ホーム
防災情報
各種データ・資料
知識・解説
気象庁について
案内・申請
ホーム > 防災情報 > 気象情報

地方気象情報:関東甲信地方

その他の情報
地方
府県
大雨と洪水に関する関東甲信地方気象情報 第1号

令和元年10月13日16時23分 気象庁予報部発表

(見出し)
関東甲信地方では、台風第19号による記録的な大雨により、多くの河川で
、警戒レベル5に相当する状況が続いています。また、土砂災害の危険度が
高くなっている地域があり、今後少しの雨でも土砂災害の発生するおそれが
あります。引き続き、河川の増水や氾濫に最大級の警戒をし、土砂災害に厳
重に警戒してください。

(本文)
[気象状況と予想]  台風第19号は13日12時に北海道の南東海上で温帯低気圧に変わり、日本から遠ざかっています。  13日は高気圧に覆われておおむね晴れますが、14日は日本の南の前線が北上するため、次第に雨が降り出す見込みです。 [防災事項]  関東甲信地方では、台風第19号による記録的な大雨により、多くの河川で、氾濫や決壊が発生しており、警戒レベル5に相当する状況が続いています。また、土砂災害の危険度が高くなっている地域があり、今後少しの雨でも土砂災害の発生するおそれがあります。  引き続き、大きな河川を含めて河川の増水や氾濫に最大級の警戒をし、土砂災害に厳重に警戒してください。 [補足事項]  今後発表する警報、注意報、気象情報、指定河川洪水予報に留意してください。  本情報は「令和元年 台風第19号に関する関東甲信地方気象情報」を引き継ぐものです。次の「大雨と洪水に関する関東甲信地方気象情報」は、14日6時頃に発表する予定です。
警報や注意報に先立って注意を呼びかけたり、警報や注意報の内容を補足するために発表します。
また、少雨や長雨などに関する情報も、気象情報として発表しています。