キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

草津白根山(本白根山)の噴火を踏まえた今後の調査研究及び監視のあり方について ~火山噴火予知連絡会 火山活動評価検討会報告~

報道発表日

平成30年7月3日

概要

 草津白根山(本白根山)の噴火を踏まえ、火山噴火予知連絡会 火山活動評価検討会において、長期間噴火活動を休止している火口/山体における今後の調査研究及び監視のあり方についての検討を行い、検討結果を取りまとめました。

本文

 平成30年1月23日に発生した草津白根山の噴火は、有史以来噴火の記録がなかった本白根山において、特段の火山活動の変化が観測されない状況で発生しました。このようなことを踏まえ、火山噴火予知連絡会 火山活動評価検討会では、気象庁の常時観測火山を対象に過去の噴火履歴及び観測・監視体制の点検等を行い、長期間噴火活動を休止している火口/山体における今後の調査研究及び監視のあり方について検討を行いました。
 今般、その検討結果を「草津白根山(本白根山)の噴火を踏まえた今後の調査研究及び監視のあり方について」として取りまとめましたので、お知らせします。

問い合わせ先

 地震火山部 火山課 宮村
 電話 03-3212-8341(内線4530) FAX 03-3212-3648

資料全文


Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

このページのトップへ