気象庁|報道発表資料

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

ヒートアイランド監視報告(平成25年) 〜2013年8月の高温に与えた都市化の影響について〜

報道発表日

平成26年7月24日

概要

 関東・近畿・東海地方などの都市における都市化による気温上昇等について調査を行い、「ヒートアイランド監視報告(平成25年)」として取りまとめました。

本文

 本報告では、数値シミュレーションの解析結果から、東日本と西日本で平均気温がかなり高くなった2013年8月は、平均気温が30℃以上の高温域や、30℃以上の累積時間が200時間以上となる領域が都市部を中心に広がるなど、ヒートアイランド現象が明瞭に現れていたこと、都市化の影響が最近5年間の中で比較しても広域かつ強く現れていたことを示しています。

 過去の監視報告から、天候の状態によって都市化の影響の程度が異なることがわかっています。2013年8月は、太平洋高気圧の勢力が強く、都市化の影響を強めやすい晴れて風の弱い日が多くなりました。このような天候が都市域での気温をさらに押し上げたことがわかりました。

 また、観測結果として、東京、大阪、名古屋など主要都市における年平均気温が、都市化の影響の少ないとみられる地点に比べて高くなっており、また長期的な冬日の減少、熱帯夜や真夏日などの増加傾向が現れていることを示しています。このような気温の変化は、自然の変動や温室効果ガスの増加に伴う地球規模の温暖化に加え、局地的な都市化も影響していると考えられます。

結果の詳細は、気象庁ホームページに掲載している「ヒートアイランド監視報告(平成25年)」をご覧下さい。
http://www.data.jma.go.jp/cpdinfo/himr/2014/index.html

図を含む全文については、下記の「資料全文」をご参照ください。

問い合わせ先

気象庁 地球環境・海洋部 気候情報課
電話03-3212-8341(内線)2264

資料全文


過去の資料



Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

このページのトップへ