キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

ホーム
防災情報
各種データ・資料
知識・解説
気象庁について
案内・申請
ホーム > 防災情報 > 気象情報

全般気象情報

その他の情報
地方
府県
平成30年 台風第13号に関する情報 第39号

平成30年8月8日05時17分 気象庁予報部発表

(見出し)
強い台風第13号は、8日夜遅くから9日昼頃にかけて、暴風域を伴って関
東地方や東北太平洋側にかなり接近する見込みです。台風の速度が遅いため
、影響が長引くおそれがあります。大雨、暴風や高波に厳重に警戒するとと
もに、高潮にも警戒してください。

(本文)
[台風の現況と予想]  強い台風第13号は、8日3時には八丈島の東南東約230キロにあって 、1時間におよそ15キロの速さで北西へ進んでいます。中心の気圧は97 0ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は5 0メートルで、中心から半径100キロ以内では風速25メートル以上の暴 風となっています。  台風は今後も強い勢力を維持したまま、暴風域を伴って北上し、8日夜遅 くから9日昼頃にかけて関東地方や東北太平洋側にかなり接近する見込みで す。台風が西よりの進路を進んだ場合には、上陸するおそれもあります。台 風の速度が遅いため、影響が長引くでしょう。  [防災事項] <大雨>  関東甲信地方と東北地方には、8日昼頃から台風周辺の雨雲がかかりはじ め、9日にかけて非常に激しい雨が降り、局地的には猛烈な雨が降るでしょ う。また、降り始めからの総雨量がかなり多くなるおそれがあります。  9日6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で   関東地方       300ミリ   東北地方       200ミリ   甲信地方       180ミリ   伊豆諸島       150ミリ      その後、10日6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所 で、   東北地方、関東地方  100から200ミリ   甲信地方、北陸地方  100から150ミリ です。  土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒してください 。 <暴風・高波・高潮>  伊豆諸島では、海上を中心に風が非常に強く、大しけとなっており、暴風 や大しけは、9日にかけて続く見込みです。関東地方や東北地方太平洋側で も、海は大しけとなっている所があります。東日本から東北地方にかけての 太平洋側では今後は風が次第に強まり、9日にかけて海上を中心に暴風とな り、猛烈な風が吹くおそれがあります。海は9日にかけて猛烈なしけとなる でしょう。    9日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は    関東地方      35メートル(50メートル)     東北地方      30メートル(45メートル)    伊豆諸島      25メートル(35メートル)    東海地方      23メートル(35メートル)  9日にかけて予想される波の高さは    関東地方、東北地方 10メートル              伊豆諸島       7メートル    東海地方       6メートル です。  なお、東北地方の海上では、大しけが10日にかけて続くおそれがありま す。  暴風や、うねりを伴った高波に厳重に警戒してください。  また、年間で潮位が高い時期となるため、台風接近時を中心に高潮に警戒 ・注意してください。 [補足事項]  地元気象台が発表する警報や注意報、気象情報、台風情報に留意してくだ さい。次の「平成30年 台風第13号に関する情報(総合情報)」は8日 11時頃に発表予定です。
警報や注意報に先立って注意を呼びかけたり、警報や注意報の内容を補足するために発表します。
また、少雨や長雨などに関する情報も、気象情報として発表しています。