ホーム
防災情報
各種データ・資料
知識・解説
気象庁について
案内・申請
ホーム > 防災情報 > 気象情報

府県気象情報:新潟県

その他の情報
地方
府県
大雨と洪水に関する新潟県気象情報 第1号

令和元年10月13日22時32分 新潟地方気象台発表

(見出し)
新潟県では、記録的な大雨となったため、地盤の緩んでいる所や増水してい
る河川があります。引き続き、河川の増水や氾濫に警戒し、土砂災害に注意
してください。

(本文)
[要因]  新潟県では、これまでの記録的な大雨により、降り始めからの総降水量が250ミリを超え、24時間降水量が観測史上最大となっている所があります。さらに、長野県で降った大雨により信濃川が増水しています。   [雨の実況]  降り始め(10月11日16時)から13日22時までの総降水量(アメダス速報値)は、多い所で、  妙高市樽本   282.5ミリ  糸魚川市能生  277.0ミリ  湯沢      270.0ミリ  妙高市関山   262.5ミリ  上越市筒方   254.5ミリ となっています。  なお、糸魚川市能生、糸魚川市平岩、妙高市関山、妙高市樽本、上越市筒方、湯沢、津南では24時間降水量が観測史上最大となりました。 [防災事項]  新潟県では、河川の増水や氾濫に警戒し、土砂災害に注意してください。 [特記事項]  今後発表する警報、注意報、気象情報等に留意してください。 [お知らせ]  令和元年6月18日の地震で揺れの大きかった村上市では、大雨警報・注意報の土壌雨量指数基準を通常より引き下げた暫定基準で運用しています。 [情報の発表予定]  この情報は「令和元年 台風第19号に関する新潟県気象情報」を引き継ぐものです。これで「大雨と洪水に関する新潟県気象情報」を終了します。
警報や注意報に先立って注意を呼びかけたり、警報や注意報の内容を補足するために発表します。
また、少雨や長雨などに関する情報も、気象情報として発表しています。