キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

ホーム
防災情報
各種データ・資料
知識・解説
気象庁について
案内・申請
ホーム > 防災情報 > 火山の状況に関する解説情報

火山の状況に関する解説情報: 霧島山(えびの高原(硫黄山)周辺)


過去の火山の状況に関する解説情報
火山の状況に関する解説情報一覧
火山名 霧島山(えびの高原(硫黄山)周辺) 火山の状況に関する解説情
報 第6号
平成30年2月20日18時00分 福岡管区気象台・鹿児島地方気象台

**(見出し)**
<火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)が継続>
 硫黄山では、昨日(19日)から火山性地震が増加しています。本日(2
0日)、気象庁機動調査班(JMA-MOT)が実施した現地調査結果をお
知らせします。

**(本 文)**
1.火山活動の状況
 硫黄山では、昨日(19日)からごく微小な地震を含む火山性地震が増加
しており、本日(20日)17時までに26回発生しました。

 本日、気象庁機動調査班(JMA-MOT)による現地調査を実施しまし
た。
 赤外熱映像装置による観測では、硫黄山の南西から西側の噴気域でこれま
でと同様に熱異常域を確認しましたが、前回(2月17日)と比べて特段の
変化は認められませんでした。硫黄山の火口周辺では、引き続き活発な噴気
活動が認められました。

 本日は、噴気が稜線上200mまで上がりました。

 15日以降、浅い所を震源とする低周波地震が時々発生しています。火山
性微動は観測されていません。

 2月17日からの火山性地震(ごく微小な地震を含む)の回数は以下のと
おりです。なお、回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあ
ります。
 
              火山性地震 ( )内はごく微小な地震
  2月17日         17回 (15回)
    18日          6回 ( 6回)
    19日         17回 (10回)
    20日17時まで    26回 (17回)
 
 GNSS連続観測では、2017年7月頃から霧島山を挟む基線の伸びが
継続しています。このことから、霧島山の深い場所でマグマの蓄積が続いて
いると考えられます。

2.防災上の警戒事項等
 えびの高原の硫黄山から概ね1kmの範囲では、噴火に伴う弾道を描いて
飛散する大きな噴石に警戒してください。風下側では、降灰及び風の影響を
受ける小さな噴石(火山れき)に注意してください。

 次の火山の状況に関する解説情報は、21日(水)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。

<火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)が継続>