には、「津波予報」(若干の海面変動)を発表します。

ただし、マグニチュード8を超えるような巨大地震が発生した場合は、地震発生から数分程度では地震の規模を正確に求めることができないため、その海域における最大級の津波を想定して津波警報の第1報を発表します。このとき、非常事態であることを簡潔に伝えるため、予想される津波の高さを「巨大」(大津波警報の場合)、「高い」(津波警報の場合)という言葉で発表します。このような表現を用いた場合でも、地震発生から15分ほどで正確な地震の規模を把握し、それに基づき津波警報を更新し、予想される津波の高さを数値で発表しなおします。

津波警報等の発表後、沖合で津波を観測した場合には、もう間もなく沿岸に津波が到達する可能性が高いことから、その観測点における第一波の到達時刻、最大の高さなどの観測値に加え、その観測値から推定される沿岸での津波の到達時刻や高さの予想を「沖合の津波観測に関する情報」で発表します。

また、沿岸で津波を観測した場合には、観測した事実をすみやかに知らせるため、第一波の到着時刻、最大の高さなどの観測値を「津波観測に関する情報」で発表します。

巨大地震時の津波警報のイメージ

図。巨大地震時の津波警報のイメージ

津波警報・注意報

図。津波警報・注意報

※ 大津波警報は、特別警報に位置づけられています。

津波情報

図。津波情報

※この情報で発表される到達予想時刻は、各津波報告区でもっとも早く津波が到達する時刻です。場所によっては、この時刻よりも1時間以上遅れて津波が襲ってくることもあります。

津波予報

図。津波予報

コラム 長周期地震動に備える

東日本大震災の時に、東京で超高層ビルが大きくゆっくり揺れ続けている映像をご覧になった方も多いと思います。これは「長周期地震動」という地震の揺れによるものです。

長周期地震動とは、ゆっくり繰り返す長い周期の揺れのことです。マグニチュードの大きい地震ほど長周期の揺れの影響が大きくなります。長周期地震動は、高層ビルの固有周期(揺れやすい周期)と一致しやすく、木造家屋や低層の建物ではほとんど揺れを感じないのに、高層ビルは共振して大きく長く揺れる場合があります。長周期地震動で高層ビルが大きく揺れると、低層階よりも高層階で揺れが大きくなります。高層ビルが大きく揺れることで、室内の家具類が転倒・移動し、凶器になります。また、エレベータが故障することもあります。

東日本大震災の時は、東京都内の超高層ビルの中には10分以上にわたり大きく揺れたものもありました。また、長周期地震動は短い周期の波に比べて減衰しにくいため遠くまで伝わります。東日本大震災では、震源から700km以上離れた大阪市の超高層ビルでも内装材や防火扉が破損するなどの被害が出ました。

以下のような事前の対策は、ビル等における長周期地震動による大きな揺れに対しても有効です。

  1. 家具や什器の固定を行い、転倒を防止するように努めましょう。
  2. 停電や断水に備え、水や食糧、簡易トイレ等を十分に備蓄しておきましょう。
  3. 怪我に備え、救急用品を事前に準備し、使い方を練習しておきましょう。

気象庁では、地震発生後、震度の情報を発表していますが、震度は地表面付近の比較的周期の短い揺れを対象とした指標で、高層ビルの高層階における長周期の揺れの程度を表現するのに十分ではないことから、概ね14、15階建以上の高層ビルを対象として、4つの階級に区分した揺れの大きさの指標である「長周期地震動階級」を新たに導入し、平成25年3月から気象庁ホームページ上で「長周期地震動に関する観測情報」の発表を試行的に開始しました。

地震が発生したら、高層階では消防や救急による救護が低層階より時間を要する可能性もありますので、協力して応急救護を行う等の共助を行いましょう。

長周期地震動階級関連解説表

図。長周期地震動階級関連解説表

ウ.東海地域の地震・地殻変動の監視と情報提供

東海地震は、駿河湾から静岡県の内陸部を震源域とし、いつ発生してもおかしくないと考えられている大規模な地震で、現在、科学的な直前予知の可能性がある地震と考えられています。東海地震は陸側のプレート(地球表面を覆う厚さ数十~百キロメートル程度の岩石の層)とフィリピン海プレートの境界で起こる地震です。プレート境界には普段は強くくっついている領域があります。東海地震の前にはこの領域の一部が少しずつすべり始め、最終的に急激に大きくずれて強い揺れを発生させ東海地震になると考えられています。この少しずつすべり始める現象を「前兆すべり(プレスリップ)」といいます。東海地震の予知は、この前兆すべりに伴う地盤の伸び縮み(地殻変動)を捉えることで行います。気象庁は、東海地震の発生を予知し、国民の防災・減災行動に役立てるため、関係機関の協力を得て、東海地域とその周辺に展開された地震計やひずみ計などのデータを収集し、この地域の地震と地殻変動を24時間体制で監視しています。

前兆すべり(プレスリップ)

図。前兆すべり(プレスリップ)

気象庁は、観測データに異常が現れた場合、地震学等の専門家から構成される地震防災対策強化地域判定会(判定会)を開催し、東海地震に結びつくかどうかを3段階からなる「東海地震に関連する情報」で発表します。防災機関等はこの情報内容に応じた段階的な防災対応をとります。

ただし、前兆すべりの規模が小さい場合などには、前兆現象を捉えることができず、上記の情報を発表できないまま東海地震が発生する可能性もあります。

東海地震の想定震源域と地震・地殻変動観測網

図。東海地震の想定震源域と地震・地殻変動観測網

東海地震に関連する情報の流れ

図。東海地震に関連する情報の流れ

質問箱 地震は予知できるのですか?

我々の足元がいつ揺れるのか?ということは古くから人々の関心事です。科学技術の進歩によって、「揺れ」の予測である緊急地震速報は実用化されました。しかし、揺れの発生原因である「どの断層が、いつ、どのくらいずれるか」の予測、つまり「地震予知」は、これまでさまざまな研究が続けられていますが、残念ながら実用的な手法が確立されるには至っていません。皆さんも週刊誌などで、「○○地方で△月ごろマグニチュード×の地震が起きる」、あるいは「地震予知は不可能である」というまったく正反対の主張が飛び交っていることをご覧になったことがあると思います。

例えば、「ある観測データに異常があった。来週○○地方で地震が起きる」と言っている人がいるとします。このような予知手法の妥当性を確かめるには単に予知内容の当たりはずれだけではなく、「ある観測データに異常があったのに、○○地方では地震が起きなかった」、「あるデータに異常がなかったのに○○地方で地震が起きた」、「ある観測データに異常がなく、○○地方では地震も起きなかった」という全ての事例について調べる必要があります。また、予知内容の評価の仕方にも注意が必要で、「東日本のどこかで来年マグニチュード6の地震が起きる」、あるいは「関東地方で8月にマグニチュード7の地震が起きると言ったが、実際のマグニチュードは4.8だった」、「8月に起きるといっていた地震が12月に起きた」等のように、予知された地震の場所、時期、規模のどれか一つでも曖昧に扱われることがあれば、予知は一見当たったように見えてしまいます。これらは科学的な地震予知とは言えません。日本は地震活動が大変活発な地域ですが、被害をもたらすような巨大な地震は、ある対象地域に注目すれば数百年から数千年に一度という、人間の社会生活と比較すればきわめて頻度の少ない現象です。比較的長く行われている地震や地殻変動の観測すら、近代的なリアルタイム観測が始まってから数十年ほどしかたっていません。気象庁は現在「東海地震に関連する情報」に加え、伊豆半島東部地域で40回以上繰り返し発生している群発地震の解析に基づいた「伊豆東部の地震活動の見通しに関する情報」のような限られた地域に対して地震予知に関わる情報を発表していますが、これらを含め、「どの断層がずれるのか」、「いつ断層がずれるのか?」、あるいは「断層がどこまでずれるのか?」については分からないことが多く残っています。そもそも地震の前に普段と違う現象を見聞きしたというだけで、その現象が一足飛びに大地震の発生と関連づけられるわけではありません。地震予知手法の確立には数多くの観測事例の蓄積に基づく科学的な検証が必要なのです。

コラム 8年ぶりに発生した長期的ゆっくりすべり

2013年はじめ頃より、静岡県西部から愛知県東部に設置してあるGNSS観測装置やひずみ計に、浜名湖付近で「長期的ゆっくりすべり」と呼ばれる現象が発生した可能性を示す地殻変動が観測されました。

東海地域の陸側のプレートとフィリピン海プレートの境界には、東海地震の想定震源域と呼ばれる強くくっついている領域があると考えられています。フィリピン海プレートの沈み込みに伴いこの想定震源域にはひずみが溜まり、限界に達するとすべり始め、最終的に急激に大きくずれ動き強い揺れを発生させます。しかし、プレート境界の想定震源域より深い部分では、揺れを発生させず陸側のプレートが沈み込む方向とは逆方向に数年間に渡り年間数センチメートルのスピードでゆっくりずれ動く現象が、繰り返し発生している事が判ってきました。この現象が「長期的ゆっくりすべり」です。なお、東海地震の前兆現象と考えられる「前兆すべり」とは現象の継続時間、ずれ動くスピードの増加、規模等が異なる現象です。

南海トラフ沿いの長期的ゆっくりすべりの発生例

図。南海トラフ沿いの長期的ゆっくりすべりの発生例

左の地図上の色付きの領域は、長期的ゆっくりすべりが発生している範囲を示す。黒丸は深部低周波地震を示す。右図の四角は、長期的ゆっくりすべりを示し、四角の横幅は発生期間を表しています。

この「長期的ゆっくりすべり」は、東海地域のほかに紀伊水道、四国、豊後水道や日向灘でも発生していると考えられています。東海地域では、2000年秋頃から2005年夏頃に発生しており、今回は約8年ぶりに発生した事となります。また、1980年から1982年頃、1989年から1990年頃にも発生したとみられており、これまでの経験から東海地震に直ちに結び付く現象ではないと考えられています。

しかし、「長期的ゆっくりすべり」も東海地震と同様にプレート境界で発生する現象であることから、なんらかの影響を与えていることは十分考えられます。このため、東海地震に備えるべく気象庁では関係機関の協力を得ながら、「長期的ゆっくりすべり」も含め、プレート境界の状況について常に注意深く監視しています。

想定震源域とゆっくりすべりの位置関係

図。想定震源域とゆっくりすべりの位置関係

長期的ゆっくりすべりの発生場所よりプレート境界の深い部分では、短期的ゆっくりすべりと呼ばれる現象が発生しています。


エ.地震調査研究の推進とその成果の気象業務への活用

「平成7年(1995年)兵庫県南部地震」(阪神・淡路大震災)を契機に制定された地震防災対策特別措置法(平成7年法律第111号)により、政府の特別の機関として地震調査研究推進本部が文部科学省に設置されました。この地震調査研究推進本部が策定した「地震に関する基盤的調査観測計画」に基づいて、気象庁は文部科学省と協力して、平成9年より大学や国立研究開発法人防災科学技術研究所などの関係機関から提供された地震観測データを処理することにより、日本やその周辺で発生する地震活動の詳細な把握が可能となりました。

気象庁では、これらの結果を地震情報に活用するとともに、地震調査研究を推進するため、地震活動の評価を行っている地震調査研究推進本部地震調査委員会や大学など関係機関へ提供しています。

コラム 全国地震動予測地図

地震調査研究推進本部の地震調査委員会では、活断層で発生する地震と海溝型地震の長期的な発生確率を評価するとともに、いくつかの震源断層を対象に強震動を予測し、これらを組み合わせた地震動予測を行い、全国を概観した地震動予測地図として公表してきました。

この全国地震動予測地図については、平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震が発生し、確率論的地震動予測地図について解決すべき多くの課題が指摘されたことなどにより、公表を見送り、その作成手法の基本的な枠組みの有効性を確かめるとともに、指摘された課題の検討を行ってきました。それらの検討を踏まえて作成したモデルに基づいた確率論的地震動予測地図が、「今後の地震動ハザード評価に関する検討~2011年・2012年における検討結果~」、「今後の地震動ハザード評価に関する検討~2013年における検討結果~」として、それぞれ2012年、2013年に公表されました。

平成26年(2014年)も引き続き課題の検討を行うとともに、モデルの作成を行ってきました。その結果、これまでに行った検討結果を踏まえた確率論的地震動予測地図の作成が完了したため、震源断層を特定した地震動予測地図も含めて「全国地震動予測地図2014年版~全国の地震動ハザードを概観して~」(2014年版)として平成26年12月に公表しました。

(ホームページ:http://www.jishin.go.jp/main/chousa/14_yosokuchizu/index.htm

全国地震動予測地図 2014年版

図。全国地震動予測地図 2014年版

今後30年間に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率
(出典)地震調査研究推進本部


2 火山の監視と防災情報

ア.火山の監視

① 110活火山と火山監視・情報センター

我が国には110の活火山があります。気象庁では、本庁(東京)及び札幌・仙台・福岡の各管区気象台に設置された「火山監視・情報センター」において、これらの活火山の火山活動を監視しています。110の活火山のうち、今後100年程度の期間の噴火の可能性及び社会的影響を踏まえ「火山防災のために監視・観測体制の充実等が必要な火山」として火山噴火予知連絡会によって選定された47火山については、噴火の前兆を捉えて噴火警報等を適確に発表するために、観測施設(地震計、傾斜計、空振計、GNSS観測装置及び遠望カメラ)を整備し、関係機関(大学等研究機関や自治体・防災機関等)からのデータ提供も受け、火山活動を24時間体制で常時観測・監視しています。

また、47火山以外の火山も含めて、各センターの「火山機動観測班」が現地に出向き計画的に現地調査を行っており、火山活動に高まりが見られた場合には、必要に応じて現象をより詳細に把握するために観測体制を強化しています。特に噴気活動の活発化・拡大がみられている弥陀ヶ原(富山県)や地震活動が活発化した八甲田山(青森県)については、現地に臨時の地震計などを設置、同じく地震活動が活発化した十和田(青森県、秋田県)では、周辺の地震計を利用して火山活動を24時間体制で監視しています(平成27年5月現在)。全国の活火山について、観測・監視の成果を用いて火山活動の評価を行い、噴火の発生が予想された場合には「警戒が必要な範囲」(この範囲に入った場合には生命に危険が及ぶ)を明示して噴火警報を発表しています。

火山監視・情報センターにおける24時間監視と噴火警報等の発表

図。火山監視・情報センターにおける24時間監視と噴火警報等の発表

全国110の活火山と47の常時観測火山

図。全国110の活火山と47の常時観測火山
② 火山活動を捉えるための観測網

火山噴火の前には、マグマや高温高圧の水蒸気が地表付近まで上昇するため、普段は見られない様々な現象(地震の群発、火山性微動の発生、地殻変動、噴気温度の上昇、噴煙や火山ガスの増加など)が起きます。

これらの噴火に先行する現象をとらえられるよう高感度の観測機器を用いて火山現象に応じた適切な監視・観測をしています。

噴火の前兆現象と火山観測

図。噴火の前兆現象と火山観測

○震動観測(地震計による火山性地震や火山性微動の観測)

震動観測は、地震計により、火山体内部で発生する微小な地震(火山性地震や火山性微動)をとらえるものです。

○空振観測(空振計による音波観測)

空振観測は、火山の爆発的噴火などで生じる空気の振動をとらえるものです。天候不良等により遠望カメラで火山の状況を監視できない場合でも、地震記録や空振記録等を分析することにより、噴火の発生と規模をいち早く検知することができます。

写真と図。空振計、(上)地震波形、(下)空振波形、地震計

○地殻変動観測(傾斜計、GNSS等による地殻変動観測)

地殻変動観測は、地下のマグマの活動等に伴って生じる地盤の傾斜変化や山体の膨張・収縮を観測するものです。傾斜計では火山周辺で発生するごく微小な傾斜変化をとらえることができ、また、GNSS観測装置では、他のGNSS観測装置と組み合わせることで火山周辺の地殻の変形を検出することができます。いずれも地下のマグマ溜まりの膨張や収縮を知り、火山活動の推移を予想(評価)するための重要な手段となります。

写真、GNSS観測装置、傾斜計(観測孔に埋設)。図、傾斜計観測により、2009年の浅間山噴火で観測された傾斜変動

○遠望観測(遠望カメラ等による観測)

遠望観測は、定まった地点から火山を遠望し、噴煙の高さ、色、噴出物(火山灰、噴石など)、火映などの発光現象等を観測するものです。星明かりの下でも観測ができる高感度の遠望カメラを設置しています。

写真。遠望カメラと高感度遠望カメラで夜間に観測された桜島の噴火(平成21年2月1日)
③ 現地調査

気象庁では、噴火時等には必要に応じて火山機動観測班を派遣して観測を行い、火山活動の正確な把握に努めています。また、24時間体制で監視している47火山以外の活火山も含め、火山機動観測班が平常時から計画的に現地に赴き、臨時のGNSS観測、熱やガスなど陸上からの観測やヘリコプター(関係機関の協力)による上空からの観測等を実施し、継続的な火山活動把握・評価に努めています。

○熱観測

赤外熱映像装置を用いて火口周辺の地表面温度分布を観測することにより、マグマや高温の火山ガスなどの活動状態を把握することができます。

写真。浅間山山頂火口内の様子と浅間山山頂火口周辺の地表面温度分布

○上空からの観測

関係機関の協力により、カメラや赤外熱映像装置を用いて、地上からでは近づけない火口内の様子(温度分布や噴煙の状況)や噴出物分布を詳しく調査・把握し、火山活動の評価に活用します。

○火山ガス観測

火口から放出される火山ガスには、水蒸気、二酸化炭素、二酸化硫黄、硫化水素など様々な成分が含まれています。気象庁では、小型紫外線スペクトロメータ(COMPUSS)という装置を用いて二酸化硫黄の放出量を観測し、火山活動の評価に活用します。

写真。噴火後の雌阿寒岳、桜島南岳山頂火口と昭和火口、三宅島 火山ガスを大量に含む噴煙

○噴出物調査

噴火が発生した場合には、噴火の規模や特徴等を把握するため、大学等研究機関と協力して降灰や噴出物の調査を行い、火山活動の評価に活用します。

写真。火山ガス観測(三宅島)、噴出物の調査(浅間山)、降灰調査(霧島市高千穂河原ビジターセンター)

イ.災害を引き起こす主な火山現象

火山は時として大きな災害を引き起こします。災害の要因となる主な火山現象には、大きな噴石、火砕流、融雪型火山泥流、溶岩流、小さな噴石・火山灰、土石流、火山ガス等があります。特に、大きな噴石、火砕流、融雪型火山泥流は、噴火に伴って発生し、避難までの時間的猶予がほとんどなく、生命に対する危険性が高いため、防災対策上重要度の高い火山現象として位置付けられており、噴火警報や避難計画を活用した事前の避難が必要です。

大きな噴石
爆発的な噴火によって火口から吹き飛ばされる大きな噴石は、風の影響を受けずに弾道を描いて飛散して短時間で落下し、建物の屋根を打ち破るほどの破壊力を持っています。大きな噴石による被害は火口周辺の概ね2~4キロメートル以内に限られますが、これまで登山者等が死傷する災害が発生しており、噴火警報等を活用した事前の入山規制や避難が必要です。
火砕流
高温の火山灰や岩塊、空気や水蒸気が一体となって急速に山体を流下する現象です。規模の大きな噴煙柱や溶岩ドームの崩壊などにより発生します。大規模な場合は地形の起伏にかかわらず広範囲に広がり、通過域を焼失させる極めて恐ろしい火山現象です。流下速度は時速数十から百数十キロメートルに達し、温度も非常に高温になるため、火砕流から身を守ることは不可能です。噴火警報等を活用した事前の避難が必要です。
融雪型火山泥流
積雪期の火山において噴火に伴う火砕流等の熱によって斜面の雪が融かされて大量の水が発生し、周辺の土砂や岩石を巻き込みながら高速で流下する現象です。流下速度は時速60キロメートルを超えることもあり、谷筋や沢沿いをはるか遠方まで一気に流下し、大規模な災害を引き起こしやすい火山現象です。積雪期の噴火時等には融雪型火山泥流の発生を確認する前にあらかじめ避難が必要です。
溶岩流
マグマが火口から噴出して高温のまま地表を流れ下るものです。地形や溶岩の温度・組成にもよりますが、流下速度は比較的遅く基本的に徒歩による避難が可能です。
小さな噴石・火山灰
噴火により噴出した小さな固形物で、粒径が小さいほど遠くまで風に流されて降下します。小さな噴石は10キロメートル以上遠方まで運ばれ降下する場合もありますが、噴出してから地面に降下するまでに数分~十数分かかることから、火山の風下側で爆発的噴火に気付いたら屋内等に退避することで身を守ることができます。火山灰は、時には数十から数百キロメートル以上運ばれて広域に降下・堆積し、農作物の被害、交通障害、家屋倒壊、航空機のエンジントラブルなど広く社会生活に深刻な影響を及ぼします。
火山ガス
火山地域ではマグマに溶けている水蒸気や二酸化炭素、二酸化硫黄、硫化水素等の様々な成分が気体となって放出されます。火山ガスは人体に悪影響を及ぼし、死亡事故も発生しています。

ウ.噴火警報

① 噴火警報の対象範囲

気象庁は、噴火災害軽減のため、全国110の活火山を対象として、観測・監視・評価の結果に基づき噴火警報を発表しています。噴火警報は、噴火に伴って発生し生命に危険を及ぼす火山現象(大きな噴石、火砕流、融雪型火山泥流等、発生から短時間で火口周辺や居住地域に到達し、避難までの時間的猶予がほとんどない現象)の発生やその危険が及ぶ範囲の拡大が予想される場合に、「警戒が必要な範囲」(生命に危険を及ぼす範囲)を明示して発表します。

② 噴火警報の名称

噴火警報は、「警戒が必要な範囲」が火口周辺に限られる場合は「噴火警報(火口周辺)」(又は「火口周辺警報」)、「警戒が必要な範囲」が居住地域まで及ぶ場合は「噴火警報(居住地域)」(又は「噴火警報」)として発表し、海底火山については「噴火警報(周辺海域)」として発表します。

これらの噴火警報は、報道機関、都道府県等の関係機関に通知されると直ちに住民等に周知されます。

噴火警報を解除する場合等には「噴火予報」を発表します。なお、「警戒が必要な範囲」が居住地域まで及ぶ場合に発表する「噴火警報(居住地域)」は特別警報として位置づけられています。

噴火警報の種類と「警戒が必要な範囲」について

図。噴火警報の種類と「警戒が必要な範囲」について

※1 噴火警報(居住地域)は、特別警報に位置づけられています。
※2 レベル1の「平常」というキーワードは、「活火山であることに留意」に変わる予定です。

エ.噴火警戒レベル

① 「警戒が必要な範囲」と「とるべき防災対応」

噴火警戒レベルは、火山活動の状況に応じた「警戒が必要な範囲」と防災機関や住民等の「とるべき防災対応」を5段階に区分した指標を用いて、噴火警報・噴火予報で発表されます。地元の火山防災協議会等での共同検討を経て、市町村・都道府県は噴火警戒レベルに応じた「とるべき防災対応」を「地域防災計画」に定めます。

市町村等の防災機関では、合意された警戒が必要な範囲に対して迅速に入山規制や避難勧告等の防災対応をとることができ、噴火災害の軽減につながることが期待されます。

② 噴火警戒レベルの設定と改善

噴火警戒レベルは内閣府の「火山情報等に対応した火山防災対策検討会」の結果を踏まえ、平成19年12月に16火山で運用開始されて以降、平成27年4月現在、30火山に運用を拡大してきました。

気象庁では、今後も常時観測を行う47火山を中心に、火山防災の進捗に向けた取り組みを踏まえ、具体的な避難計画の策定を通じて、噴火警戒レベルの設定と改善を地元の関係機関と共同で進めていきます。

噴火警報と噴火警戒レベル

図。噴火警報と噴火警戒レベル

※1 噴火警報(居住地域)は、特別警報に位置づけられています。
※2 レベル1の「平常」というキーワードは、「活火山であることに留意」に変わる予定です。

オ.降灰と火山ガスの予報

噴火警報等で扱う火山現象以外にも、火山現象に関する予報として降灰予報と火山ガス予報を発表しています。

図。降灰と火山ガスの予報の種類、発表基準と内容

カ.火山現象に関する情報

噴火警報や上記の予報のほか、火山現象に関する情報を発表することにより、火山活動の状況等をお知らせしています(平成27年5月現在)。

図。火山現象に関する情報の種類と内容

キ.火山噴火予知連絡会

火山噴火予知連絡会(以下「連絡会」)は、「火山噴火予知計画」(文部省測地学審議会の建議)の一環として計画を円滑に推進するため、昭和49年に設けられた組織です。連絡会は、火山噴火予知に関する研究成果や情報の交換や、各火山の観測資料を検討して火山活動についての総合的判断、噴火予知に関する研究および観測体制を整備するための検討を行うための会議です。連絡会は学識経験者や関係機関の専門家から構成され、事務局は気象庁が担当しています。

定例会を年3回開催し、全国の火山活動について総合的に検討を行うほか、火山噴火などの異常時には、気象庁長官の招集による幹事会や臨時部会を開催し、火山活動の総合判断を行うほか、火山の活動評価に関する資料の収集・解析を行うため、機動的な総合観測班を設置し現地に派遣します。

火山噴火予知連絡会の定例会

図。火山噴火予知連絡会の定例会

3 地球環境に関する情報

1 地球温暖化問題への対応

ア.気温や海面水位の監視と地球温暖化に伴う気候などの将来予測

気象庁では、気温や海面水位の長期的な変化傾向を監視して、地球温暖化の現状に関する情報を提供しています。また、将来の気候を数値モデルによって予測し、地球温暖化に伴う気候の変化に関する予測情報を提供しています。

世界の平均気温については、全世界の千数百か所の観測所における観測データや海面水温データを収集して、長期的な変化傾向を監視しています。また、日本国内の気象庁の観測点のうち、都市化の影響が少なく、特定の地域に偏らないように選定した15か所の観測データをもとに、日本の年平均気温の長期的な変化傾向を監視しています。

さらに、海面水位については、潮位や地盤変動の観測から得られたデータに加え、海洋気象観測船で観測した水温・塩分のデータや、人工衛星から観測された海面高度データをもとに、海洋の数値モデルも活用して海面水位の変動の実態を分析して、地球温暖化による海面水位の上昇について情報を発表する計画です。

気候変化の予測については、今後の世界の社会・経済の動向に関する想定から算出した温室効果ガス排出量の将来変化シナリオに基づいて、日本周辺の気候をきめ細かくシミュレーションできる気候モデルを用い、21世紀末頃における我が国の気温や降水量などの変化を計算しています。得られた予測結果は、地球温暖化予測情報として作成しており、平成25年(2013年)3月に「地球温暖化予測情報第8巻」を発表しました。

気象庁は、これらの業務を通じて、国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が平成25~26年(2013~14年)に公表した第5次評価報告書にも貢献しています。

21世紀末頃の全国及び地域別の気温と降水量の変化予測

図。21世紀末頃の全国及び地域別の気温と降水量の変化予測

(左)年平均気温の変化、(右)年降水量の変化。赤い棒グラフは20世紀末と21世紀末の差で、黒い縦棒は年々の変動の大きさの目安を表しています(「地球温暖化予測情報第8巻」より)。

2 環境気象情報の発表

気象庁では、オゾン層保護に資する情報のほか、黄砂や紫外線対策に役立つ情報の提供を行っています。

ア.オゾン層・紫外線の監視と予測

気象庁は、自ら実施している国内及び南極昭和基地のオゾン層・紫外線の観測結果に加え、収集した地球観測衛星のデータ等も利用して、オゾン層破壊の実態を調査解析しています。これらの観測・解析の成果は、オゾンや紫外線の長期変化傾向などの調査結果も含め気象庁ホームページで公表しており、オゾン層保護対策などの資料として活用されています。

国内のオゾン全量年平均値の経年変化

図。国内のオゾン全量年平均値の経年変化

オゾン全量とは、観測地点の上空に存在するオゾンの総量で、1990年代半ば以降は、国内4地点ともに緩やかな増加傾向がみられます。

また、毎日の生活の中での紫外線対策を効果的に行えるように、有害紫外線の人体への影響度を示す指標であるUVインデックスを用いた紫外線の翌日までの予測情報を気象庁ホームページで毎日発表しています。

気象庁ホームページで発表している紫外線情報の例

図。気象庁ホームページで発表している紫外線情報の例

全国分布図をクリックして拡大したあと、さらに地点の黒丸をクリックするとその地点の時系列図が表示されます。

イ.黄砂の監視と予測

黄砂は、ユーラシア大陸の黄土高原やゴビ砂漠などで風によって上空高く舞い上がった無数の細かな砂じんが上空の風に乗って日本へ飛来する現象で、春に多く見られます。黄砂が飛来すると、洗濯物や車が汚れるといった一般生活への影響があるほか、濃度が高くなるとまれに交通障害の原因となる場合があります。

気象庁では、黄砂が日本の広域にわたって観測され、その状態が継続すると予測される場合には「黄砂に関する気象情報」を発表して注意を呼びかけています。また、気象庁ホームページには毎日の黄砂の観測・予測結果を掲載しています。なお、環境省と共同で「黄砂情報提供ホームページ」を運用し、黄砂に関する観測から予測まで即時的な情報を簡単に取得できるようにしています。

平成22年(2010年)3月21日の大阪市内の黄砂の様子

写真。平成22年(2010年)3月21日の大阪市内の黄砂の様子

翌日の様子

写真。翌日の様子

黄砂観測実況図

図。黄砂観測実況図

黄砂に関する全般気象情報

図。黄砂に関する全般気象情報

黄砂予測図(地表付近の濃度)

図。黄砂予測図(地表付近の濃度)

黄砂予測図(大気中の総量)

図。黄砂予測図(大気中の総量)

ウ.ヒートアイランド現象の監視・実態把握

都市化の進んでいる東京や大阪などの大都市圏では、都市の中心部の気温が周辺の郊外部に比べて高くなっており、「ヒートアイランド現象」として知られています。ヒートアイランド現象による大都市圏での夏季の著しい高温は、熱中症の増加や光化学オキシダント生成の助長などを通じて人々の健康への被害を増大させることが懸念されています。

気象庁では、都市気候モデルを用いたシミュレーションによって、水平距離2キロメートルごとの気温や風の分布の解析を行っています。解析の成果は、最高・最低気温や熱帯夜日数の観測値の経年変化などとともに、「ヒートアイランド監視報告」として平成16年度(2004年度)から公表しています。平成25年度は、関東、東海、近畿地方の三大都市圏を対象に、都市化による8月平均気温への寄与として評価したヒートアイランドの強さが年によって変動すること等を示しました。

東京の熱帯夜日数の変化(1931~2013年)

図。東京の熱帯夜日数の変化(1931~2013年)

東京の熱帯夜日数(日最低気温が25℃以上の日数)は10年あたり3.9日の割合で増加しています。

ヒートアイランドのシミュレーション結果

図。ヒートアイランドのシミュレーション結果

平成25年(2013年)8月の関東地方における都市化の影響による気温の上昇量(都市気候モデルを用いたシミュレーション結果)。2℃を超える上昇域が広がっており、近年でもヒートアイランドが特に強く現れた8月だったことがわかりました(気象庁「ヒートアイランド監視報告(平成25年)」より)。

3 海洋の監視と診断

ア.海洋の監視

地球表面の7割を占める海洋は、人間の社会経済活動に伴い排出される二酸化炭素の約3分の1を吸収するとともに、大量の熱や二酸化炭素を蓄えています。そのため、海洋は大気中の二酸化炭素濃度の増加や、それにより引き起こされる地球温暖化の進行など地球環境や気候変動に大きな影響を及ぼしています。また、海洋の二酸化炭素濃度が増加することで海洋の酸性化が進み、海洋の生態系への影響、ひいては水産業等の経済活動への大きな影響が懸念されています。

気象庁は、世界気象機関(WMO)やユネスコ政府間海洋学委員会(IOC)等による国際的な協力体制の下、海洋がどれだけの二酸化炭素を吸収しているか、気候変動にどれだけ影響を与えているかを調べるため、日本周辺海域及び北西太平洋で海洋気象観測船や中層フロートなどによって海洋の観測を実施しています。

海洋気象観測船は、北西太平洋全体の主要な海流を横切るように設定された観測線に沿って、海面から海底までの海流や水温、塩分、二酸化炭素などの温室効果ガスや関連する化学物質(酸素、栄養塩(植物プランクトンが育つための栄養となるリン酸塩、硝酸塩、ケイ酸塩など))の高精度な観測を実施しています。

海洋気象観測船による観測

写真。海洋気象観測船による観測

中層フロートによる観測

図。中層フロートによる観測

中層フロートは、海面から深さ2,000メートル付近までの水温・塩分の鉛直分布を自動的に観測する機器です。WMO、IOCや各国の関係機関の連携により、中層フロートを全世界の海洋に常時約3,000台稼働させ、全世界の海洋の状況をリアルタイムで監視するとともに、地球温暖化をはじめとする気候変動の実況把握とその予測精度向上を目指す「アルゴ計画」が推進されており、気象庁は、文部科学省などの関係省庁と連携して中層フロートによる観測を実施しています。

中層フロートの分布状況(図中の赤丸は我が国が投入したフロート)

図。中層フロートの分布状況(図中の赤丸は我が国が投入したフロート)

イ.海洋の健康診断表

気象庁では、海洋気象観測船等による観測データに加え、地球観測衛星等の観測データを収集し、それらをもとに解析した結果を、「海洋の健康診断表」として、気象庁ホームページで公表しています。この中で、地球温暖化に伴う海洋の変化や、海域ごとの海水温、海面水位、海流、海氷、海洋汚染の状態、変動の要因及び今後の推移の見通しについて、グラフや分布図を用いてわかりやすく解説しています。平成26年度には、太平洋域の表面海水中のpHの長期変化傾向に関する情報提供を開始しました。

コラム 気象庁ホームページ 「海洋の健康診断表」ページが使いやすくなりました

気象庁では、観測船や海に浮かぶブイ、そして衛星などから得られた観測データをもとに、海洋の諸現象についての様々な解析や予測を行って得られた結果を気象庁ホームページで「海洋の健康診断表」(以下「診断表」という。)として気象庁ホームページから発表しています。この「診断表」の内容は、私たちが人間ドックなどを受けたときと同じで、海洋の「今の状態」、「いつもとの違い、その原因と影響」、「今後の見通し」といった健康状態を診断してわかりやすく解説しています。まさに専門医が下す海洋の健康診断です。

この「診断表」について、「わかりやすく」「使いやすく」との観点で平成26年5月にトップページの構成を大幅に見直しました。今回のリニューアルのポイントは以下のとおりとなっています。

  • 知りたい情報にすぐに辿り着くために、項目別及び海域別からのアクセスを基本とした。
  • トピックスを最上部に配置し、社会的影響の大きい海洋の諸現象についての解説にアクセスしやすくした。

より利用しやすく、見たい情報に辿り着きやすくなった診断表を使って、釣りやダイビング、サーフィン、海水浴など余暇にマリンレジャーを楽しむ方も計画を立てる際や最終判断に迷った時などにぜひ活用してください。

海洋の健康診断表URL:http://www.data.jma.go.jp/gmd/kaiyou/shindan/index.html

または、「海洋の健康診断表」で検索

リニューアルした海洋の健康診断表のトップページ

図。リニューアルした海洋の健康診断表のトップページ

4 航空の安全などのための情報

航空機の運航においては、空港での離着陸時を含めて気象の影響を常に受けているため、その安全性、快適性、定時性及び経済性の確保には、気象情報が重要な役割を担っています。気象庁は、国際民間航空機関(ICAO)や世界気象機関(WMO)が定める国際的な統一基準に基づいて国際航空のための気象業務を行うとともに、国内航空のための独自の気象業務も実施しています。

航空機は、出発空港から目的空港への飛行計画を立てるとき、目的空港の天候から空中での待機や代替空港への着陸の可能性を判断し、燃料の搭載量を決定します。また、上空の風の予想や悪天の予想図から、飛行中乱気流による揺れの少ない高度や場所、燃料が節約できる高度や航空路、到着予定時刻などを決定します。気象庁が提供する各種情報がこうした判断に使われています。

1 空港の気象状況等に関する情報

航空機の離着陸には、風や視程(見通せる距離)、積乱雲(雷雲)などの気象状況が大きく影響します。気象庁では、全国81空港において、1時間又は30分ごとに定時観測を行い、また気象状況を監視し、それらの情報を管制塔にいる航空管制官や航空会社の運航管理者・パイロットをはじめとする航空関係者へ迅速に通報しています。東京や成田などの国内の主要な9空港では、空港気象ドップラーレーダーにより、雷雨の時などに発生する大気下層の風の急変域(ウィンドシアー)を監視しています。また、東京・成田・関西の各国際空港においては空港気象ドップラーライダーを設置して、降水を伴わない場合の低層のウィンドシアーや、離着陸時に影響する建物・地形による滑走路付近の風の乱れを観測しています。これらにより、離着陸する航空機の安全に影響する低層のウィンドシアーが観測された場合は、ウィンドシアー情報として直ちに管制官を通じてパイロットへ伝達されます。

また、雷監視システムにより雷が発する電波を受信し、その位置、発生時刻などを求めて情報を作成しています。作成した情報は航空会社などに直ちに提供されます。

空港に整備する気象観測測器の配置例

図。空港に整備する気象観測測器の配置例

滑走路の本数等、空港の個別事情により配置は異なります。

目視観測を行っている様子

写真。目視観測を行っている様子

視程、大気現象、雲量、雲形及び雲底の高さを目視により観測します。

空港気象ドップラーレーダーとライダー

図。空港気象ドップラーレーダーとライダー

レーダー(雨の強さの分布や降水時の上空の風の観測が可能)とライダー(非降水時の上空の風の観測が可能)の両方を設置することによって、降水がある時もない時も上空の風を観測できます。

観測されたウィンドシアー

図。観測されたウィンドシアー

赤い楕円がマイクロバースト、帯状の線がシアーラインを表します。

2 空港の予報・警報に関する情報

航空機の飛行計画を立てる際、出発前に、出発地の空港、目的地の空港、そして天候不良など何らかの理由で目的地の空港に着陸できない場合の代替空港の気象情報が必要となります。このため気象庁は、空港の風や雲の量・高さ、視程(見通せる距離)、天気などの詳細な予報(飛行場予報)を30時間先まで、国際定期便などが運航している37空港に対して発表しています。飛行場予報は、国内外の航空会社の運航管理者・パイロットをはじめとする航空関係者へ提供し、運航計画などに利用されています。また、飛行場予報を発表している空港において、強風や大雪などにより地上の航空機や空港施設及び業務に悪影響を及ぼすおそれがある場合、「飛行場警報」を適宜発表し、航空関係者に対して警戒を促しています。

このほか、航空管制官やパイロットなどの航空関係者に対して、各空港や航空路上の気象状況や今後の予想について口頭で解説などを行っています。

空港の予報・警報を作成する現場

写真。空港の予報・警報を作成する現場

数値予報、気象レーダー、気象衛星などの資料を使用して飛行場予報を作成しています。全国37空港の飛行場予報や飛行場警報を発表しています。

パイロットに対して口頭解説を行っている様子

写真。パイロットに対して口頭解説を行っている様子

航空管制官やパイロットなどに対して、各空港の気象状況や今後の予想について解説しています。

空港の予報の発表例

図。空港の予報の発表例

空港の予報は、航空機が安全に離着陸できるかどうかを判断する重要な情報であるため、1時間毎の詳細な予報が求められています。
図は東京国際空港における飛行場予報(時系列形式)の発表例で、縦の列は07UTC~18UTC(日本時間16時~翌3時)の1時間毎の予報を表し、横の段は上から風、視程、雲底(雲の底)の高さ、天気、気温、気圧、雷発生確度を表しています。

3 上空の気象状況に関する情報

ア.空域の気象情報

飛行中の乱気流や火山灰との遭遇、機体への落雷や着氷の発生は、航空機の運航の安全性と快適性に大きく影響します。気象庁は、このような大気現象について日本や北西太平洋上空の監視を行い、雷電、台風、乱気流、着氷及び火山の噴煙に関する観測・予測情報を「シグメット情報」として随時発表しています。また、約6時間先のジェット気流の位置や悪天域を図によって示した「国内悪天予想図」や、悪天の実況を解説した「国内悪天解析図」を提供して、運航計画の支援を行っています。

さらに、平成26年(2014年)には、小型機の安全と効率的な運航の支援を主な目的として、下層空域の悪天を対象とした「下層悪天予想図」の提供を開始しました。

国内悪天予想図の発表例

図。国内悪天予想図の発表例

国内悪天予想図では、航空機の運航に重要な影響を及ぼす雷電や乱気流域等の予想を図示しています。また、各悪天域について左のREMARKS欄に「移動方向・速度」「要因」を記述しています。

イ.航空路火山灰情報

火山灰は、航空機のエンジンに吸い込まれるとエンジンが停止したり、機体前面に衝突すると操縦席の風防ガラスが擦りガラス状になり視界が利かなくなったり、飛行場に堆積すると離着陸ができなくなるなど、航空機への影響は多岐にわたります。このため航空機の安全な運航を確保するうえで、火山灰の情報は大変重要です。

気象庁は国際民間航空機関(ICAO)からの指定を受けて、東京航空路火山灰情報センター(東京VAAC)を運営しています。同センターでは、東アジア及び北西太平洋における火山噴煙の状況を監視し、火山灰の分布に関する観測・予測情報(航空路火山灰情報)を国内外の航空関係者に提供しています。

世界9か所の航空路火山灰情報センターと責任領域

図。世界9か所の航空路火山灰情報センターと責任領域

気象衛星ひまわり7号で観測した霧島山(新燃岳)の火山灰(2011年1月27日5時)

図。気象衛星ひまわり7号で観測した霧島山(新燃岳)の火山灰(2011年1月27日5時)

霧島山(△)から白くたなびいている部分が火山灰

4 航空関係者に利用される航空気象情報

気象庁は、空港内などで業務を行っている航空関係者に対して、空港の気象観測の結果や予報、上空の風や気温、悪天の予想図などの気象情報を提供しています。空港の観測値や予報などの航空気象情報は、国内外の航空関係者に提供しているほか、主要な空港や空域の気象情報は、飛行中の航空機に対して、短波放送や国土交通省航空局の無線通信(対空通信)などを通じて提供しています。また、日本の空の交通を計画的に管理する業務を行っている航空局航空交通管理センター(福岡市)では、管制官と同じ運用室で、気象庁の航空交通気象センターの予報官が、管制官などに対して航空交通管理のために必要な気象情報の提供や解説を行っています。さらに、平成26年(2014年)に、航空交通気象センター首都圏班を東京国際空港内に設置し、過密化する首都圏周辺の空域に関する詳細な気象情報の提供を開始しました。

気象庁の気象情報を利用するパイロット

写真。気象庁の気象情報を利用するパイロット

航空会社などのパイロットや運航管理者は、出発前に飛行計画を立てます。その際、気象庁による大気の立体的な解析や予想に関する情報は、最も揺れる可能性が少なく経済的な飛行経路の選定に役立てられています。また、運航管理者は、最新の上空の気象情報を飛行中のパイロットへ無線などを通じて適宜伝えています。
(提供)日本航空株式会社

5 より精度の高い予測を目指して

東京国際空港では、平成22年(2010年)に新滑走路の供用及び国際定期便の運航がそれぞれ開始され、首都圏空域における航空機の交通量は、ますます増加しています。

ひとたび東京国際空港が強風や雷雨、積雪などによって着陸ができなくなるような気象状態となった場合、多数の航空機が空中で待機することとなり、日本全体の航空機の運航に影響を及ぼすため、航空関係者からは、これまで以上に詳細で精度の高い気象情報が求められています。このため気象庁は、平成20年度から首都圏空域など交通量が過密な空域の気象情報のさらなる高度化を図る目的で、より緻密な数値予報モデル(第2章参照)の開発に取り組んできました。この技術開発の成果を、平成24年から運用を開始した航空気象予報用スーパーコンピュータに取り込み、首都圏空域を中心とした領域を対象にこれまでより詳細な気象情報の提供を開始しました。今後は対象領域を日本全体に拡大するなど、更なる高度化を図ります。

新たに提供を開始した緻密な数値予報モデル

図。新たに提供を開始した緻密な数値予報モデル

平成25年(2013年)1月23日の事例で、東京国際空港周辺の平面図(上図)やA-B間の予想断面図(下図)。このように、東京国際空港及びその周辺の上空の風や気温などを細かく予想できます。

6 ISO9001品質マネジメントシステムの導入

航空気象業務は、国際民間航空機関(ICAO)や世界気象機関(WMO)による国際的な要求事項や利用者からの要求事項を満たした気象観測や予報などを行う必要があります。このため、気象庁では平成22年(2010年)4月から航空気象部門にISO9001に基づく品質マネジメントシステムを導入して、航空気象情報の適時適切な提供を継続するとともに、利用者の満足度向上を目指した活動を行っています。

5 民間の気象事業

気象等の現象は、国民の生活に密接にかかわっており、交通、電力、農業、食品や衣料品販売等様々な産業に影響を与え、国民及び産業界には気象情報に対する幅広いニーズが存在しています。このような個々のニーズに応えるため、民間気象事業者では幅広い気象サービスの提供を行っています。また、近年では、高速インターネットやスマートフォンをはじめとする携帯端末の普及等、情報通信技術の目覚ましい発展と相まって、多くの国民が、情報を一方的に受けるだけでなく、自らの判断で必要とする情報を入手できるようになってきました。このような情報通信技術の進展に伴い、国民及び産業界のニーズは、今後、より多様化・個別化することが見込まれることから、民間気象事業者の役割はますます重要になっています。

ここでは、民間気象事業者による適切な気象サービスの提供を支える、予報業務の許可制度や気象予報士制度について解説するとともに、民間気象事業者の活動を支援するために気象庁が行なっている取り組みについて紹介します。

○予報業務の許可制度

民間気象事業者のサービスは、創意工夫により様々な取り組みがなされていますが、サービスを利用する国民の側からみると、その精度や提供主体の技術力について判断することは困難です。このため、民間気象事業者が、気象や波浪、地震・火山等の現象の予報業務を行おうとする場合には、警報等の防災気象情報との整合性や、国民の期待する「正確な気象情報の提供」を確保できるよう、気象庁長官の許可が必要です。

○気象予報士制度

予報の精度は、現象の予想をどのような方法で行うかに左右されます。気象や波浪等の現象の予想には、数値予報資料の解釈など高度な技術を要することから、民間気象事業者が気象などの予報業務を行う際には気象予報士に現象の予想を行わせることが義務付けられており、これにより民間が行う予報の一定の技術水準を担保しています。国家資格である気象予報士になるためには、業務に必要な知識及び技能について試験を行う気象予報士試験に合格し、気象庁長官の登録を受ける必要があります。気象予報士には平成27年4月1日現在、9,326人が登録されています。また、気象予報士は、民間気象事業者が行う予報業務の中核となる技術者としてだけでなく、報道等を通じた解説や防災関係者・一般住民を対象とした講演会等、様々な場面で防災知識の普及・啓発にも貢献しています。

なお、地震動と火山現象、津波の予報業務を行うときは、技術上の基準に適合した手法で現象の予想を行うことを義務づけることにより、予報の一定の技術水準を担保しています。

気象予報士の登録者数の推移

図。気象予報士の登録者数の推移

気象予報士試験は、最初の平成6年度は3回実施、平成7年度以降は年2回実施しています。1年に300名程度の気象予報士が誕生しています。

○民間気象事業者等に対する支援

気象庁は、自らが保有する観測・解析・予報等の成果及びこれらの作成過程で得られる数値予報資料や解説資料等の気象情報を、民間気象業務支援センターを通じて民間気象事業者等へ提供しています。これら、気象庁の保有する気象情報は、民間気象事業者が行う予報業務の基礎資料となるほか、個別企業や個人のニーズに対応した情報に加工されることによって、産業界の多様な活動や社会サービスの基盤として活用されています。また、数値予報等、気象庁による予測技術の高度化に伴い、民間気象事業者の技術の高度化も益々必要となっていることから、気象庁では、民間気象事業者を対象に最新の技術や気象情報について解説する講習会の開催のほか、民間気象業務支援センターや(一社)日本気象予報士会が行う講習会等への講師派遣などの協力・支援を行っています。

気象・地震等の情報を扱う事業者等を対象とした講習会

写真。気象・地震等の情報を扱う事業者等を対象とした講習会

国民の安全・安心に資するため、気象庁は気象や地震等の情報を扱う事業者等を対象に最新の技術や情報を解説する講習会を開催しています。

気象庁からの観測データ、予報資料の流れと、民間気象事業者によるサービスの例

図。気象庁からの観測データ、予報資料の流れと、民間気象事業者によるサービスの例

気象庁から提供された観測・解析・予報等の成果及び数値予報資料を基盤として、民間気象事業者は様々な気象サービスを行っています。

6 地域の防災力向上への取り組み

1 気象台による自治体支援の取り組み

気象庁では、全国の気象台で、気象や地震などの観測・監視、予報・警報や情報の発表・提供、解説などを行っています。

大雨、津波などにより災害の発生が予想される場合、気象台が発表する警報などの防災情報が自治体などの関係機関に迅速かつ確実に伝わることはもとより、情報の受け手がその意味を正しく理解して避難勧告等の発令を適時・的確に判断するなど、適切な防災対応につなげることが被害の軽減のために非常に重要です。

各地の気象台では、自治体が防災に関する計画や避難勧告等の発令基準を定める際に、防災情報の活用方法について個別にアドバイスを行ったり、自治体などの防災担当者に対する説明会や研修などで情報の活用について積極的に説明を行っています。また、大雨等により災害の発生が危惧される場合には、自治体などの防災関係機関に対して気象状況の事前説明や、事態の推移によっては自治体に直接連絡して気象状況や今後の見通しを積極的に伝えるなど、気象台が持つ危機感を共有していただけるよう取り組んでいます。

2 住民への安全知識の普及啓発・気象情報の利活用推進に関する取り組み

ア.「地域防災力アップ支援プロジェクト」

気象庁では、これまでも住民等を対象とした出前講座や講演会、リーフレットやDVDの作成・配布など、様々な普及啓発活動に取り組んできました。平成23年3月の東日本大震災などの近年の災害をきっかけとして、住民等への自助・共助意識の啓発や防災教育の重要性が政府の有識者会議などで報告されています。このことを踏まえ気象庁では、様々な機関と連携・協力しながら、安全知識の理解や気象情報の利活用をより効果的に推進するための様々な取り組みを「地域防災力アップ支援プロジェクト」として進めています。

気象庁では、今後も関係機関と連携しながら、気象や地震などの自然現象に対して住民自らの判断で的確な防災行動がとれるような風土・文化が醸成されることを目指して、安全知識の普及啓発に取り組んでいきます。

地域防災力アップ支援プロジェクトの概念図

図。地域防災力アップ支援プロジェクトの概念図

多くの住民の皆さんが防災気象情報等を自らの安全確保に利用できるよう、安全知識の普及に、全国各地で取り組んでいます。

コラム 「関係機関と連携した普及啓発」取り組み例 安全知識の普及啓発に向けた気象庁との取り組み

写真。酒井 重典

一般社団法人 日本気象予報士会
代表理事・会長 酒井 重典

日本気象予報士会は現在、約3,300名の気象予報士で構成されています。本会は、平成22年度から気象庁と共同で、「局地的大雨からの被害軽減に向けた取り組み(通称:防災プロジェクト)」を全国で展開し、これまでに約250件の防災出前講座を実施してきました。さらに、気象庁が平成26年度に作成したワークショップ「経験したことのない大雨 その時どうする?」の運営協力も各地で行っています。また、平成15年から気象庁内の気象科学館において、土曜日・日曜日・祝日に案内員のボランティアを行っています。その他、夏休みに全国の気象台で開催しているお天気フェアに会員が参加し、気象実験や気象クイズで来場者との交流を図っています。

本会は、今後もこれらの取り組みを全国で継続し、更なる発展を目指していくことで、安全知識の普及啓発を図り、会の活動目的の一つである社会貢献に寄与していきたいと考えています。

連携した取り組み

写真。連携した取り組み

(左)防災プロジェクトでの小学校での出前講座の様子
(右)お天気フェアの様子(提供)日本気象予報士会

コラム 「地域防災力アップ支援プロジェクト」取り組み例
「防災教育モデル実践事業」で学校の防災力を上げる~鹿児島地方気象台との連携~

写真。岩船 昌起

鹿児島大学地域防災教育研究センター
教育部門長 特任教授 岩船 昌起

様々な自然災害が頻発する南九州から南西諸島における防災力の向上のため、本センターでは、災害調査研究以外にも、地域と連携して防災教育や災害警戒避難対応等に取り組んでいます。鹿児島地方気象台とは諸会議等での協同を通じて“顔がみえる関係”にあり、鹿児島県教育委員会「防災教育モデル実践事業」(文部科学省「実践的防災教育総合支援事業」委託)では、平成24・25年度に霧島市と志布志市、平成26年度に奄美市と東串良町に共に赴き、モデル校で地震・津波・火山噴火・豪雨・山地崩壊等による災害の解説や警戒避難対応への助言を行い、かつ地域住民向けのシンポジウムを開催しました。本事業を通じて、モデル校の児童・生徒や教職員の防災意識が高まり、保護者や地域住民も避難訓練に積極的に参加する等、学区全体での“災害への備え”が強化されています。今後、諸機関と連携して事業を継続推進し、鹿児島県全学校の防災力の向上を目指します。

連携した取り組み

写真。連携した取り組み

(左)津波避難訓練でシラス台地上への坂を駆け上がる志布志市の通山小学校児童(提供)鹿児島地方気象台
(右)地域住民向けに奄美市で開催された津波防災教育シンポジウムの一場面(提供)鹿児島大学地域防災教育研究センター


イ.より効果的な取り組みへの発展に向けて

気象庁では、「地域防災力アップ支援プロジェクト」として全国の気象台で進めている数ある取り組みの中で、多くの官署で参考となる取り組みについて発表し、防災・教育・報道・広報の各専門家から助言や講評などをいただくための「ミーティング」を平成24年度から実施しており、平成26年度は平成27年1月20日に開催しました。

【専門家(五十音順、敬称略)】
  防災分野 静岡県 危機管理監兼危機管理部長 岩田 孝仁
  報道分野 時事通信社 解説委員 中川 和之
  広報分野 (株)電通PR コミュニケーションデザイン局アドバイザリー委員室
       エグゼクティブ・アドバイザー 花上 憲司
  教育分野 東京都板橋区教育委員会 学校防災・安全教育専門員
       鎌倉女子大学 講師 矢崎 良明

ミーティングでは「民間団体と連携した気象庁ワークショップの利用拡大」「広域機関と連携した地域防災力の向上」「ケーブルテレビとの連携」など8例について、取り組みを実施している気象台から概要、工夫した点などのアピールポイント、成果や課題、今後の取り組み展開などについて発表を行いました。

地域防災力アップ支援プロジェクト ミーティングの様子

写真。地域防災力アップ支援プロジェクト ミーティングの様子

(左)会場の様子(中)取り組みを紹介する気象台職員(右)講評・助言をいただいた専門家

専門家からは、「毎回、取り組みが深くなってきており、活動の積み重ねで効果が表れてきている」、「気象庁が全国で防災に取り組んでいることは本当に心強い」、「多くの団体と結びつく相乗効果により良い連携関係が表れている」といった評価のほか、「特定の学校の教師や生徒だけでなく、横のつながりを活用して地域に広がるように進めることが重要」、「取り組みを行うだけでなく地域に広がるためにはマスコミなどを活用した情報発信が大事」、「メディアを活用した取り組みはそれだけで終わらせず、地域防災力アップに相乗効果を持たせるような活動と組み合わせることが有効」など多くの助言をいただきました。これら助言を踏まえ、今後のより効果的な取り組みへの発展や新たな展開に繋げていきます。

ウ.気象庁ワークショップ 「経験したことのない大雨 その時どうする?」

災害から身を守るためには、気象台から発表する警報や注意報等といった防災情報のタイミングや意味等を体系的に理解し、積極的に入手して利活用することが必要です。また、自宅周辺にある危険箇所の有無や住居の構造、家族構成等によっても必要な対応が異なるため、それぞれの状況に応じて、災害から身を守るための行動のシミュレーションを行うことが有効です。

気象庁では、グループ内での議論を中心としたコミュニケーションを活用し、深い理解を導くための能動的な手法として「気象庁ワークショップ 今まで経験したことのない大雨そのときどうする?」(以下「ワークショップ」という。)を開発し、学校や自主防災組織等で実施いただくための運営マニュアルをホームページで公開して普及を図っており、平成27年3月にはより使いやすいように改訂を行いました。

参加者は大雨による災害の種類と危険性、気象台から発表される防災情報の意味や発表のタイミング、入手方法、安全知識等のレクチャーを受けた後、数人のグループに分かれ仮想の街で大雨が降り続く中、気象台が発表する防災情報を活用してグループ毎に違う状況(周辺地形、住居構造、家族構成等)に応じた安全行動について話し合ってまとめます。

平成26年度は、各地の気象台に加えて、学校や教育委員会、日本赤十字社・日本気象予報士会等の団体、地方公共施設等によって自主的に開催され、全国で50回以上のワークショップが開催されました。参加者から「日頃の準備と家族の話し合いが必要と痛感した」、「ワークショップの経験から早めの行動を鉄則として今後に活かしたい」などの感想が聞かれ、アンケート結果からはワークショップに参加する前後で安全知識や防災対応力が向上するなど効果が認められました。

一つの地域にとって大規模な災害がおきる程の大雨の発生頻度は多くありませんが、発生した時には甚大な被害を伴うため、今後も各地の気象台や学校、自治体等での実施拡大を図り、長期的な取り組みとして地域防災力のアップを支援することとしています。

http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/jma-ws/manual.html

コラム 気象庁ワークショップ
「経験したことのない大雨 その時どうする?」〜学校での気象庁ワークショップの活用と効果〜

写真。田中 義洋

東京学芸大学附属高等学校
教諭 田中 義洋

高校ではなかなかグループでの議論は成立しにくいものです。しかし、気象庁ワークショップを活用すると、具体的な場面で考えていくため、お互いに意見を出しやすく、自然と活発な議論に発展していきます。また、このワークショップを経験すると、生活している地域の特性や万一の際の備えなどを考えていくようになります。まさに、生徒の防災力を高めるには最適な方法です。そして、保護者を巻き込めば、大人を含めて、地域ぐるみで防災力を向上することができます。しかも、詳細なシナリオ、ワークシート、進行の仕方など、必要な物すべてがパッケージ化されていますので、教員一人で容易にワークショップを実施できます。理科の授業でも、総合的な学習の時間でも、実践可能です。現在、話題になっているアクティブ・ラーニングを具現化する教材ともいえます。全国の多くの学校で実践され、防災意識を高めるきっかけとなることを期待しています。

ワークショップの様子

写真。ワークショップの様子

(上)グループワークの様子 (下)発表の様子(提供)東京学芸大学附属高校

コラム 防災啓発ビデオ「急な大雨・雷・竜巻から身を守ろう!」

積乱雲は「急な大雨」「雷」「竜巻」などの激しい現象を引き起こし、これらの現象によって毎年のように死傷事故が起きています。このことから、気象庁では、これらの現象から身を守る方法を知っていただくため、防災啓発ビデオ「急な大雨・雷・竜巻から身を守ろう!」を公開しています。

ビデオは、「これはあぶない!被害編」(6分)と「これなら安全!解説編」(12分)の2部構成となっています。

「被害編」では、晴天に油断した子供達が突然の落雷や竜巻などに次々と巻き込まれてしまいます。ビデオを視聴することで、なぜ子供達は危険な目にあってしまったのかを考えるきっかけを提供します。

また、「解決編」では、被害編と同じドラマを再現しながら、積乱雲が近づいてきたサインがどこにあったのか、どうすれば身を守れるのかをCG博士が実験映像とともに解説します。

本ビデオは気象庁ホームページで公開しているほか、各地の気象台によるDVDの貸出も行っていますので、皆様のご家庭や地域、学校などで是非ご活用ください。

http://www.jma.go.jp/jma/kishou/fukyu_portal/index.html

写真。ビデオの1シーン

ビデオの1シーン

コラム 地震による被害を軽減するため ~「阪神・淡路大震災から20年」特設サイトを開設~

地震による被害を軽減するためには、地震が発生した際に、状況を正しく判断し、的確な防災行動をとることが重要です。

気象庁では、阪神・淡路大震災の発生から20年を機に、当時を振り返り、今後の地震に適切に備えていただくために必要な防災知識等をまとめた特設サイト「阪神・淡路大震災から20年」を開設しました。

特設サイトでは、当時の状況を伝える情報として、震度等の観測データや余震回数、気象庁が伝えた情報、被害状況の写真、調査報告書等を掲載しています。

さらに、緊急地震速報や津波警報など各種情報の利活用方法など、地震に備える知識に関する情報もご覧になれます。皆様が地震対策を考えていただく際に、この特設サイトをご活用ください。

http://www.data.jma.go.jp/svd/eqev/data/1995_01_17_hyogonanbu/index.html

「阪神・淡路大震災から20年」特設サイト

写真。「阪神・淡路大震災から20年」特設サイト
Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

このページのトップへ