キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

「平成30年北海道胆振東部地震」に伴う大雨警報・注意報発表基準の暫定的な運用について(第3報)

報道発表日

平成30年9月7日

概要

「平成30年北海道胆振東部地震」に伴う大雨警報・注意報の発表基準(土壌雨量指数基準)の暫定的な運用のうち、札幌市に設けた暫定基準について、これまで入電していなかった震度データが震度6弱であったことに基づき変更します。

本文

 「平成30年北海道胆振東部地震」に伴う、各気象台が発表する大雨警報・注意報の発表基準(土壌雨量指数基準)の暫定的な運用のうち、通常基準の8割の暫定基準を設けた札幌市について、新たに入電した震度データに基づき、通常基準の7割の暫定基準に変更します。
 これにより、この地震に伴う大雨警報・注意報の発表基準の暫定的な運用は、次のとおりとなります。

   通常基準の7割の暫定基準を設ける市町(震度6弱以上):
      札幌市、千歳市、安平町、厚真町、むかわ町、日高町門別、平取町

   通常基準の8割の暫定基準を設ける市町(震度5強):
      苫小牧市、江別市、三笠市、恵庭市、長沼町、新ひだか町、新冠町

  なお、引き続き地震後の降雨と土砂災害の関係を調査し、必要に応じて暫定基準を変更します。

問い合わせ先

気象庁予報部予報課気象防災推進室 担当:髙橋・吉松
03-3212-8341(内線3126・3189)

資料全文


Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

このページのトップへ