キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

ご意見 ・ ご感想


お問い合わせの前に

質問の多い項目をまとめましたので、お問い合わせの前に よくある質問集 をご確認ください。

その他、以下のページについても、ご確認ください。

最新の予測・観測データなど

過去データ、気象情報の検証・発表状況

気象・地震などの知識や発表する情報の解説

ホームページ利用上の注意(利用規約、著作権の扱い等)

こちらに掲載されていない天気に関するご相談は、「天気相談所」でもお受けしています。

平成28年(2016年)熊本地震に関して多く寄せられるご質問

Q. ××日の地震で○○市(○○区)の震度情報が発表されないのはなぜですか?
  地震情報で発表された震度は、体で感じた揺れより小さいと思いますがどうなっていますか?
  地震の揺れを感じましたが、地震情報が発表されないのはなぜですか?
A. 「よくある質問集」をご覧ください。なお、今回の「平成28年(2016年)熊本地震」の際には、4月14日23時12分~4月26日18時00分は、震度2以下の「各地の震度に関する情報」は発表せず、「地震情報(地震回数に関する情報)」で震度別の地震回数を、3時間毎に発表していました。

Q. 熊本地震によって○○市(○○区)にある震度計は壊れているのではないですか?
A. 現在、各地の震度観測点は通常通り運用しています。
  気象庁では、地震後速やかに気象庁機動調査班(JMA-MOT)を派遣し、「平成28年(2016年)熊本地震」により震度5強以上が観測された震度観測点(78地点:気象庁以外の震度観測点も含む)の設置状況の点検を実施しました(4月28日「お知らせ:震度観測点の設置状況の点検結果」参照)。
  また、この点検の際に設置状況が不適切であった2地点(熊本南区富合町、南阿蘇村河陽)については県による復旧作業が完了し、気象庁において設置環境が適切であることを確認しました(5月2日「お知らせ:震度観測点の地震情報への活用再開について」参照)。
  このように、「平成28年(2016年)熊本地震」において震度5強以上が観測された震度観測点は全て設置状況が適切であり、これらの観測地点に設置された震度計は通常どおり運用しております。
  また、九州地方のそれ以外の震度観測点についても、通常どおり運用しております。
  なお、震度観測点は点検等のため、臨時に運用を休止することがあります。

Q. 九州地方にある震度観測点の設置場所及び設置機関を教えてください。
A. 震度観測点の設置場所及び設置機関は以下のページを参照ください。気象庁は、これらの観測点で観測された震度を地震情報で発表しています。
  震度観測点(九州): http://www.data.jma.go.jp/svd/eqev/data/intens-st/Kyushu.html

Q. 地震活動をまとめた資料を見たいのですが、どこで見ることができますか。
A. 気象庁HPのトップページにある熊本地震に関するポータルサイト「平成28年(2016年)熊本地震の関連情報」でご覧いただけます。
  なお、震度5弱以上の地震が発生する等、速やかに皆さまに地震の活動状況をお知らせする必要がある場合は、「報道発表資料」を掲載します。

ご意見・ご感想

気象庁に対するご意見・ご感想は、こちらの「ご意見・ご感想入力フォーム」からお寄せください。


皆様から頂きました個人情報は、「個人情報保護について」に基づき適切に取り扱います。
頂いたご意見・ご感想は、担当者で拝見し、内容に応じて当庁の関係各課や気象台などに報告し、気象業務向上のための参考とさせていただきます。
ご質問につきましては、個別の天気予報など回答を差し上げられなかったり、回答にお時間がかかる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

なお、「ご意見・ご感想入力フォーム」による送信が困難な耳や言葉の不自由な方のための専用FAXを以下のとおりご用意しています。
FAX番号:03-6672-4023

このページのトップへ