地震計の写真にみる中央気象台・気象庁の地震観測の歴史
(Principal seismographs used in JMA Seismological Observation Network since 1875)

 

  気象庁で使われていた各種地震計に関する図、写真の紹介である。明治8年(1875年)、東京気象台がパルミエリ地震計により器械による地震観測を開始して以来、130余年が経過した。この間観測に用いる地震計は幾多の改良が加えられ今日に至っている。本資料はその地震計の写真を中心に観測の歴史を解説したものである。

気象庁地震火山部地震予知情報課編集
                                                  Ver.2007.Mar

 English Version is here.

はじめに  
序文、著作権の注意、謝辞)   

   

1. 機械式の地震計(1945年以前)      2.戦後の各種機械式地震計
3. 各種の機械式強震計                    4.松代地震観測所の各種地震計
5. 直視式電磁地震計(59型、61型、63型)
6. 短周期高感度地震計                    7.その他の初期の電磁地震計
8. 火山の震動観測装置
9.関連の諸設備(時計など),及び東京大学地震学教室の資料
10. 倍率関係、観測点関係資料

地震計室の模様
測候所・気象台の建物
先駆者たち
地震の被害写真など
地震計メーカーの系譜
地震観測報告の類
気象官署地震観測履歴
参考文献

  閑話休題