キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

平成26年(2014年)8月の不順な天候について ~異常気象分析検討会の分析結果の概要~

報道発表日

平成26年9月3日

概要

本日開催した異常気象分析検討会 (臨時会)において、2014年8月の不順な天候をもたらした大規模な大気の流れについて、その要因を分析し、以下の見解をまとめました。

  • 2014年8月は、西日本を中心に記録的な多雨・日照不足になりました。また、7月30日から8月26日にかけては各地で大雨が発生しました(「平成26年8月豪雨 」)。
  • このような不順な天候は、南からの暖かく湿った気流の持続等によってもたらされました。これは、7月末~8月上旬は台風(第12号と第11号)が北上したことが、8月上旬後半以降は日本付近の偏西風が南に偏りかつ南北に蛇行(日本の西側で南に、東側で北に蛇行)したことが関連したとみられます。偏西風を蛇行させた要因としては、太平洋東部やインド洋東部で海面水温が高かったこと、および、熱帯大気の季節内振動 によって、アジアモンスーンの活動が不活発となったことなどが考えられます。

本文

下記の「資料全文」をご参照ください。

問い合わせ先

気象庁 地球環境・海洋部 気候情報課
電話:03-3212-8341 (内線)3158、3154

資料全文


※ 3ページ目の図2右下の日照時間平年比の図を修正しました(誤:東日本太平洋側→正:西日本太平洋側)。 (平成26年9月3日)


Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

このページのトップへ