キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

2018年(平成30年)の世界の主な異常気象・気象災害(速報)
~北半球の夏を中心に世界各地で異常高温が発生 ~

報道発表日

平成30年12月21日

概要

  • 北半球の夏を中心に世界各地で異常高温が発生しました。
  • 世界各地で大雨や干ばつなどの災害が発生しました。

本文

2018年は、北半球の夏を中心に世界各地で異常高温が発生しました。 特にヨーロッパや東アジア、米国南西部 などでは記録的な高温となりました。 一方、東日本~西日本(6~7月)、インド(6~9月)、ナイジェリア(7~9月)、 東アフリカ北部~中部(3~5月)では大雨による多数の死者を伴う災害が発生し、 アルゼンチン北部及びその周辺(1~3月)、オーストラリア南東部(1~9月)では 干ばつによる農業への深刻な被害が伝えられました。

2018年に発生した世界の主な異常気象・気象災害は以下のとおりです。


2018年に発生した主な異常気象・気象災害
  1. アラスカ北西部~東シベリア東部の高温(1~4、9~10月)
  2. 東シベリア北西部~中央シベリア北西部の高温(6、8、10月)
  3. モンゴル中部及びその周辺の多雨(1、7~9月)
  4. 北日本~中国北西部の高温(3~8月)
  5. 東日本~西日本の大雨(6~7月)
  6. ミクロネシア北西部~東南アジア中部の高温(2、5、7~8、10~11月)
  7. インド北部の砂じん嵐・雷雨(5月)
  8. インドの大雨(6~9月)
  9. 中央アジア南部~南アジア南東部の高温(1、3、5~6、8、11月)
  10. 中東及びその周辺の高温(2~3、5~6、9月)
  11. スカンディナビア半島北部の高温(5、7、11月)
  12. ヨーロッパ中部及びその周辺の少雨(2、5~10月)
  13. ヨーロッパ中部~南部の高温(1、4~10月)
  14. ヨーロッパ南部~北アフリカ北西部の多雨(1~6、8~10月)
  15. 西アフリカ西部~中部アフリカ北西部の高温(6、8~9、11月)
  16. ナイジェリアの大雨(7~9月)
  17. 東アフリカ北部~中部の大雨・トロピカルストーム(3~5月)
  18. モーリシャス~南アフリカ北西部の高温(6、8~9月)
  19. 米国北東部~南部の多雨(2、5、8~11月)
  20. 北米南部~中米中部の高温(2、5~9月)
  21. 米国西部の森林火災(7~9、11月)
  22. ブラジル北東部の高温(6、8、9月)
  23. アルゼンチン北部及びその周辺の干ばつ(1~3月)
  24. アルゼンチン北部~中部の高温(2、4、9月)
  25. オーストラリア東部~南部の高温(1、3~4、7、10~11月)
  26. オーストラリア南東部の干ばつ(1~9月)

※本資料は、1~11月までのデータをもとに、速報としてまとめたものです。 12月までのデータに基づく資料は、平成31年1月15日にホームページで発表します。

問い合わせ先

 地球環境・海洋部 気候情報課 異常気象情報センター 担当 上口・足立
 電話03-3212-8341(内線3157) FAX 03-3211-8406


資料全文

関連資料


Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

このページのトップへ