キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

ホーム
防災情報
各種データ・資料
知識・解説
気象庁について
案内・申請
ホーム > 防災情報 > 気象情報

地方気象情報:九州北部地方(山口県を含む)

その他の情報
地方
府県
大潮による高い潮位に関する九州地方潮位情報 第1号

平成29年10月2日11時10分 福岡管区気象台発表

(見出し)
10月6日の満月の前後は大潮の時期にあたり、満潮の時間帯を中心に潮位
が高くなります。九州北部地方(山口県を含む)および九州南部の一部の沿
岸では、海岸や河口付近の低地で浸水や冠水のおそれがあります。

(本文)
 夏から秋にかけては海水温が高い等の影響で、平常時の潮位が年間で最も 高い時期となります。さらに、10月6日の満月の前後は大潮の時期にあた るため、満潮の潮位が高くなります。このため、佐賀県、長崎県、熊本県、 大分県、鹿児島県(奄美地方を除く)の一部の沿岸では、10月3日から1 0月10日にかけて、満潮の時間帯を中心に海岸や河口付近の低地で浸水や 冠水のおそれがあります。  なお、この期間中に台風や低気圧が接近・通過した場合や、海面が短時間 に昇降を繰り返す副振動の発生等があった場合には、さらに潮位が上昇する 可能性があります。  今後、地元気象台が発表する高潮警報・注意報や潮位情報に十分留意して ください。 「大潮による高い潮位に関する九州地方潮位情報」は本号のみとします。
警報や注意報に先立って注意を呼びかけたり、警報や注意報の内容を補完するために発表します。
また、少雨や長雨などに関する情報も、気象情報として発表しています。